日経新聞「交遊抄」

本日の日経新聞の文化欄「交遊抄」に掲載していただきました。

「交遊抄」は私的な交遊関係の話題を紹介するコラムで月曜から土曜まで毎日掲載されています。
今回日経新聞の記者から直接お話しをいただいたのですが、その掲載基準は企業人は上場企業のトップ、政治家は国会議員、学者は学部長以上など非常にハードルが高いことに驚くとともに大変名誉な事と感激しました。また1人生涯1回というルールもあるそうで、まさに「一生の思い出」となりました。

青山のヘアサロン「ファービッシュ」に通うようになってもう10年以上経つのですが、代表で担当してくれている小笠原さんとは同い年、流行もの好きということもあってビジネスからファッション、旅行、グルメ、車・・と話題にはいつも事欠きません。日本一の激戦区である青山で美容室を30代から10年以上経営している彼をとても尊敬していますし、世界が違うとはいえお互い経営者同士、時には悩みを打ち明けたりもします。
ある時彼が自転車の雑誌を3冊程持ってきて、「近藤さん、自転車買った方が良いよ! 一緒にやりましょう」と誘ってきたのです。確かに最近自転車もブームだなと思いながら雑誌を開いてみると、車の値段かと見紛うような高価なプライスの自転車がずらり。こんな世界もあるんだなと最初はそれほど興味を持ちませんでした。

それから2〜3か月した時、彼は数十万円の自転車を購入して“ジテ通”(自転車通勤)を始めていました。
ダイエットや気分転換になる、少しの時間でもどこでも乗れる、運動不足解消になる・・・こんな自転車のメリットを聞かされ、徐々に興味を持ち始めるようになりました。
ちょうどその頃自宅の建築中で少し大きめのガレージを作る計画でしたので、家が完成したら1台買ってみようという気持ちになっていったのでした。

自宅が完成後ふらっと立ち寄った家の近くのショップで最初に巡り合った自転車が、雑誌を見ながら「このデザイン良くないですか?!ハートマーク付いてますよ!・・」と小笠原さんが勧めてくれていたイタリアの高級ブランド「デローザ」でした。
本では見ていましたが初めて見た実物の格好良さに一目惚れ!まさか実車があるとは思いもしませんでしたがこれも縁と即断して注文しました。
ここから僕の自転車ライフが始まったというわけです。

今小笠原さんは自転車での日本縦断をトライしています。あの忌野清志郎も何度かチャレンジしたそうですね。
僕は来年には160キロ以上のロングライドレースに出場したいと思っています。
そして夢はやはり「ホノルル・センチュリーライド」いつの日かぜひ実現させたいです。










 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others