ゲーミフィケーション

 Gamification_obi-thumb-180xauto-1037.jpg

経営コンサルタントとして活躍している小学校時代の友人、三ツ松新君が監訳して本を出したと言うので買ってみた。
“ゲーミフィケーション” 初めて聞いた言葉だ。訳本ということもあって正直取っ付きにくく読み辛いかと思いきや、良い意味で予想を裏切ってくれて、日本語訳も読み易く中身も面白くてサクサクあっという間に読んでしまった。


ゲーミフィケーションとは何か?
簡単に言えば、ビジネス等の世界でゲーム的要素を取り入れることでモチベーションやロイヤリティの向上を実現すること。

ゲームをする時のように楽しく仕事するための仕組みづくりというとわかり易いかもしれない。

本著で紹介されていた面白い事例がある。
スウェーデンのある公園に“世界一深いゴミ箱”がある。世界一深いと言っても穴を深く掘り下げたわけでない。
公園の美化に苦慮していた時どうすればゴミ箱にゴミをちゃんと捨ててくれるかということで考えたのがこの“世界一深いゴミ箱”のアイデアだったと言う。

“世界一深いゴミ箱”の動画
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=cbEKAwCoCKw


我々の通常の感覚だと、ゴミをきちんと捨ててもらうためには捨てない人を罰すれば良いと考えるが、それを「ゴミ箱に捨てることが楽しい」となれば捨てる人が増えるのではというアプローチをしたところが面白い。ゲーミフィケーションを理解する一つのわかりやすい事例だ。


勉強しない我が子に皆さんはどのようにアプローチするだろうか?

「勉強しないと良い学校に行けないよ!」「この前みたいにまたテストが悪かったらどうするの?!」「あなたのためを思って言ってるの!」・・・・というような叱咤激励をとばしている方々が多いのでは・・・?? 人の事は言えないが・・

それでヤル気を出してくれれば簡単なのだがそう易々とはいかない。時間が経つとこの前キツく言ったことを少々反省して、「今度のテストが良かったらこの前欲しいって言ってたもの買ってあげるから頑張って!」と物釣り作戦に転換する・・・

どこの家庭でも繰り広げられているパターンではないだろうか・・


この物や金銭等で釣る作戦を“外発的動機付け”と言い、インセンティブなどビジネスの世界では昔からずっと使われてきた手法だ。
一方ゲームやスポーツなどはお金がもらえるからとか何か買ってもらえるからやるのではなくて、純粋に好きだから、楽しいからやりたいと思う。この動機付けを“内発的動機付け”と言ってこちらの方が自発的なので継続性が高く成果も出ると言う。

つまり子供が勉強するモチベーションを高めるには物やお金で釣るのではなく、勉強が楽しいと思える何かきっかけやヒントを与えてやることの方が大切ということだ。
わかっていてもなかなか実行できないのだけれど・・・


以前ブログ“計測は力なり”に書いた、レコーディングダイエットや自転車走行のデータ記録もまさにゲーミフィケーションであるということは新たな発見だった。

ブログ“計測は力なり”
http://hinokiya-blog.com/?month=201310


このような“内発的動機付け”をゲームで使われている設計や仕組みを利用して働かせる具体的な仕組みや実際の企業での導入事例が本著で紹介されている
これまでも何となくわかっていたこと、実際行ってきたこともあったがそれらを論理的に体系づけることができたのは非常に有益だった。


顧客ロイヤリティ向上、社員モチベーションアップにも繋がる発想ということでゲーミフィケーションについて書かれた本を立て続けに後2冊読んでしまった。

ゲーミフィケーション面白い。
今後の事業にも生かしていきたいと思った。


ウォートンスクール ゲーミフィケーション 集中講義
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E9%9B%86%E4%B8%AD%E8%AC%9B%E7%BE%A9-%E3%82%B1%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4484131242/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1386135666&sr=1-1


ゲーミフィケーション ゲームがビジネスを変える
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E2%80%95-%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%81%8C%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B-%E4%BA%95%E4%B8%8A-%E6%98%8E%E4%BA%BA/dp/4140815167/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1386135725&sr=1-2&keywords=%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3







































この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others