新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

いよいよ2019年新しい年が始まりました。

 

今年は消費増税が予定されています。住宅は最も増税の影響を受ける商品ですが政府も様々な対策を準備しており、前回より駆け込み、反動減といった波は小さくなるのではないでしょうか。

 

ただ少子高齢化もあって、反動減以降新設着工数が年々減少していく始まりになるとも言われています。

市場の動向を注視しながら今後の出展やエリア拡大を計画していきたいと考えています。

 

着工数が多少減少したとしても当社グループにはすぐに影響があるとは考えていません。

それは何より当社の商品の付加価値が高く競争力があるからです。

 

アクアフォーム+Z空調による快適な住宅は、今世の中にある全ての断熱材+全館空調と比べて圧倒的に効率的で、施工性、コストパフォーマンスに優れています。

僕は本気でこの組み合わせが日本の住宅のスタンダード(標準)になるべきだと思っています。

快適に健康に過ごせることで、日本人の健康寿命は延び、人生がより豊かで充実したものとなるだけでなく、

住宅の価値も高まり、流通の促進にもつながっていきます。

空き家問題が社会問題化になっていますが、基本的に耐震や省エネなど基本性能の悪い住宅を再利用することには反対で、リフォームをするかもしくは建替えるべきと考えています。安全、快適かつ健康に過ごせる住宅にしていくことが国の経済を考えても重要だと思います。

 

ということで今年本格的にZ空調の外販を開始し、日本全国の工務店ビルダーと一緒になって、日本の住宅にイノベーションを起こしていきたいと考えています。

 

 

少子高齢化は人手不足という問題としても非常に大きな影響を起こしつつあります。

今年の新成人は約125万人だそうですが、25年前は約200万人、50年前に約250万人いた事を考えると若い人材が減少していくことを実感します。

昨年末に改正入管法が国会を通過しましたが、日本経済全体を考えると外国人材の活用は必要不可欠です。

当社でも数年前から技能実習生を受け入れていますが、大工職や工場、介護などの職場での外国人材は今後も積極的に活用していく方針です。

 

昨年は夏の災害的猛暑、西日本での豪雨や台風、北海道などでの地震と非常に災害の多い1年でした。

これは昨年だけの問題ではありません。

首都圏直下型地震や南海トラフ地震がいつ来てもおかしくない状況であるだけでなく、地球温暖化による気候変動によって台風が大型化、集中豪雨、河川の氾濫や竜巻など住宅に甚大な被害をもたらす自然災害がますます増えていくと言われています。

 

そういう状況の中で、災害に最も強固なレスコハウスのプレキャストコンクリート住宅の存在価値が高まっています。

 

他のどの工法より地震に強いことは過去の大震災でガラス1枚割れなかったことでも立証済ですが、

豪雨や津波で浸水しても、周りで火災が発生しても、竜巻や暴風にもほとんど被害を受けることなく住み続けることができるのはレスコハウスのプレキャストコンクリートしかありません。

 

人生100年時代と言われ健康寿命が延びていけば、30歳で家を建てたとすると70年間住み続ける可能性もあり、安全性や耐久性、災害に強いという点で、コンクリート住宅の需要が改めて見直されてくると思っています。

 

 

テクノロジーが進化し、スマホが普及してこの数年で我々の生活も大きく変化しました。

今年注目しているのは、キャッシュレス決済がどこまで普及していくのかということです。

クレジットカードや電子マネーなど現金を使わない決済をキャッシュレス決済と言いますが、日本ではまだ金額ベースで20%弱しか普及していません。これは韓国の96%、中国の60%、アメリカの50%など諸外国と比べて非常に遅れています。

政府もこの比率をたかめようと、増税後のポイント還元等でキャッシュレス決済の促進を図ろうとしています。

個人的には既に90%以上をキャッシュレス決済していますが、至る所でキャッシュレス決済ができれば小銭をジャラジャラ持ち歩く必要もなくウェルカムです。

 

また2020年に向けていよいよ”5G”が導入される予定です。

今の4Gと比べて通信速度で100倍、通信容量では1000倍になりますので、これによって大きく社会のインフラが変わることになると言われています。

自動運転は5Gの導入に合わせて来年高速道路から解禁されるようです。僕のクルマのテスラはこれに対応していますので解禁を楽しみにしています。

その他遠隔治療や裸眼3Dテレビなども普及すると言われていて、更に我々の生活が大きく変わっていくことでしょう。

 

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others