amazon

画像.jpg

僕は多い月は10回以上も利用するamazonのヘビーユーザーだ。
amazon利用歴はかれこれ10年以上になるが、その利用頻度は年々高まっていて、僕にとっては今やコンビニ以上の存在だ。
本やCDだけではなく、あらゆるものをamazonで買っている。
ネット通販がこれだけ普及した中でもamazonを支持する理由はいくつかある。

まずどこよりも先駆けて送料無料を打ち出した事。
プライム会員ということで年間3千円程度を負担すれば、100円のものを買ってもタダで送ってくれる。交通費やガソリン代を考えれば年3千円で送料無料というのは非常に大きなメリットだ。
これで本やCDなど定価商品の大半はamazonで買うようになった。

届くのも早い。
在庫商品なら間違いなく翌日には届く。受取りも会社を指定しているので100%確実に受け取れる。先日新聞に当日配送もが現実化されるとの記事もあった。これから更に便利になっていくのだろう。

サイトの使い勝手が良い。
“ワンクリック特許”というビジネスモデル特許を取ったことでもamazonは有名だが、当初からネット上での使い勝手の良さに着目したサイトを作っていた。
商品を検索して、選んで、購入するというプロセスが最もシンプルでストレスなく手続きできるのがamazonだと思う。個人情報保護などの信頼性も高い。

商品を購入すると、その後やたらとDMを送ってくる大手通販サイトがある。これは大いに迷惑だ。
読まないダイレクトメールを削除するのも面倒だし、これ以上送ってこないよう配信停止手続きをするのも手間がかかる。
最初から送ってこないようにするには、商品を購入するときにチェックボックスに入っているチェックを外す必要もある。
こういった面倒さがないのもamazonの大きな魅力だ。


最近は品ぞろえが増え、いったい倉庫にはどれだけのストックがあるのだろうと思うくらい充実している。また提携店のものも同じクリックで買えるのもすこぶる便利だ。
驚いたのは、何年か前から主力の本やCDを検索すると提携店の中古品を比較して買うことができるようになったこと。本来競合するはずの中古ショップを自らのサイトに引き込んだというのは、利用者から見ればありがたいことだが、戦略上は大きなかけではなかったかと思う。
中古本や中古CDは提携店から送ってくるため、送料が別途かかり日数も翌日というわけにはいかない。ただその情報も最初から明示されているので、価格との見合いで新品を買うか中古品を買うかをユーザーが選択できるのはamazonにしかない魅力の1つだ。


考えてみれば楽しいはずの“ショッピング”も実はストレスが多い。
欲しいものを買いに行ったがなかったとか、店が混雑してて長時間待たされたとか、店員に欲しくないものを勧められたりとか・・・

僕のように忙しくて、面倒くさがりやで短期な人間にとって、このストレスはかなり苦痛なものだ。
ネットショッピングが出始めた今から10年ほど前、次のような意見があった。
「本1冊買うためにも車を10キロも走らせないといけないアメリカと日本は違う。日本ではアメリカみたいにネットショッピングは普及しないのではないか」

あれから10年、今やネットショッピングは品揃え、便利さ、ストレスフリーといった点で、リアル店舗を凌駕する勢いだ。
先日大手家電量販店で久しぶりに買い物をした時、ポイントカードを提示したところ「お客様、1年以上利用がありませんのでポイントはゼロからとなります」と言われた。
僕のようなユーザーがこれから増えてくるのかもしれない。


ついにkindleも利用開始した。
端末ではなくiPhoneアプリでの利用だが、電子書籍も2冊購入した。
どこにいても本が翌日でなく2分で届くというのも理屈では分かっていてが少し感動した。今後利用が増えていきそうだ。


ユーザーとしてだけでなく、経営者としてもamazonという企業に対するリスペクトや憧れを持っている。ネットからスマホが普及して、これまで不可能だったことが可能となり、優位にあった存在が変わっていく変化の激しい時代に、その先見性とユーザー視点のサービスでamazonは成長してきた。
生きる業界もスケールも全く異なるが、大いに刺激を与えてくれる存在であり続けて欲しい。








この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others