ソフトバンク Cloud Week その2

シアトルにあるマイクロソフトにも行って来ました。

シアトルはサンフランシスコから飛行機で約2時間、カナダとの国境近くにある人口50万人強の都市です。

昔はボーイング社、今はマイクロソフトの他スターバックスや話題のAmazonなど世界的企業が本社を構える街です。


 

マイクロソフトには8時頃に訪問、朝食(しかも和食)をサービスしてくれました。

セッション会場の様子です。

どこの企業でもネームプレートを用意してくれています。

 


マイクロソフトと言えばウィンドウズやオフィスを思い浮かべますが、当然ながらそれだけでなく様々なソリューションを提供しています。特に最近はAI(人工知能)に注力していてなんと8500人もの技術者がAI部門に従事しているとのことでした。


 

AIの研究論文ではライバルのグーグルやフェイスブック、アップルを引き離してマイクロソフトがナンバーワンだそうです。

 

残念ながら写真撮影がNGだったのですが、マイクロソフトが考える近未来のスマートホームのモデルルームもありました。

玄関には顔認証カメラがあって、家族を認識すると自動でロックが解除されます。

家に入ると家族からの伝言メッセージが流れ、音声で指示をするとAIスピーカーが起動して対応してくれます。

 

キッチンの壁にもスマホの画面が大きくなったものがあって、話しかけると料理のレシピや必要な材料が映し出されます。

作る料理を決めるとキッチンのワークトップに、調味料や材料を入れる順番に表示してくれます。

 

リビングの壁2面が巨大なスクリーンとなって、娘が今いる海外の山の上に景色を映し出していました。

娘が身に着けたライブカメラからの映像は、まるで自分が現地にいるかのような臨場感と迫力あるものでした。

 

イメージとしてはスマホの画面が大きくなったものが家中の至る所にあって、話しかけることでwebサイトを検索したりして必要な情報を映し出してくれるといった感じでした。このテクノロジーは3年〜5年先には実現するということでした。

 

広大なマイクロソフトのキャンパスには模擬ショッピングモールまで作られて、様々なハイテクのソリューションを体感することができます。


シアトルと言えばスターバックスと言うことで、こちらはコーヒーの受け渡し場所にサイズとその中身を表示する仕組みです。

間違って他人の物を持っていくことを防ぐことができます。


このデジタルサイネージは実際には持っていないカバンや傘を持っているかのように映し出してくれます。



こちらは特殊な印刷技術で箱のどこをかざしてもバーコードとして読み取ってくれるというものです。セルフレジが普及するには必要なテクノロジーですね。

 

アメリカのショッピングモールで実際導入されているものとして、買い得情報や割引クーポンなどを供給するアプリがあり、そのアプリを使っているユーザーが来店すると特殊なビーコンがキャッチして、その人が普段購入しているものや趣味嗜好などに応じてオススメ商品などをスマホに配信するという仕組みがあるそうです。店舗の中にあるカメラやビーコンなどからの情報で来場者がどこの動線をどう動き、どこの売り場に興味を持つのかといったことまで全てデータになって運営者に提供されるそうで、何から何まで監視されているような少し気味の悪さを感じました。

 

 

 

マイクロソフトからほど近いところにあるワシントン州最大かつ最古のワイナリー「シャトー サン ミッシェル」です。

 

 

 

夕暮れにライトアップされた建物が美しい。


伝統的な造りの外観から一転、内観は非常にモダンで洗練されていました。


センターにソフトバンクの今井副社長を囲んで

 

 

 


ソフトバンク Cloud Week その1

ソフトバンク主催のCloud Week 2017に参加してきました。

このイベントはメジャーIT企業やベンチャー企業とのセッションを通じて、アメリカ最先端のAIやIoTのテクノロジー体感できるものでソフトバンクの主要な取引先20社の皆さんと一緒に行って来ました。

 

グーグルの本社です。何だかワクワクしますね。

 

セッションのテーブルにはネームプレートにお土産のグッズが置かれていました!

