チームHINOKIYA“東京エンデューロ”完走!

画像 007.jpg
3月17日、彩湖・道満グリーンパークで開催された「 TOKYOエンデューロ2012 River Stage」にチームHINOKIYAとして社員4人で出場し、見事に完走しました!

このエンデューロとは、1周約5キロの彩湖の周りを1チーム4人で4時間内に何周できるかを競うレースです。一人何周走るか、いつ交代するかはチームで自由に決められます。
メンバーは、私以外にホールディングスの荒木、南関東の福原、長宮の4人で、全員まだロードバイクに乗り始めて1年以内の素人かつ40代のオヤジチームです。

この日のためにオリジナルのチームジャージをつくりました。デザイン担当はランデックスの古賀が担当。コーポレートカラーのオレンジ色をベースにしたカッコ良いジャージができました。
はりきって準備万全で臨んだのですが、残念ながら当日の天気は雨。。。気温も3月としては低く、コンディションは最悪でした。
雨の中で走るのは初めて、滑るのは怖いし、寒くて辛い・・・と家を出る前は中止でもいいのになという気分でした。
ところが会場に到着すると、既に多くの選手が準備に試走に集まり、これまで見たことない程数多くの自転車が並んでいるレース独特の風景をみて、否が応でもモチベーションは上がってきました。

お揃いのジャージを着ると気持ちも高ぶってくるから不思議なものです。
このレースのために急遽つくったチームですし、全員が初レースなので目標は無事に完走としました。走る順番は日頃トライアスロンで鍛えている福原を先頭に、近藤、長宮、荒木の順として、福原が3周、後のメンバーは2周交代と決めました。

雨は降ったり止んだりとレース中の回復は望めない天候でしたが、もうそんなことは関係ありません。ただ濡れた路面でスリップしないよう下り坂だけは少しスピードダウンして走ることを確認し合いました。
時間は8時半、いよいよスタートです。先頭走者の長い列ができました。1周目は先導車が引っ張り、2周目からが実質のレース開始です。
先頭グループは1週7分台というハイペースで飛ばしています。

3周の走行を終えて福原がピットに戻ってきました。ピットで周回をカウントするベルトを付け替えて、いよいよスタートです。
DSCN2472.JPG

普段何度も走ったことのあるコースですが、レースという緊張と悪天候によって普段とは全く異なる雰囲気でした。少しでも前に出ようと、回転数を上げギアを落としてスピードアップを図るのですが、前方から叩きつけるように降る雨風は想像以上に強く、体力を奪って気持ちほどペダルを漕ぐ力が入りません。さらに寒さでグローブをはめた手がかじかみ、シフトチェンジをする指の感覚がマヒしてしまうほどでした。
これまで経験したことのない辛い状況での走りで、自分一人で走っていたならくじけるような状況でしたがこれはチームレース、次の選手に少しでも早くバトンをつなごうと必死にペダルを回しました。
何とか2週を走り切って次の長宮にタッチしました。後で周回ラップを見て驚いたのですが、普段一人で練習に走っている時には、1周10分を切れるかどうかというタイムなのが、悪天候にも関わらず9分30秒前後のタイムで走っていたのです。やはり多くの選手と一緒に走っているということや少しでも早く次のメンバーに繋ぎたいという気持ちが普段以上の力を出してくれたのでしょう。

走っている時は無我夢中ですが、戻ってくるとさすがに冷えます。チームジャージを製作してくれたバレットのテントで暖をとって次に備えました。

長いと思った4時間でしたがあっという間に時計は12時をさしていました。
レースは4時間に達したところで打ち切り、そこまでの周回数が記録となります。
最後は私が走りました。4時間を平均10分で走ればちょうど24周なので、それをクリアしたいと思っていましたが、結果は23周でフィニッシュとなりました。交代回数が多く、交代時間によるタイムロスが大きかったようです。

それでも雨風の激しい中、事故もなく無事完走できたことは何より良かったと思います。
最終順位は棄権したチームを除いて、87チーム中37位という結果でした。

2012エンデューロ.jpg

終わった後メンバーからは「疲れたけど楽しかった!」「来年も出ましょう!」という言葉が出ました。一人で乗る自転車ですがチームで1つの目標に向けて走るというのは、格別に楽しいものでした。自転車は誰でも乗れますし、このレースも家族チームがあったり子供も参加できる気軽なレースです。
来年にはチームHINOKIYAが複数出場するかもしれません。エントリー希望者は事務局の南関東・福原まで問い合わせ下さい。
個人的には1周9分を切るタイムを目標にトレーニングに励みます。



この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others