USJ「ハリーポッター」見てきました!

ユニバーサルスタジオジャパンにオープンした今話題の「ウィザーリングワールド・オブ・ハリーポッター」を見てきました。
a.JPG
総工費はなんと450億円!!
写真のように建物などはどれもハリーポッターの世界を再現するようにつくられていて、映画の中に入ったような感覚になりました。ファンにはたまらないですね。

__t.JPG
バタービールも実際に飲むことができます。ちょっと甘かったかな~

__h.JPG
おみやげ店も大変な混雑で、午後は入るのに90分待ち!なのに人気の百味ビーンズは売り切れでした・・・
どうしても欲しい人は朝一番に行くことをおすすめします。

アトラクションでは一番人気の「フォービドゥン・ジャーニー」は面白かったですね!最新の映像技術を駆使して本当に映画の中で空を飛んだり敵と戦ったりしている気分になれます。ちなみに午後は140分待ちでした。
__a.JPG

今回僕はJTBのツアーを利用し、エクスプレスパスも購入したので、一般入場より15分ほど早く入場でき、アトラクションもスムーズかつ効率的に見ることができました。これはディズニーランドとは違うUSJ独自の嬉しいサービスです。
エクスプレスパス7(5600円)は人気のアトラクション7つを優先口から入場してほとんど待つことなく楽しむことができます。もちろんハリーポッターの2つのアトラクションも含まれています。好きなアトラクション何でもというわけではなく、いくつかの組み合わせの中から1つ選ぶのですが、ハリーポッター以外にスパイダーマンやバックトゥーザフューチャー、ジュラシックパークなども見れて十分満足できるものでした。ディズニーランドのファストパスは、お金はかかりませんが事前予約できず現地で取得するため人気アトラクションのファストパスを複数取るのは大変ですよね。

お客さんの視点から見ればありがたいエクスプレスパスですが、経営サイドから考えるとどうなんでしょうか。
ディズニーランドのようにファストパスを取っても一日で回れる人気アトラクションが限られていると、見れなかったものを見るためにまた次に行ってみたいとリピート率が高まることが期待できますが、USJのように1日で主だったものが全部見れるとまた行ってみようというインセンティブが薄れるということはないのでしょうか。もちろん一度体験してまた行きたいというリピートもありますので、パスの存在とリピート率との相関関係がどうなっているのか興味を持ちました。

USJで少し残念なのは、キャラクターが多すぎてぶつかり合っているように感じるところです。セサミストリートにスヌーピー、キティちゃんにワンピースと世界的キャラクターから日本のアニメキャラクターまでが一緒になって並んでいたりすると、何でもアリな商売っ気が立ち過ぎて、映画の世界という非日常性を少し壊してしまっている気がしました。
その点ディズニーはディズニーの世界に徹底してこだわっていますので、非日常の雰囲気に浸ることができますよね。


何と言っても東京ディズニーランドはテーマパークの王者ですが、コンテンツの知名度やキャラクターでは決して負けていないUSJにはぜひディズニーとは違ったテーマパークづくりで我々を楽しませて欲しいと思います。


































 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others