画期的なZ空調の光熱費データが出ました!

画期的な実証結果が出ました!!


Z空調の電気代


2台のエアコンを24時間を付けっぱなしで使っても月々わずか夏3000円、冬9000円 でした!


これは30数件のお客様に協力いただき、2019年一年間のZ空調と24時間換気のみの電力消費量をHEMSより取得し集計したものです。(詳細は添付参照下さい)


8年前ドイツに行った時、エネルギーパスの話に衝撃を受けました。

冬寒い欧州では建物全体を24時間暖房するのが大前提、当たり前で、それにかかる光熱費を抑えるために家の断熱や窓、設備の性能を高めます。そしてその家の暖房費を示すのがエネルギーパスで、家を買うとき、借りるときの判断基準になるそうです。

結果エネルギーパスを導入したことで新築住宅や既存住宅の性能向上が図れたということでした。非常にわかりやすく腹に落ちる話でした。


日本でもここ10数年、断熱性能や窓性能への関心が高まって来ました。

家の性能に関心が高まるのはとても良い傾向です。
しかしいまだに多くの住宅会社が建物全体を冷暖房すると言う大前提なしに、UA値がいくつだの、C値がどうなの、窓の熱還流率がどうしたと言う数値のみを競っています。


これはお客様のメリット不在の無用な論争に思えてなりません。


そもそも何のために住宅性能を高めるのでしょうか?
冷暖房のランニングコストを下げるためですよね?

関東地方なのに北海道並みの断熱性能や3重サッシといった過剰スペックを勧める会社もあります。

お客様も部分的な性能数値だけを見せられると「低いよりは性能が高い方が良いのかな??」と迷ってしまいます。

これまで日本では今回のようなデータがなかったため、その性能が過剰なのか適正なのか判断のしようがありませんでした。


我々の標準仕様は以下の通りです。


標準仕様はUA値0.53〜0.55 C値0.7程度
サッシはアルミ樹脂複合Low-Eペア
(現在はオール樹脂標準)
断熱材はもちろんアクアフォーム


この仕様でもZ空調を組み合わせることで夏3000円〜、冬9000円〜で年中快適な暮らしを実現できる事がわかりました。


建物全体を隅々まで冷暖房しながら電気代がどれくらいかかるのかという、これまで日本になかった画期的な実証データです。


エポックメイキングと言っても過言ではないくらいです。



・家の断熱気密性能

・Z空調のような建物全体を冷暖房する設備

・それにかかる年間の電気代


これが明確になって初めてその仕様が適切なのか判断できるのだと思います。


家の断熱性能の数値だけを比較してもあまり意味はないことが理解できたでしょうか。


我々は今後も住宅性能とランニングコスト削減との関係性を徹底的に追求していきたいと考えています。



そしてお客様に例えば

「50万円かけて断熱性能をより高めれば、年間の電気代が約2万円安くなります。元を取るのに25年かかりますが、どうされますか?」
と提案するあるべき姿を目指します。

ドイツのエネルギーパスの考え方もこれですよね。


withコロナの時代、テレワークやオンライン学習など家にいる時間が長くなる中で住環境の快適さとランニングコストとの両立のニーズが高まります。


Z空調の重要性が更に更に高まって来ます!


「Z空調のオーナー実績大公開」のページはこちら

Z空調の消費電力調査結果はこちら↓(ヒノキヤグループのリリースより)

https://www.hinokiya-group.jp/contents/wp-content/uploads/2020/06/200601_re_web.pdf



ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others