フェイスブック公式ページ始めました!

f_logo.jpg

フェイスブックは世界で10億人が利用するSNSで、日本でも1500万人ものユーザーがいるそうです。

フェイスブックの中身がよくわからないという人のために簡単に説明しましょう。
フェイスブックには自分の名前(実名)や出身地、出身校、仕事、居住地、趣味、関心ごとなど様々な情報を登録します。
そして友人、知人、同級生、仲間などとフェイスブック上で友達になります。
フェイスブックには友達になった仲間がいろいろな情報を書き込んでいて、それを見てコメントしたり、「いいね!」ボタンを押してコミュニケーションを取ることができます。
「いいね!」ボタンを押すと発信者にその情報が伝わる他、自分の友達にもその情報が広がりますので、より多くの人と情報を共有できます。
もちろん自分からも情報を発信することができます。写真や動画も添付することができるので、リアルタイムで様々な情報を共有することができます。

フェイスブックの最大の特長は実名登録という点だと思います。
名前や出身校、卒業年度などを登録することで中学や高校、大学の同級生と容易にアクセスできるようになります。(もちろん登録していればですが)
卒業後一度も会ったことも話したこともなかった同級生と30年ぶりに連絡が取れた!なんてこともめずらしくありません。私はフェイスブック登録して2年位になりますが、今では100人以上の同級生とコンタクトがあります。

実名だと個人情報が知らないところに漏れて不安に思う人も多くいると思います。フェイスブックでは、自分の情報を公開する範囲を細かく設定することでそのリスクにも対応しています。私の周りでも個人情報や発信は友達に限定しているユーザーが多いですね。


これだけユーザー数、アクセス数が増え、コミュニケーションツールとして利用頻度が高まってくると、当然ビジネスツールとして利用する企業も増えてきています。

私も個人ユーザーとして利用していたことで、このフェイスブックの有効性に着目していました。
スマートフォンでもタブレットでもそうですが、自分が活用していないと本質的なメリットがわからず、外部からの活用提案があっても正しい判断ができません。仮に導入を決定しても自社にとって有効に活用することが困難でしょう。
常にユーザーサイドに立った視点で物事を考えるためにも、私はこのような新しいツールの利用を日頃から意識しています。

私が利用し始めた2年程前はまだまだ利用者も少なく、あくまで個人間のネットワークツールという位置づけでしたが、日を追うごとにネット上の様々なページにフェイスブックの「f」のロゴと「いいね!」ボタンがリンクされるようになって(このブログの下にもいいねボタンがあります!)、知名度が向上、ユーザー数も飛躍的に増えてきました。
そこで当社グループでも、情報発信の場としてまたマーケティングツールとして活用していこうと公式ページを始めることとなったわけです。


ビジネスサイドから見たフェイスブック活用の利点もやはり実名登録という点です。
匿名投稿の場合どうしても誹謗中傷ややらせなど情報の信ぴょう性に疑問が生じてしまいがちですが、実名登録でお互いの信頼関係の高いネットワークが構築されたフェイスブックでは、口コミや評判などが効果的かつ有効に広がることが期待できます。


桧家グループでは、フェイスブックの特長を生かしてホームページやブログとは一味違った様々な情報発信を行っていきたいと考えています。
桧家グループで行っている事業に関する情報はもちろん、社員からの発信、お客様のご紹介、地域情報などなどです。


桧家グループのフェイスブックページは、ただ見るだけならフェイスブックへの登録は不要ですので、気軽にアクセスしてみて下さい。
そして気に入ったら、いいね!ボタンを押して、コメントを書き込んで下さい。


まずは「いいね!1000件」を目指していきたいと思います。

桧家グループフェイスブック公式ページはこちら
http://www.facebook.com/hinokiya.group













この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others