2017年を振り返って

いよいよ今年も押し迫って来ました。

 

2017年皆さんにとってどのような1年だったでしょうか。

当社にとって今年は将来振り返った時に、ターニングポイントになった1年になるような感じがします。

 

それは何といっても「Z空調」を販売開始したことです。

販売当初は本当にお客様に受け入れてもらえるのか多少の不安もありましたが、今ではそれも完全に払しょくされて、大変大きな手ごたえを感じています。

 

累計の受注数は2000棟を超え、既に多くのお客様が「Z空調」で快適な暮らしをしています。

お客様の生の声を聞く度に、我々社員は「Z空調」の素晴らしさを改めて認識しこの商品を開発して本当に良かったと思っています。

電気代のデータもどんどん寄せられていますが、想定以上に安く我々もお客様もコストパフォーマンスの良さに驚いています。

 

この革新的なアイデアと技術は、特許のスピード取得そして「グッドデザイン賞」として評価されました。

 

 

机上のスペック(性能数値)は良い家を作るためのプロセスに過ぎないと考えています。

省エネ性能に求められる数値は目安として必要ですが、それが結果的に快適さと光熱費の安さを両立させなければ何の意味もありません。机上の数値は目標ではないのです。

快適な住宅とはどの部屋にいても室温が一定であることです。どんなに省エネ数値が良くても暖房している部屋としていない部屋とに室温差が10度もあれば、それは快適でも健康的でもない普通の住宅です。

 

だから我々は実際の建物をつくり各部屋に温度計を置いて温度が一定になるよう実証実験を行い、またお客様から生の光熱費データを集めて改善を図って行こうとしているのです。

こんなことを真面目にやっている住宅メーカーはありません。

どの会社も机上で計算したシュミレーションの数値をカタログに並べているだけなのです。

 

 

「日本の家づくりを変える」、「日本人の暮らし方を変える」

それが「Z空調」だと言うことを我々は改めて実感し、確信することができました。

 

 

来年には桧家住宅が直営店として初めて東海エリアに進出し、出展を加速させていきます。

パパまるハウスも積極的にエリア拡大を図っています。

 

更に1年後にはこの「Z空調」を同業他社へシステム販売していきます。

既に年間5万棟近く断熱施工をしているグループ会社の日本アクアの取引先から取扱いをしてもらおうと考えています。

この快適で健康的な空調システムを一気に全国の皆様へとお届けし、そのパイオニアとしてのヒノキヤグループの認知と価値を高めていきます。

これからの住宅は「Z空調」が入っているかどうかでその価値が違う!

そんな時代にしていきたいと考えています。

 

 

今年はプライベートを含め海外に10回行きました。

ビジネスの面では、ベトナム、フィリピン、ミャンマーと東南アジア諸国を訪れて彼らの成長を目の当たりにし、また日本に対する関心やリスペクトが強いことを感じてきました。

ビジネスパートナーとして我々日本企業に対する期待が大きいこと、またプライベートでも日本を訪れたい人が彼らの経済成長と比例して今後ますます増えていくことを確信しています。

 

 

今年から本格的に動いた海外事業も来年には形となって表れてくるでしょう。

また訪日旅行者(インバウンド)向けの新たなビジネスにも大きな関心を持っています。これもぜひ来期には実現していきたいと考えています。

 

 

今年は何といっても「働き方改革」と言うキーワードが非常に話題となった1年でした。

労務管理を徹底し、業務の効率化とパフォーマンスの向上を両立させていかなければ、企業は生き残っていけなくなる時代が来るでしょう。

そのためにもITやAI、RPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)などの活用を計画中です。

来年からは営業や現場監督全員にiPhoneを支給し、営業活動や現場管理ができるiPhoneアプリを導入します。

これによって帰社してからしかできなかった事務処理が外でもいつでも出来るようになります。

また住宅展示場に来場するお客様から頂くアンケートも紙への記入からiPad入力へと切り替えます。

これによってお客様情報が瞬時に担当営業のアプリ内にデータベース化されます。

その他にも様々なシステム開発を現在行っています。

この流れを前向きに取られ、このタイミングでムダな仕事、ムダな会議、ムダな書類を徹底的に排除し、よりよい環境でより高いパフォーマンスの発揮できる職場を作っていきます。

 

 

仕事以外での目標もしっかりと持っています。

ゴルフではアベレージ88を切ること!今年始めたジムでデッドリフト、スクワット、ベンチプレスの合計で300キロを上げる事が目標です。

 

健康と体力増進とそしてビジネスでもより成長できる1年でありたいですね。

 

 

 

今年1年本当にお世話になりありがとうございました。

そして来年もよろしくお願いいたします。

皆様良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others