間接照明

__d.JPG
部屋の中にこのような間接照明があるだけで上質感ある高級な雰囲気になりますね。
この画像はゴールデンウィークにオープンしたばかりの仙台・紫山展示場の写真ですが、最近オープンした他の展示場でも間接照明の提案を増やしています。
こちらはリビングの天井の一部を折上げてその部分には落ち着いた木の天井材を張ってダウンライトを仕込み、両サイドに蛍光管タイプのLEDを設置しています。直接見えない光源からの光が天井や壁を照らすことでほんのり柔らかな光が部屋を包んでくれます。これは昼に撮った写真ですが夜になるとより一層落ち着いたムードある空間を演出してくれるでしょう。

このような間接照明は高級ホテルや店舗などではよく見かけますが、住宅内ということになるとまだまだ普及はしていません。当社でもお客様から特別なご注文が合った時の対応となっていますが、仕様やサイズを規格化をすることでコストと手間を下げより多くのお客様にご提案できるよう現在検討しています。

__s.JPG
郡山北展示場の間接照明

こちらはダイニングにあるカウンターに設置した間接照明です。乳白色のカバーを通して優しい光がタイル壁を照らしています。こちらも夜になると癒しの空間を醸し出してくれるでしょう。

日本人はどちらかというと明るい照明を好むと言われています。それに対して欧米ではスタンドランプや壁付のブラケットなどを使って落ち着いた雰囲気の照明を好みます。蛍光灯によくあったような昼白色の照明は日本では一般的ですが欧米ではあまり使わないようです。

好みの問題でもありますが白い照明より、電球色を使った方が雰囲気がよくなります。
最近はキッチンとダイニングやリビングが繋がっている間取りが多くなりましたが、そこで注意したいのは照明の色分けです。リビングダイニングは電球色を使うのが一般的ですが、キッチンだけは昼白色というパターンがあります。天井が繋がっている場合、異なる色の照明が配置されているとやはり違和感があります。また夜外から窓越しに見える照明の色も電球色の暖かい色の方が雰囲気は良いですね。照明の色は統一して、どうしても手元が暗いと言う場合は手元灯で調整することをおすすめします。

a.JPG

こちらは寝室のベットの背面に設置した間接照明です。寝室では就寝前にテレビを見たり読書をしたりとリラックスした時間に照明を付けるといった使い方が大半だと思いますので、昼白色の明るすぎる照明よりもこのような電球色の優しい間接照明の方が落ち着いてゆっくりとお休みになれるのではないでしょうか。
これだけでは暗いのでは?と不安に思う方もいると思いますが、壁天井を照らす間接照明は意外と明るいものです。実は我が家でもこのような間接照明を使っていますが、天井付の照明は全く不要です。特に壁が白いと一層明るく感じます。

最近はLEDが普及し、またランプの種類も増えたので家中丸ごとLEDということも珍しくなくなりました。
イニシャルコストも以前と比べて下がりましたので、ランプ交換頻度や電気代を考えると新築時に多少高くてもLEDを導入した方がトータル的にはお得になると思います。

照明計画は非常に難しいものです。特に照度は個人差が大きいのと実際付けてみないと分からないのでイメージと異なるといった場合もあります。明るさに非常にこだわりが強い場合は通常よりも少しダウンライトを増やすといったことを考えた方がよいと思います。
また部屋ごとに色々なタイプのスタンドやランプを置いて照明を楽しむのもいいですね。

昨年オープンした千葉北展示場は、照明デザイナーの園部竜太さんに照明設計をお願いしました。他の展示場とは一味も二味も違う照明プランをぜひご体感下さい。
千葉北展示場はこちら
http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000035&flow=mc&bcCode=12

またオーナー向け情報誌「Ha*Navi」にも園部さん監修の照明プランに関する記事がありますのでぜひご覧になって下さい。
http://owners.hinokiya.jp/hinokiya_cms/wp-content/uploads/2013/10/HaNavi_vol-2_final.pdf


















 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others