スマートワンハイブリッド 加平展示場オープン

桧家住宅の加平展示場が11月にオープンしました。

1階が鉄筋コンクリート造(プレキャストコンクリート)、2階3階が木造という「ハイブリッド構造」で、新川崎展示場に続いて2棟目となります。


外観も1階部分はタイルを貼らずにコンクリート打ち放しのソリッドな仕上げとしています。

1階を全てコンクリートにしたことで建物全体のがっちりと頑強な雰囲気が写真からも伝わってきます。

 

1階にはコンクリート造の良さを生かしたビルトインガレージがあります。

火災にも強いのでこだわりの愛車保管にはピッタリですね。


こちらはオリジナル開発の外構用の「留守番ポスト」です。

多くのサイズの宅配便を不在でも受け取れることができる優れものです。


1階には「フィットネスルーム」を作りました。

高級マンションなどにはジムは当たり前ですが、戸建にはあまり見たことがありません。音や振動の問題から木造や鉄骨造では不向きですが、その点は鉄筋コンクリート造では全く問題ありません。

ダイエットや体力増進に気軽に自宅でフィットネスというのはこれからのトレンドになってくるのではないでしょうか。


1階が鉄筋コンクリート造だからできる提案「ラグジュアリーバス」です。

海外ではこういったバスが主流ですが、日本の戸建は木造と鉄骨造が大半なことと地震が多いため漏水リスクを考慮して「ユニットバス」以外のバスを見ることはほとんどありません。

ユニットバスも悪くないですが、広さや雰囲気はどうしても狭く閉じられたものになってしまいます。

やはりバスタイムをゆったりとくつろいで贅沢な時間を過ごすには開放的でホテルライクなラグジュアリーバスがぴったりです。

 

身体を洗うスペースのシャワーブースとゆったり温まるバスタブとをセパレートするのも最近のリゾートホテルでは定番のスタイルです。夏にシャワーだけで済ます場合はバスタブを掃除する必要もありませんし、シャワーブースだけの掃除ならとても楽です。雰囲気だけでなく機能性にも優れています。



ヒノキヤオリジナルのダブルボウル洗面ドレッサーもこの広いバスルームにはよく合っています。

朝の混み合う時間もボウルが2つあればとてもスムーズです!


こちらはヒノキヤからの新しい提案「小型昇降機」です。

飲食店などで見かけたことあると思います。


なぜ我々はこれを家の中に入れようと考えたのか。

留守番ポストのニーズもそうですが、飲料やビールなどをネットで箱買いする人が増えています。キッチンが1階ならば良いですが、この展示場のようにキッチンが2階や3階にあると、それを上まで持って上がるのはかなりな重労働です。50代くらいまでならなんとかなりますが、70代にもなるとなかなか大変なことです。

かといって大きくない家にホームエレベーターを入れるのはスペース的にもコスト的にもなかなか現実的ではありません。

と言うことで荷物運搬用の小型エレベーターを入れたというわけです。

 

ところが日本では昇降機には様々な規制が強く、定期点検などコストが高くなっています。

この昇降機も200万円〜とかなりの高額です。しかし将来リフォームで設置するというのはスペースや構造、リフォーム費用の問題を考えるとこれはかなりハードルが高いので、将来まで見通せば新築時に設置するのは賢明だと思います。

ちなみにこの昇降機、積載が重量30キロですので2Lのペットボトル6本の飲料であれば2箱を同時に運ぶことができます。

ファミリースペース


日差しが明るい子供部屋

 

 

 

 

様々な見どころのある加平展示場、もちろんZ空調も青空リビングもアクティブガレージも体感いただけます。

ご来場お待ちしております。

 

加平展示場はこちら

https://pkg.navitime.co.jp/hinokiyajutaku/spot/detail?code=0000000232

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others