2016年、今年も新しい事にチャレンジします!

2016年がスタートしました。
個人的には4月から社長就任8年目を迎えます。
8年前の当社と今の桧家グループとでは事業規模、領域、人材、ブランド力などあらゆる点で成長を遂げることができました。
ちなみに数字では売上で約4倍、利益約7倍、株価は約17倍になっています。

何をやってきたからこうなったのか。
一言で言えば、“新しい事に貪欲にチャレンジしてきた”からだと思います。

”どんな事もやってみないとわからない”

僕のポリシーの1つです。

新しい出会い、新しい気付き、新しい発見、新しいアイデア・・・

新しい事にチャレンジすると、やる前には想像もしなかったような機会に巡り合えます。
それが自分自身を成長させ、結果として組織の成長にも繋がっていくのだと考えています。



“新しい事”とは新規事業やM&Aだけを指しているわけではありません。
日常的な業務の中でも新しい事に挑戦できることはいくらでもあります。
どんな部門であっても業務であっても“これまで通りで良い”ということはなく、“より良くする”ためには些細な事でも新しい事に挑戦していくことが大切です。それができた時にに“業務改善”や“業務の効率化”が図れたということになるのです。


「やってみなはれ」

サントリー創業者の有名な言葉であり、サントリーの社是でもあります。シンプルでわかりやすく、親しみや温かみも感じられる良い言葉ですね。

ユニクロの柳井社長は、「経営=実行力」だと言っています。
事業家は頭の中だけで考えていても評論だけしていても勤まらない、まずやってみてみて、それから考えると言うスタンスでなければならないということです。

今年も桧家グループは積極的に新しい事に挑戦していきます。
その中のいくつかのプロジェクトはもう既に始まっています。

時代が変化し、人の気持ちは移ろいやすく、競合他社も必死にそれに応えようとしてきます。
自分たちがチャレンジをせずにこれまでの延長線上にいれば置いてきぼりになるだけです。
アンテナの感度を高めて溢れる情報を精査し、時代の流れと自社のポジションニングを考えながら、グループの強みを最大限生かせる“チャレンジ”を行っていきます。






 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others