家は性能だけでは快適にはならない

以前から我々は住宅性能だけで家は快適にならないと主張してきました。

特に断熱性能を示す「Q値」やサッシの性能を示す「UA値」などの数値の良さをやたらと強調して、

 

数値が良い=一番快適!

 

とお客様をミスリードする住宅メーカーもあります。

数値の比較はわかりやすいため「数値が良い方が良い家に決まっている」と思い込んでしまう人も少なくありません。

 

しかし性能の数値はあくまでも相対的なもので絶対的なものではありません。

 

またそれぞれの部位(例えばサッシやガラス)の性能数値もそのわずかな差で家の温熱環境が劇的に改善するものでは全くありません。

 

日本の気候は夏蒸し暑く、冬寒い気候です。

冬寒いだけのヨーロッパの家づくりを真似ても、日本では快適な家にはなりません。

この特殊な気候の下では

 

住宅性能に加えて設備を最適化しなければ「健康で快適な暮らし」を実現することはできないのです。

 

 

住宅性能は「必要条件」ではありますが、それだけで快適となる「十分条件」ではありません。

 

家は「性能+最適な設備」が絶対条件です。

 

それを示す画像をご覧いただければと思います。

 

当社では千葉に実大サイズのモデルハウスを2棟建設して様々な実証実験を行いました。

この実験には、住宅のエネルギーに関する幅広い研究に携わり、建築環境に関する若手研究者の第一人者で「エコハウスのウソ」などの著書でも知られる東京大学の前真之准教授に協力していただきました。

 

 

まず断熱性能の数値は満たしている他社の住宅から見てみましょう。

こちらは大手分譲ビルダーの新築住宅です。

 

図1.jpg

 

この部屋を高性能サーモカメラで見てみると

図2.jpg

 

このように部屋全体が緑から青色となっていて、温度では12〜13度から16〜17度位となっていることがわかります。

特にキッチンの足元は寒さを感じ、台所に立つことの多い主婦にとっては足元が寒い不快な環境です。

 

 

同じ家のリビングの隣の部屋と階段まわりです。

図3.jpg

 

図4.jpg

真っ青となっていました。暖房が付けられていないこともあるでしょうが、隣の部屋との温度差が大きく不快ですね。

 

但しこのような状態はこの家に限った事ではなく、世の中にあるほとんど全ての家で同じ様な状態になっています。

 

 

建売住宅だから仕方がない。大手ハウスメーカーの家なら性能も良くそんなことはないだろうと思いますよね?

 

こちらは大手ハウスメーカーの新築住宅です。

図5.jpg

 

リビングとダイニングとの間に壁掛けエアコンが見えます。

この部屋をサーモで見ると、

 

図6.jpg

 

少し温度ムラがありますね。特に足元の温度が低くなっているのが気になります。

 

キッチンはどうでしょうか?

図27.jpg

 

こんな感じです。

図29.jpg

ダイニングに比べて5度位は低くなっていますね。右上に赤く見えるのがエアコンで、暖かい風がでていますが部屋全体を均一の温度にはできないんですね。

 

図7.jpg

同じ家のリビングから出て廊下とトイレはどうなっているかと言うと・・

 

図8.jpg

こんな感じです。廊下に出た途端、温度は12〜13度とぐっと下がります。

トイレに行くには上着を着ていないと寒いですし、ヒートショックのリスクもありますね。

 

大手ハウスメーカーの断熱性能の高い(?)と標榜している新築住宅の現実がこれなのです。

 

 

こちらは別の大手ハウスメーカーの新築住宅です。

図9.jpg

 

サーモカメラで見ると、

図10.jpg

ダイニングには床暖房が敷かれていて、30度近くまで熱くなっている一方、キッチンの足元は16度程度とかなりの温度差があることが一目瞭然です。またダイニングの床暖房でキッチンまで温めるのは無理なことがよくわかります。

 

 

図11.jpg

同じ家の洗面所です。

 

図12.jpg

こちらも暖房がないため真っ青、ヒートショックリスクの高い家になってしまっています。

 

結局数値上の性能が高くても、冷暖房設備がこれまで通りの部屋ごとに設置した壁掛けエアコンや床暖房では、家全体を均一な室温とすることができず、画像のような温度差を解消することはできません。

つまりどんなに性能だけが良くても、不快な家にしかならないのです。

 

 

こちらからはZ空調が搭載された桧家住宅の実験棟の画像です。今年の2月に実験及び撮影をしました。

 

図13.jpg

 

サーモカメラで見ると、

図14.jpg

部屋全体が、足元から天井までほぼ均一の22度位になっていることがわかります!

理想的な室内環境ですね!

 

図15.jpg

他社では温度ムラが不快だったキッチンはどうかと言うと・・・

 

図16.jpg

温度ムラがありません!

 

こちらからも

図23.jpg

 

一定過ぎて部屋がどうなっているかわかりません(笑)

キッチンに向かって吹き出し口があることでしっかりキッチンも温めてくれるのです!

図24.jpg

 

図17.jpg

普通なら寒い洗面所も・・・

 

図18.jpg

他の部屋を変わらず20度以上!

これならヒートショックリスクも抑えられますね!

 

寝室も

図25.jpg

図26.jpg

 

 

 

室内の高さによる温度が床表面から天井までほぼ均一な温度であることも実証されました。

図22.jpg

 

 

またこの実証実験ではサッシの違い(アルミ樹脂複合サッシ&ガス無しガラスとオール樹脂サッシ&アルゴンガス入りガラス)による消費電力量(電気代)の違いも測定しました。2月の寒い時期にZ空調を常時運転しての実験でしたので非常に興味深いものでした。

 

ちなみにこのサッシとガラスの性能差によるUA値の差は0.05でした。

 

結果として、1ヶ月の電力消費量の差は、60kWh、1日当たり2kWhでした。(面積は35坪)

これを電気代に換算すると、1kWh25円(オール電化の場合)として、

1日50円、月間600円と言うことになります。

 

サッシの性能差は冬の寒い時期に最も効果が表れると考えられるので、1年間の電気代の違いは4-5千円程度と推測できます。

 

この結果からもわかるように、サッシやガラスの性能数値だけを見れば明らかに「アルミ樹脂複合サッシ」より「オール樹脂サッシとガス入りガラス」の方が優れています。

しかしその性能による効果、つまり電気使用量の差はそこまで大きなものではないことがわかりました。

 

窓の違いを極度にアピールする住宅メーカーもありますが、窓の違いで年間の電気代が数万円も変わるわけではないのです。

他社との差別化するために必要以上の性能部材を使い、その数値だけに踊らされた住宅会社選びには十分注意したいものですね。

 

 

サッシの異なる2棟での実証実験では、いずれの棟もアクアフォームとZ空調のおかげで快適さに違いは全くないとの評価を前教授からいただきました。

この結果と評価を受けて、改めて我々の住宅に対する自信を深めることができました。

 

 

桧家住宅では4月よりこの樹脂サッシ(YKK APW330)またはアルミ樹脂複合サッシ(リクシル サーモスX)のいずれかが選べる選べるキャンペーンが始まりました。

性能数値を取って樹脂サッシを選ぶか、枠の小さくガラス面積が大きくなるサーモスXを選ぶかはお客様次第ですが、どちらを選んでもZ空調の快適さは全く変わらないことだけは自信をもって断言できます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others