今我々にできること

「あらゆる人に、エコで快適な住まいを」
これは桧家グループのミッションです。

このミッションを掲げた時、“エコ”の意味するところは“地球温暖化対策”、“CO2排出削減”という、どちらかと言えば大きなテーマで、日常の生活にはあまりピンと来ないものでした。
それが今回の大震災を機に、“節電”という非常に身近な問題へと変化しました。

“節電”=“我慢”というイメージがありませんか。
電力不足だから、夏場も多少暑いのは我慢してエアコンを控えめにしようというイメージです。

これは桧家住宅の家には当てはまりません。
普通に(ムダな電力は使わずに)生活して、快適さを損なうことなく十分に電力を抑えることができるからです。
2月の光熱費の請求書が届いていると思います。
冬は暖房や給湯など光熱費が高くなる時期です。それでも一般的な30坪〜40坪の桧家住宅の家では、電気代が15,000円位が平均でしょう。
オール電化ですからガス代はありません。
石油ストーブの灯油なども使いませんから、光熱費の合計が15,000円と言うことです。
狭いアパートから広い新築に移ってたのに、光熱費は1万円以上安くなったという声をよく聞きます。

これは建物の断熱性気密性が高いためで、エアコンの設定温度を低く設定しても十分快適に過ごせます。だから電力消費も抑えることができるのです。
夏も同じことが言えます。
屋根をしっかり断熱し、窓もLOW-eガラスを採用していますので、外部からの熱が住宅内部に侵入してくるのをできる限りカットしています。
さらに一度冷やした空気は冷めにくいため、エアコンの温度を27℃〜28℃程度に設定しても十分快適に過ごしていただけます。
エアコンの温度を1℃上げると、東京電力管内で約64万kwの節電になると言われていますので、非常に大きな効果があると言えます。


ということは、もし日本中の家が現在我々が提供している高性能な省エネ住宅であれば、何の苦労もなく大幅な節電が可能ということになるのです。


照明も大きく消費電力を抑える商品が普及し始めています。
“LED照明”です。
現在桧家住宅では、“節電につながる家づくり”という取組みの中で、この“LED照明”の普及のお手伝いをしています。
家の中でも特に長時間点灯する場所、例えばリビングやダイニング、お子様の勉強部屋などにこの“LED照明”を使用すると効果は大きなものになります。

前東京大学総長の小宮山氏がテレビで次のように言っていました。
「エネルギー問題と景気浮揚とを両立させるため、LED照明や省エネ家電などへの買換え促進を後押しする税制優遇を検討すべきだ。」
新築住宅だけでなく、既存の住宅向けにもぜひこういった政策を検討してもらいたいと思います。


昨年12月に“スマートワンゼロ”という商品を販売開始しました。
この商品は“1000万円台で建つ光熱費ゼロ住宅”というコンセプトで開発された商品で、一般的な商品と比べて、断熱性能や窓(サッシ)などを更に高性能なものとし、また意匠性を高めるためソーラーパネル一体型の屋根を採用しています。

23.4.10 蓮沼 建物スマートワンゼロ.jpg

“光熱費ゼロ”というのは夢のような話、非現実的な話と思われるかもしれませんが、オール電化を採用し、アクアフォームを使って高気密高断熱住宅とすることで消費電力を抑え、太陽光発電4.4kwの発電により“光熱費ゼロ”を現実のものとしました。


この“スマートワンゼロ”のモデルハウスが完成しました。
今週末の4/16(土)、4/17(日)には現地で完成イベントを行いますので、ぜひこの最先端の技術を駆使した次世代型の高性能住宅をご覧になって下さい。

場所はさいたま市見沼区蓮沼の桧家不動産分譲地内です。
最寄りの住宅展示場でもご案内していますのでお問い合わせ下さい。
詳細はこちらまで。
http://www.hinokiya.jp/cypressgarden/hasunuma/index02.html



今我々にできること・・・
住む人のため、日本のため、そして地球のために、
高性能な省エネ住宅の普及に努めていくことです。

 



 









 



ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others