こういう心遣いが嬉しいですよね。

 

会議室のモニター デカイ! さすがです。


これだけ短い期間に世界トップにまで登り詰めた企業があったでしょうか。

今やもうグーグルなしの生活というのは考えられません。

しかし個人でグーグルはタダで利用していますよね。それでも莫大な利益を生み出している、このビジネスモデルが強烈に凄まじいのです。


新たに開発したデジタルホワイトボード”ジャムボード”

日本では来年発売予定だそうです。


広大な敷地内に点在しているグーグルのオフィス。彼らはキャンパスと呼んでいました。まさに大学のような雰囲気です。

キャンパス内にはこのような公園、グラウンドなどがあって、犬を連れて散歩していたり、スポーツをしていたりと社員達が思い思いの時間を過ごしていました。

自由ですね〜 この自由な雰囲気の中からアイデアが生まれていくんですね。

 

個人のデスクの周りにはイヌのゲージも。

犬を連れて一緒に仕事している社員が結構いるみたいです。

 

昼休みにはグーグルの社員食堂でランチをいただきました。

社食は朝から夜までやっていて、いつ何をどれだけ食べても全部タダだそうです。

食堂にいると意外に白人が少なく、アジア系が多いように感じました。

聞いてみると、白人は5割、残りがダントツにインド系、次が中国系で、残念ながら日系は非常に少ないそうです。

 

西海岸らしくヘルシーなサラダバー

種類が多いですね!


と言うわけでサラダランチをいただきました。

これだけ種類が豊富だとサラダだけでも十分満足ですね。

 

最後にアンドロイドとパチリ。

 

1997年検索エンジンからスタートしたグーグル。その後2004年無料メールのGmail、2005年にはグーグルマップ、2008年にはスマホ用OSのアンドロイド、またYoutubeの買収など我々の身近で欠かせないアプリやソフトを次から次へと生み出してあっという間に時価総額70兆円以上という世界トップの企業へと成長しました。

グーグルの戦略の特徴はオープンであることですが、会社の雰囲気も極めてオープンでその点ではイメージ通りでした。

 

つづく・・

 

 

 

 

 


将来テレビ局がなくなる??

少々オーバーなタイトルですが進化するITを目の当たりにすると、戯事と笑っていられない気がします。テレビ局だけでなく、レンタルビデオ店もケーブルテレビもCDショップも本屋なども同じです。


というのも最近我が家ではAmazonプライムビデオなどを見る機会が増え、以前に比べるとテレビ番組を見る時間が減っているからです。そういう人も多いのではないでしょうか。

Amazonには年会費3,900円支払うと通販の送料のほとんどが無料となるという「Amazonプライム会員」があります。

Amazonヘビーユーザーの僕も何年も前からこのプライム会員になっていますが、Amazonではその会員向けに昨年から新たに動画見放題のサービス「プライムビデオ」をスタートさせました。

「プライムビデオ」では映画やTV番組など約8000タイトル以上が無料で見ることができ、新しい映画などは有料でレンタルや購入することも可能です。

昔の映画を見たいと思ったら、レンタルしたりケーブルテレビやCSの専門チャンネルで見るのが一般的ですが、その必要が全くなくなったということです。しかもほとんどが無料で!

これではレンタルビデオ店などは存続の危機ですよね。CSやケーブルテレビも映画については全く太刀打ちできません。借りたり返したりの手間がないだけでなく、好きな時に好きなものを好きな場所で見れるのですから。

Amazonプライムビデオは、スマホでもタブレットで見ることもできるので、移動中やちょっとした空き時間にも楽しむことができます。

先日ベトナムへ出張した際、ベトナム航空機内の映画が充実していなかったので、iPhoneにダウンロードしておいたAmazonプライムビデオを見て機内の時間を過ごしました。

最近公開されたトムハンクス主演の「インフェルノ」。これを見る前にまだ見ていなかった1作目の「ダヴィンチコード」、2作目の「天使と悪魔」も「プライムビデオ」で無料で見ました。

さらに「Fire TV Stick」(4,980円)を購入し、この機器をテレビに差し込んで登録すると家の大画面テレビでAmazonプライムビデオを楽しむことができます。テレビがネットに繋がる、まさにIoTですね。

