Z空調住み心地アンケート 冬編

夏にも実施し大反響だった「Z空調住み心地アンケート」の冬編です!

 

今年の冬は数年に一度の寒冬でしたので、例年以上にZ空調の暖かさ、快適さが感じられたことと思います。

 

・肩こりや代謝が良くなり健康的。快適な生活です。(東京都U様)

・子供の寝相が悪く転がって布団をかけていないことが多いので、今までは夜中に気になって目を覚まし掛けなおすことがありましたが、気にしなくても良くなったのでぐっすり寝られるようになりました。(千葉県H様)

・風邪を引かなくなりました。他にも夜トイレに行くとき、家中暖かいので上着を着たりする必要がなく快適です。(埼玉県H様)

 

寒さのせいで関節が痛んだり、体調を崩したりと言う方にとって冬はつらい季節、家中暖かいと随分と身体が楽ですね。

お子さんが風邪をひかないようにと夜中も気になるお母さん、親心ですね。Z空調でぐっすりお休み下さい。

 

 

・冷え性で夏でも靴下を手放せなかった妻が、居間で素足のまま生活しています。今年の冬、湯上りに靴下をはいた妻を見たのは数えるほどの回数しかありません。(福島県T様)

・外は極寒ですが、室内は南国です。結露しません!!(宮城県S様)

・セーターやニットを必要としなくなりました。皆、薄着で生活しています。寒さで縮こまったり、動きが鈍くなることが減りました。と言うかないです!(埼玉県K様)

・冬はトイレが寒いと行きたがらなかった5歳の娘が嫌がらずに自ら進んでトイレに行くようになりました。(群馬県H様)

・小諸市は冬マイナス10度近くになりますが、この寒い時期でも家の中は全く影響がなく正直驚きました。家族が皆とても快適でずっと家にいたいです。また灯油を汲みにいかなくてよくなりとても楽。空気がキレイなので灯油臭いと言うことが無くなりました。(長野県S様)

 

 

冬の寒さは色々なところに悪影響を及ぼしていることが改めてわかります。

でもこれまでは「冬だからしょうがない」とあきらめていた・・それがZ空調で生活して初めて家中暖かいということはこんなにも違うんだ!と言うことに気付いた・・そんな感じですね!

寒冷地にお住いの方からのご意見嬉しいです。

 

 

・24時間付けっぱなしですが、電気代が意外と安くて安心しました。(神奈川県M様)

・暖房器具を買いそろえなくてもよく、部屋がすっきりとしてて良い。(埼玉県N様)

・灯油を買わなくて良くなった。こたつは要らない。(長野県I様)

・電気代を気にしなくなった。「寒い」と家の中では感じなくなり、厚着をしたり厚い布団を掛けなくて良くなったので、身軽だし、防寒具など家の中で使う厚手のものを新しく買うことがなくなったので、余計な出費が減った。(千葉県H様)

 

 

Z空調は家にいる時もいない時も24時間付けっ放しが基本です。温度設定で自動運転なので、今年のように寒い冬は少し電気代が高くかかったと思います。それでも「意外に安い!」と言う意見が多かったのはこれまでの生活で灯油やオイルヒーターなど光熱費が高い暖房器具を使っていた方だけでなく、これだけ快適で健康的な生活を送れるのであれば多少の電気代がかかっても高くはないと感じている方も多いのではないでしょうか。

日本人はどうしても節約志向が強く、我慢が美徳という考えが強くあります。

しかしこの室温についてそれが仇となって健康を害したり、命を奪ってしまっては何の意味もありません。ムダな光熱費は無くしていくべきですが、人が健康に快適に暮らすための光熱費はムダではありません。

我慢=エコではなく、健康的で快適な暮らしとエコを両立するという考え方に変えていく必要があると我々は考えています。

 

 

・朝起きて身支度して外に出たら雪が積もっていることに初めて気づいたことがあります。(神奈川県K様)

・冬のシャワーが気軽に利用できるようになりました。(千葉県N様)

・冬が寒いというよりも、外は寒いが家は暖かいという快適さを実感した。風呂上がりにTシャツで居られることが大きく違う一つ。(長野県F様)

・エアコン代節約のため寒いのを我慢したり、トイレやお風呂につま先歩きで走って行ったり、お風呂も入る前に暖房を付けて温めたり「寒いから扉を閉めて!!」と怒ったり怒られることがなくなりました。(神奈川県O様)

 

 

 

これだけ豊かな日本なのに、冬の室内では驚くほど不快な生活を強いられていることを改めて感じます。

人がいる部屋を要る時だけ温めるという考えは、世界の先進国では日本だけです。僕はこれを”冷暖房のガラパゴス状態”だと言っています。

 

だからZ空調を体験すると皆さん一様に、驚き、感動し、新たな発見をするのです。

でもそれはまだ極々一部の幸運な人だけに限られた話で、日本人の99%の人達は今日も家の中で寒い寒いと我慢し、震え、厚着して耐え忍んでいるのです。

 

この現状を変えていくにはZ空調を普及させていくしかありません。

お客様の生の声を聞いてその思いを改めて強く感じました。

 

 

 

Z空調お客様アンケート夏編はこちら http://hinokiya-blog.com/?day=20170921


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others