「ゼロからわかる戸建賃貸入門」発刊!

ダイヤモンド社より「ゼロからわかる戸建賃貸入門」が発刊されました。



45.jpg

相続税改正の追い風もあって、消費増税後も賃貸住宅建設は好調です。

しかし賃貸住宅をこれから建設しようと考えている方、建設会社から勧められている方に知っていただきたいのは、これからの日本の人口減少社会、地域二極化を考えた時、賃貸経営にもさまざまなリスクがあるということです。

特に都心の一等地や利便性の高い駅近、人気の住宅地ではないような郊外や地方に土地をお持ちの方は要注意です。



そこに30年以上ものローンを組んで、言われるがままの高額な賃貸住宅を建ててしまうと、相続税対策で土地を防衛するつもりが収益が合わず借金返済ができなくて土地建物ごと持っていかれてしまうなんてことに成りかねません。



サブリースで一括借り上げしてくれるから、空室の心配もなく安定した家賃収入が約束されていて安心??



これも結局のところ賃貸需要の強い場所ではそう言えますが、需要の弱い場所では長期保証するとアパート会社も損をしてしまいますので損しないようリース期間を短くしていつでも解約できるようにするなど将来のリスクはアパートオーナーが取るように設計されているのです。





戸建賃貸が一般的なアパートなどと違うところは、圧倒的に物件が少ないと言うところです。

戸建ての貸家の大半が、人が自分の家として住んでいた古家です。設備や仕様が古かったり、大き過ぎたりなど問題がある物件が少なくありません。それだけに戸建てに住みたいと言う人にとって専用の戸建賃貸の人気は非常に高いものがあります。

また駅から少し離れていたとしても入居者を確保しやすいということもあります。これも需給のバランスが取れていないことやそもそも物件が少ないことに起因するようです。



また当社の戸建賃貸では1棟1100万円〜と低価格で建築することができます。

家賃はエリアによりますが5年から10年程度で建築費を回収できますので(それ以上かかる地域には建築をすすめていません)安心です。回収後はそのままでも良し、別な土地活用に展開するのも良し、と臨機応変な対応が取れます。木造住宅ですから解体費も安く済みます。将来が見通しにくい現代にはピッタリの方法と言えるでしょう。



相続税対策でもアパートにはないメリットがあります。

何より分割が容易であるということです。アパート1棟やマンション1棟は複数の相続人で分けることができませんので共有名義として相続するケースがありますが、これはどの専門家に聞いても絶対してはいけないと注意される相続の仕方です。

親が元気なうちはどんなに仲が良くても亡くなった後はもめる元になってしまうということです。共有名義の場合売るにも貸すにも双方の同意が必要ですから。

その点戸建賃貸は複数の相続人でも1棟づつ分けて相続することができます。不要な争いを避け、各々の事情に応じた資産保有や処分ができるのです。







と言うようなことも含めて賃貸住宅経営のリスクと問題点やそれに対して戸建賃貸の考え方、メリットなどがわかりやすく書かれています。また実際に「戸建賃貸」を建設したオーナーがなぜ戸建賃貸を選択したのか、具体的な事例も数多く紹介されていますのでぜひ一読下さい。



桧家不動産 ランデックス土地活用事業部のホームページ

http://www.primeasset.jp/



「ゼロからわかる戸建賃貸入門」はこちらで購入いただけます。

http://www.diamond.co.jp/book/9784478068083.html
















この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others