またこのFire TV Stickでは映画テレビ見放題の「NETFLIX」や「Hulu」の他、「you tube」を楽しむこともできます。

そうでなくても最近はwebサイトを見たり、SNSをしたりとテレビを見る時間が減っている中で、このように好きな映画が無料で見放題ということになってくると、テレビ番組を見る時間は減っていく一方ではないでしょうか。

そう言えば音楽も楽しみ方が大きく変わりました。CDを買う事やレンタルする事がめっきり少なくなり、最近はapple musicがメインになりました。最新作以外はほとんど定額料金内で聴き放題だからです。本も同じ、電子ブックで買う比率がどんどん高まっています。

ドライブの時はCDをカーオーディオのハードディスクに録音してというのも過去の話、音楽からカーナビまで全てiPhone1つで事足りてしまいます。

エンドユーザーとしてはいろいろな選択肢が増えたり、便利になることは喜ばしいことですが、Amazonやapple、Googleなどのグローバル企業の技術と力によってこれまで国内で築いてきたシステムや制度、サービスが根こそぎガラッと取って代わってしまう・・・という現状に直面すると手放しで喜べない複雑な気にもなります。

皆さんはどう思われますか?


Apple payにSuica登録

待ちに待ったiPhoneへのSuica登録!10/24から開始となったのですが一気に集中したのか一向にできず、エラーメッセージばかりが表示されました。

何かおかしいのかな?と思い色々と調べてみると、なんとSuica定期券は登録できないと・・・

そこで真新しいSuicaを作成して試みたところスムーズに登録できました。

 

使い勝手は想像以上に良いです!

 

通常の使い方としてはアプリWalletを開いてSuicaを選択、ホームボタンを指紋認証できると「リーダーにかざして支払う」という表示になるので、改札のリーダーにかざすだけで通ることができます。これまでのSuicaのようにペタっと接触させる必要はありません。

 

また設定のWalletとApple payからエクスプレスカードにSuicaを選択しておけば、スリープ状態からホームボタンダブルクリックで、指紋認証なしで使えるというワザもあります。片手操作で改札を通れるのは楽ですね。


 

チャージはクレジットカードかapple payのどちらからもできます。クレジットカードはどのカードでも大丈夫です。

オートチャージはビューカードに限定されているようです。

 

これまでは券売機に行ってチャージしなければならなかったのでオートチャージはとても便利でしたが、今度はiPhone上でいつでも簡単にチャージできるのでオートチャージでなくてもそれほど不便さは感じません。

 

またSuicaアプリを使うと、グリーン券や新幹線のチケット(JR東日本のみ)を買うこともできます。これも便利ですね。


 

ビューカードSuicaをクレジットカードとして登録してみると、自動的にQuickPayが割り当てられました。

QuickPayは後払いの電子マネーで、使った分だけビューカードから請求されるという仕組みで、Suicaのようにチャージの必要はありません。コンビニやタクシーなどではどちらも使えるので使い分けしています。

 

始まったばかりのapple pay&Suica、今後アップデートが進んでもっと使いやすくなっていくと思いますが現段階でも十分便利さを実感できます!

 

この楽さに慣れてしまうと、現金しか使えない店で小銭の授受がますます面倒になってしまうのが悩みです・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


キャシュレス

これは今の僕のiPhoneケースです。

カードを複数収納できるところが気に入って、アメリカにオーダーして購入しました。

オフィスのキー(丸の内と後楽両方兼用です)、家のキー、そしてクレジット機能付きのスイカを常時収納しています。

これで取りあえずiPhoneさえ持っていれば家も会社にも入れますし、タクシーや電車にも乗れておなかが減っても困りません(笑)

 

 

最近はコンビニや自動販売機、タクシーなどで「スイカ」や「パスモ」など電子マネーを使える機会が増えてきましたよね。

チャージさえしておけば、「ピッ」をカードをかざすだけで支払いができてお釣りをもらう必要がない、本当に便利です。

 

これに慣れてしまうと生まれつきの不精な性格故、最近では小銭で支払うこと、お釣りをもらうこと、延いては「お金を支払うこと」自体に面倒臭さを感じるようになってしまいました。

 

