「INVICTUS(インビクタス)負けざる者たち」




今年サッカーのワールドカップの開会式でネルソン・マンデラ元大統領のメッセージを見た。
南アフリカと言えばアパルトヘイト。人種差別の象徴のような国だ。治安が悪く、貧しい黒人と豊かな白人が共存する不思議な国。ワールドカップが開催されたことで、国の様子が報道され人々の生活ぶりも話題になった。最近では急速に経済成長を遂げ、リッチな黒人も現れているようだ。
そんな国で黒人初の大統領になったネルソン・マンデラを名優モーガン・フリーマンが演じた映画があると聞いて興味を持った。

1994年ネルソン・マンデラは27年もの投獄を終え、南アフリカ初の黒人大統領に就任した。アパルトヘイトの影響で当時も黒人と白人との間には明らかな“壁”があった。マンデラは1995年、自国で開催されたラグビーワールドカップに出場したチームの応援を通じて、“壁”を打ち破り人種間の融和を実現しようとする。しかも弱小チームと言われた南アフリカ代表チームは、最強チームのニュージーランド代表“オールブラックス”を決勝で破って、初優勝を果たす。まるで映画のようなストーリーだが、実話なのだ。

南アフリカでは貧困の黒人はサッカー、裕福な白人はラグビーと、行うスポーツが分かれている。確かに今年のサッカーワールドカップの南アフリカーチームに白人を見かけなかった。
本編では、道路を挟んで荒れ果てたグランドでボロボロの服を着てサッカーに興じる黒人の子供たちと、手入れされた芝生の上で揃いのユニフォームを着てでラグビーに取組む白人の子供たちといった対照的な両者が映し出される。

マンデラは、白人の象徴であるラグビー代表チームを国全体で応援して盛り上げていくために、貧しい黒人の子供たちにラグビーの体験スクールを企画し、代表チームをボランティアで派遣する。純粋に目をキラキラ輝かせながらボールを追う黒人の子供たちがとても印象的で感動的なシーンだった。この出来事がテレビのニュースで国中に放送され、国が一体となっていく。

マンデラ役はモーガン・フリーマン、他に適役はいないハマリ役だが、これはマンデラ本人からの依頼であったらしい。
モーガン・フリーマンと言えば数多い名作があるが、僕は何と言っても「ショーシャンクの空に」だ。
もしご覧になっていない方がいたら、是非とも一度は見ていただきたい。ストーリーも映像も演技も全て完璧な、143分ひと時も目が離せない僕の生涯ベストムービーの1つである。

ラグビーチームのキャプテン、フランソワ・ピナール役にはマット・デイモン。ラグビーの試合シーンは非常に迫力があり見ごたえがあった。

タイトルの「INVICTUS」とはラテン語で「征服されていない、不屈の」という意味で、マンデラが長い獄中生活の中で、生きる拠り所としたイギリス詩人の詩からつけられている。
その詩の最後の2行が本編でも何度となく引用される。


I am the master of my fate:(私が我が運命の支配者)
I am the captain of my soul.(私が我が魂の指揮官なのだ)


激動の人生を歩み、歴史にその名を残したネルソン・マンデラ。
ワールドカップの興奮が冷めない、この秋の長夜にオススメの作品である。





 



ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others