ビジネスモデル学会で講演

東京大学本郷キャンパス内で開催されたビジネスモデル学会2014春季大会「目から鱗のビジネスモデル」で講演を行ってきました。

__.JPG

ビジネスモデル学会は東大の松島名誉教授(写真中央)が主催されていて、異領域の学者、ビジネスマンなどが知的交流、情報交換等のナレッジマネージメント機構です。当社の出口取締役(写真左)のアレンジで今回の縁をいただきました。



多くの方々と名刺交換をしましたが、業界、業種、年齢など多種多様で、土曜日の朝から熱心に参加されていることに感心しました。

私の講演は、「社長就任5年の軌跡、年商1000億円に挑む ~企業価値20倍強、経常利益7倍超え~」というお題をいただきました。今年は2009年4月に社長就任以来ちょうど5年という節目になります。そのようなタイミングでこういうチャンスを得たのはこの5年を振り返る意味でもとても良い機会になりました。



__3.JPG

タワーズワトソンの淡輪会長から紹介していただき講演開始です。

2007年上場時、当社の株価は初値が付かず2日目に公募価格を大きく割り込んでのスタートとなりました。この時私は、当社は投資家から全く期待をされていない、相手にもされていないんだと強く感じ、注目してもらうためには収益を拡大するしかないとビジネスモデルの変換を決意したのでした。

また当社の会長からは常日頃から1997年の消費税増税で大変苦労した話を聞かされていました。次の増税までに収益を拡大させて会社の体力をつけること、事業領域を広げて収益の多様化も実現しようと誓ったのでした。



売上構成.jpg

上場当時165億円だった売上は昨年610億円まで大きく伸びました。内訳も当時98%が注文住宅だったのに対して、昨年は64%となり断熱材や不動産など他の事業が36%を占め多角化が進んでいます。

これらの新規事業にはM&Aという手法で進出してきましたが、新しい事業領域に入ってみると外から見ていたのでは全く分からなかったことに気付くのです。

例えば不動産事業に参入した時のことですが、注文住宅専業の時には、建売住宅を買うお客様は本来は注文住宅で建てたいが予算の都合でやむなく建売住宅を購入する人が多いと決め付けていましたが、実際は全く違いました。

建売住宅を買うお客様の多くはその地域に住みたい、つまり建物よりも立地を重視する人が多く、また注文住宅は面倒という方も意外に多いことに気付かされたのです。このようなことは自ら事業に関わって初めて分かったことで、これこそまさに「目から鱗」でした。そこで当社は立地重視の方、土地を買って家を建てる一次取得者向けに「スマートワン」「Gコンセプト」を開発したのでした。



__1.JPG

事業領域が拡大しただけでなく、この5年間本業である注文住宅も大きく伸びましたが、そこにも当社の大きな変換がありました。1人1人のお客様のニーズに対応しながら、規格化、標準化、パッケージ化を進め、高性能・高機能かつ低価格な商品を展開して、会社の収益も向上しました。また独自の発想でオリジナル商品、商材の開発を進め、当社にしかない付加価値を具現化してきました。



住宅や不動産ビジネスは単価は高いのですが取引は一度きりのフロービジネスが中心なので、経営を安定させバランスを取るために継続的に入ってくるストックビジネスやフィービジネスの拡大にも努めています。

消費税増税や思わぬ世の中の変動にも耐えうる収益構造とビジネスモデルの構築を今後も進めていくつもりです。



__2.JPG

大変熱心な聴衆の皆さんからたくさんの質問もいただきました。



私の次には株式会社ハッピーの橋本社長が講演されました。橋本社長はクリーニング業界の革命児とも言われ、いち早く無店舗、ネット宅配に切り替え、ケアメンテの発想で「無重力バランス洗浄」など独自の技術と顧客管理で国内外から注目されている会社です。私もテレビで見て本を買って読んでいましたので、直接お話が聞けて大変参考になりました。



いろいろな刺激を受けた素晴らしい機会でした。ありがとうございました。
































この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others