小銭は重い上にかさみます。そうでなくても財布の中にはたくさんのカードで膨らむ一方、ということで最近札入れと小銭入れを分けることにしました。

それでもポケットに入れて持ち歩くにはポケットがこんもりしてしまって、最近のスリム系のパンツやジャケットには相性がよくありません。なのでそれらをカバンに入れて持ち歩いているのですが、すると支払う時にカバンから財布を出して支払い、釣銭は小銭入れをまた出して収納するという非常に面倒な作業をやらなければなりません。

 

落ち着いて支払いのできるレストランやお店なら良いのですが、そういう時はクレジットカードを使うのでお釣りを受け取る手間がありません。

現金払いで小銭を受け取る機会が多いのは、コンビニやランチ時、タクシー利用時などどちらかというと急いでいる時ですよ。そんな時に1000円以下の支払いで小銭を数えたが足りず、お札で支払って釣りを小銭でもって財布がまた膨らむということにストレスに感じたことはないでしょうか??

 

 

このストレスを一気に解決してくれたのが「電子マネー」です。

東京駅近くでは「スイカ」の使える飲食店も増えていますので、ビール2杯くらいなら「ピッ」で終わりです。

 

大変便利な電子マネーですがまだまだ完璧とういうわけではありません。

問題はカードにお金を入れるチャージにあります。

当たり前のことですがチャージをしないとカードは使えません。いざ使おうと思ったら残高が足りなかった・・こういう経験も1度や2度ではありません。

そんな時のために「オートチャージ」という機能があります。

「スイカ」ならばJRの改札時に残高が一定以下になったとき自動的にチャージしてくれるというものでそのチャージ額はクレジットカードからの決済になります。

 

できれば改札時以外でもオートチャージできるとか、振り込みでチャージできるとか、オートチャージできる金額が1万円よりもう少し引き上げるとより便利なのですが、そのあたりは今後に期待したいと思います。

 

Amazonなどネット通販が身近な存在となった今、なぜネットで買うのかの理由の1つに支払いが楽ということがあります。

「uberタクシー」が都内で急速に普及していますが、その場で支払いしなくても良いというのがウリの1つになっています。

 

電子マネーだけでなくクレジットカード決済や銀行引き落とし、銀行振り込み(ネット振り込み)などまで含めると金額ベースでは毎月の支払いの大半が現金を使わないで支払っていることになります。

日々の細かな支払いだけが現金になっているわけですが、そこに入り込んできた電子マネー、これからの社会はますます現金(キャッシュ)の存在感が希薄化していくのではないでしょうか。

 

 

例えば現金で支払ってもお釣りをチャージでもらうというようなことはそう遠くない将来に実現しそうです。

そうなると小銭は存在自体なくなっていきそうです。

財布もカードのみでお札もあまり持たない、そうなると銀行のATMも今のように必要なくなるでしょう。

セブンイレブン最大のヒットの1つ、セブン銀行のATMも必要性が薄れてくるかもしれません。

最近ではビットコイン(仮想通貨)なんてものも出てきました。

いずれにせよ今後ますます普及する電子マネー、セキュリティの問題などにも万全を期してもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


iPhone5s

docomo参入で話題の新型iPhone、ところが商品不足で人気モデルは2〜3ヶ月待ちという話もあるそうです。
私は運良く一足早く手に入れることができましたので、そのインプレッションを紹介しましょう。


何と言ってもNEWモデルの目玉は「指紋認証」私もここに一番期待していました。実際使ってみての印象は“予想以上にGOOD!”でした。
登録は簡単で指を複数登録できるので、私は左右の親指を登録しています。指の腹よりボタンが小さいので押し方によって指紋がずれますが、それも感知するよう登録時に指をずらし角度を変えながら登録します。
十発十注というわけには行きませんが、毎回パスコード入力していた手間から解放されたのはとても快適です。

もう一つ感じるのはバッテリーの持ちが良くなった事です。10%程度改善したという記事がありましたが感覚的にはそれ以上に良くなった気がします。
何れも地味ではありますがヘビーユーザーとしては多いに実感できる進化だと満足しています。

