気密性が悪いと換気できない??

最近の新築住宅には24時間換気が義務付けられています。
居室に外部から空気を取り入れるための穴が開いているのをよく見かけますがそれが24時間換気の給気口です。

なぜ24時間換気が義務付けられたのでしょうか?
平成15年の建築基準法改正を見てみるとその理由はズバリ「シックハウス対策」です。
建材などから発生するホルムアルデヒドなどによって気分が悪くなったり、目がちかちかしたりといった影響を受けないために24時間換気が制度化されたのです。

しかし皮肉なことに時を同じくして住宅で使用される建材はホルムアルデヒドの拡散が最も少ない基準のF☆☆☆☆が一般的となり、換気扇の力を借りなくてもシックハウスの心配はほとんどなくなりました。
そのため何のための24時間換気??というようにわかりづらくなったのも事実です。

その後今度は建物の高気密高断熱化が広まってきました。
気密性が高まると機械的に換気しないと空気が入れ替わりませんので結果的に24時間換気の必要性が高まったのですが、その認識はあまりされていないように思います。

24時間換気の必要性は次の2点です。
・住む人にとって快適で心地よい空間とするため
・建物(ハード)の耐久性を高めるため

もし気密性の高い建物を人が全く出入りせず窓も開けずに放置したらどうなるでしょうか?
高温多雨の日本の気候では湿気が入り込み、室内壁や壁内がカビていくでしょう。水も空気も流れずに澱んでしまうとカビや腐りの原因となって悪影響を及ぼすのです。
昔の家は気密性がなく“スカスカ”でしたから換気扇の役割はトイレや台所の臭いや湿気を排出するためで、室内の換気の役割はありませんでした。しかし今の家は昔の家よりはるかに気密性が高くなっていますので、24時間換気がしっかりと機能していないと家中の空気が入れ替わらないということになってしまうのです。

さて前置きが長くなってしまいました。
現在最も一般的な24時間換気は「第3種換気」というタイプで、各部屋に開けられた給気口から新鮮な空気を取り込み、その空気が部屋から部屋のドア下の隙間(アンダーカット)や欄間を通って台所やお風呂、トイレなどにある換気扇から外に排出される仕組みです。自然吸気機械排気というシンプルな換気システムでコストも安いことから最も普及しているタイプです。

建築確認申請上は所定の位置に換気扇や給気口が配置されていれば問題なく認可されるのですが、問題は本当に空気が流れているのか??ということです。
__.jpg
「エコハウスのウソ」前真之著より

東大の前先生の本にもありますが、建物の気密性がしっかりと取れていないと換気扇の近くの隙間から空気を取り込んで排出してしまい(ショートサーキット現象)、居室の空気が入れ替わらず滞留してしまうと言う現象が起こるのです。これでは換気扇は以前の家と同じ台所やトイレの臭気や湿気を出す程度の働きにしかなりません。

これは”穴の開いたストロー理論”を考えるとわかりやすいです。
穴の開いたストローでは水を吸っても途中の穴から空気を吸うだけで、全く水を吸うことができません。この原理と同じことが隙間の多い建物の換気にも言えるということなのです。

それ以前の問題として24時間換気の必要性がわからず換気扇のスイッチを切ってしまう人もいるのではないでしょうか。
特に冬寒い空気が入ってくるのが不快という理由で給気口を蓋してしまう話をよく聞きますが、換気を止めてしまうと気密性の高い住宅では部屋と外部との温度差で結露が発生しやすくなってしまいますので要注意です。新しい家なのに結露が!というクレームを当社のお客様からもたまにいただきますが、気密性の高い家であるが故に換気をしっかりと行う必要があるのです。

それではどの程度の気密性が必要なのでしょうか?
kankikai.jpg
このデータはインターネットから抽出したものですが、この資料によると気密数値(C値)は1だとしても給気口からの給気量、つまり各部屋から取り込む空気量は50%程度、次世代省エネ基準や住宅エコポイントの基準である省エネ最高等級(4地域)のC値5では15%程度しか取り込めていないことになります。

最高等級でも十分に24時間換気が働かない・・・この点は再考してもらいたところですが、残念なことに気密性を示すC値は実測しなければ測れないことから新たな省エネ基準からは外れることになりました。
本来ならばとても重要な数値なのですが、これでは本当に快適でエコ、長持ちする住宅を作るための目安となる基準がわからなくなってしまいますね。

ちなみに屋根、壁、床下をアクアフォームでしっかりと包むように断熱気密している桧家住宅、桧家不動産の建物はC値が0.7程度ですので、70%近く給気口から空気を取り込めていることになりますので安心です。

次回は桧家住宅が標準採用した「第1種換気」について書きたいと思います。






















 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others