ダナン&ホーチミン

ベトナムのダナンそしてホーチミンに行ってきました。

ダナンは最近日本でも人気のリゾート地で成田から直行便が飛んでいます。

 

こちらはダナンの中でも最高級リゾートのインターコンチネンタル・ダナンです。

700mも続くプライベートビーチなのですが、この日は残念ながら雨期で波も高く遊泳禁止で誰もいませんでした。

インターコンチネンタル・ダナンは崖上にエントランスがあり、ケーブルカーでビーチと行き来するようになっています。

下に見える屋根がレストラン棟です。

 

 

こちらはベトナム料理のレストラン「Citron」です。著名なリゾート建築家が全てのインテリアをデザインしただけあって、ベトナムの伝統を生かしたモダンでゴージャスなリゾートインテリアに圧倒されました。

 

ダナンから車で40分位にある世界遺産の街「ホイアン」を訪れました。

古い街並みのまま様々な商店が軒を連ね観光客で賑わっていました。

 

 

このような橙色の外壁の建物が並んでいます。少し歩き疲れたのでここのカフェで休憩することにしました。

 

古い建物を生かしながら、外装と同じ橙色の壁に木の柱や梁が絶妙にマッチしてよい雰囲気です。

ベトナムはフランスの影響もあるのかカフェが至る所にあります。ベトナムコーヒーが有名なようにコーヒー文化なんですね。

 

ホーチミンに移動し、まずは日本の企業が建築したプレキャストコンクリート(PC)住宅を見学しました。

2階まではPC、3階は鉄骨造の4連棟です。


 

こちらは別の開発分譲地にある建物でベトナムの在来工法であるRC+レンガ積みで作られています。

 

 

2階建で1階部分がタイル張り、2階部分が塗装というツートンの外装は日本の家のようですね。

ホーチミン中心まで車で約1時間強の場所で建物約35坪、2500〜3000万円でした。

 


ベトナムでは対面キッチンよりL字型の方が多いようです。

このようにまずRCで柱・梁を作ります。


その後レンガ積みで壁を作っていくのがベトナムの在来工法。床スラブもRCです。

屋根下地は鉄骨で、瓦を直接くぎ打ちしていました。

断熱材は入っていません。


こんな豪邸もあります。4階建て、プール付きでした。

 

IMG_0952.JPG

お世話になったサムシングの皆さんとビテクスコフィナンシャルタワーで

 

こんな近代的なタワーです!

113-330x600.jpg

 

今回訪問の目的はベトナムで我々の持つプレキャストコンクリートの技術を使って事業展開の可能性があるかどうかを判断することで、そのためレスコハウスの増渕技術本部長と木川工場長に同行してもらいました。

日本もそうですが家の作り方にはその国によって独自のこだわりや考え方があって、いくら性能や品質が良くても外国から持って行って簡単に売れるものではありません。

やはり彼らのニーズをしっかりくみ取りながら、我々の持つ技術を生かしていく方法を考えなければビジネスとしては成功しないということを改めて強く感じました。

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others