アメリカのサイトではすでに“iPhone6”が話題になっています。
次のモデルはディスプレイが大型化され、発売は2014年秋以降とのことですが、あくまでも噂ですので・・

iOS7になってのお気に入りは天気アプリ。背景の澄んだ青空や雲を見ると不思議と爽やかな気分に。
今日は天気良さそうですね(^^)











amazon

画像.jpg

僕は多い月は10回以上も利用するamazonのヘビーユーザーだ。
amazon利用歴はかれこれ10年以上になるが、その利用頻度は年々高まっていて、僕にとっては今やコンビニ以上の存在だ。
本やCDだけではなく、あらゆるものをamazonで買っている。
ネット通販がこれだけ普及した中でもamazonを支持する理由はいくつかある。

まずどこよりも先駆けて送料無料を打ち出した事。
プライム会員ということで年間3千円程度を負担すれば、100円のものを買ってもタダで送ってくれる。交通費やガソリン代を考えれば年3千円で送料無料というのは非常に大きなメリットだ。
これで本やCDなど定価商品の大半はamazonで買うようになった。

届くのも早い。
在庫商品なら間違いなく翌日には届く。受取りも会社を指定しているので100%確実に受け取れる。先日新聞に当日配送もが現実化されるとの記事もあった。これから更に便利になっていくのだろう。

サイトの使い勝手が良い。
“ワンクリック特許”というビジネスモデル特許を取ったことでもamazonは有名だが、当初からネット上での使い勝手の良さに着目したサイトを作っていた。
商品を検索して、選んで、購入するというプロセスが最もシンプルでストレスなく手続きできるのがamazonだと思う。個人情報保護などの信頼性も高い。

商品を購入すると、その後やたらとDMを送ってくる大手通販サイトがある。これは大いに迷惑だ。
読まないダイレクトメールを削除するのも面倒だし、これ以上送ってこないよう配信停止手続きをするのも手間がかかる。
最初から送ってこないようにするには、商品を購入するときにチェックボックスに入っているチェックを外す必要もある。
こういった面倒さがないのもamazonの大きな魅力だ。


最近は品ぞろえが増え、いったい倉庫にはどれだけのストックがあるのだろうと思うくらい充実している。また提携店のものも同じクリックで買えるのもすこぶる便利だ。
驚いたのは、何年か前から主力の本やCDを検索すると提携店の中古品を比較して買うことができるようになったこと。本来競合するはずの中古ショップを自らのサイトに引き込んだというのは、利用者から見ればありがたいことだが、戦略上は大きなかけではなかったかと思う。
中古本や中古CDは提携店から送ってくるため、送料が別途かかり日数も翌日というわけにはいかない。ただその情報も最初から明示されているので、価格との見合いで新品を買うか中古品を買うかをユーザーが選択できるのはamazonにしかない魅力の1つだ。


考えてみれば楽しいはずの“ショッピング”も実はストレスが多い。
欲しいものを買いに行ったがなかったとか、店が混雑してて長時間待たされたとか、店員に欲しくないものを勧められたりとか・・・

僕のように忙しくて、面倒くさがりやで短期な人間にとって、このストレスはかなり苦痛なものだ。
ネットショッピングが出始めた今から10年ほど前、次のような意見があった。
「本1冊買うためにも車を10キロも走らせないといけないアメリカと日本は違う。日本ではアメリカみたいにネットショッピングは普及しないのではないか」

あれから10年、今やネットショッピングは品揃え、便利さ、ストレスフリーといった点で、リアル店舗を凌駕する勢いだ。
先日大手家電量販店で久しぶりに買い物をした時、ポイントカードを提示したところ「お客様、1年以上利用がありませんのでポイントはゼロからとなります」と言われた。
僕のようなユーザーがこれから増えてくるのかもしれない。


ついにkindleも利用開始した。
端末ではなくiPhoneアプリでの利用だが、電子書籍も2冊購入した。
どこにいても本が翌日でなく2分で届くというのも理屈では分かっていてが少し感動した。今後利用が増えていきそうだ。


ユーザーとしてだけでなく、経営者としてもamazonという企業に対するリスペクトや憧れを持っている。ネットからスマホが普及して、これまで不可能だったことが可能となり、優位にあった存在が変わっていく変化の激しい時代に、その先見性とユーザー視点のサービスでamazonは成長してきた。
生きる業界もスケールも全く異なるが、大いに刺激を与えてくれる存在であり続けて欲しい。








| 1/1 |

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others