家の中でも熱中症!ご注意を

35度以上の酷暑が続いていますね。
家の中でエアコンをかけていたのに熱中症でお亡くなりになった方がいたというニュースもありました。
お年寄りや持病を持った方は特にご注意下さい。

夜寝苦しくて眠れないと言う方もたくさんいると思います。
戸建てでは2階に寝室が一般的なので、この酷暑では2階は夜になって窓を開けても涼しくはなってくれません。それどころかたっぷりとため込んだ熱で日中と暑さが変わらないと言った状態ではないでしょうか。

ほとんど全ての住宅では断熱材が2階の天井上に敷かれているだけです。
この程度では35度以上が連日続くこの猛暑では到底快適に過ごすことはできません。
今後地球温暖化がさらに進むとすると一体夏の気温はどれくらいにまで上昇するのでしょうか?
40度が当たり前と言う時代が我々が生きている時にやってくるかもしれませんね。


そのように考えると家の断熱は万全に行っておくことが健康で快適に暮らすことの第一歩になります。
家の耐震性と断熱気密はまず何より優先すべき住宅性能だと我々は考えています。

また自分は若いからピンと来ない・・多少の事は我慢すれば・・と考える人もいるでしょう。
でも人間必ず歳を取ります。
歳を取ってから大がかりなリフォームをするのは時間も出費も大変です。
であるなら最初から将来のことまで考えた家づくりをするのがあるべき姿ではないでしょうか。


断熱施工と換気を最適に組み合わせることで戸建住宅でも以前とは比較にならないほどの快適な温度環境を低いランニングコストで実現できるのです。
桧家住宅の中でも昨年以降に新たにオープンした新しいモデルハウスでは、第一種換気“ココチE”が威力を発揮して更なる快適さを体感することができます。
ぜひこの時期に通常の家では暑くて上がれない小屋裏収納に上がってみて下さい。
冷房を掛けていないのに十分に過ごせるくらいの温度になっているのです!

これは屋根断熱でしっかりと外部からの熱の影響を抑えながら、建物内の空気が循環させることで小屋裏収納にもつけられた吹き出し口から低い温度の空気が常時吹き出されていることによります。
これなら夏の暑い時でもぐっすり眠れること間違いなしですね!

暑い夏場対策はこの時期に!
酷暑でも快適な桧家住宅のモデルハウスでご体感下さい。



「熱中症対策は“屋根断熱”から」過去ブログ記事
http://hinokiya-blog.com/?eid=169








 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others