民主党代表選

昨日ムーディーズが日本国債の格付けを上から4番目の「Aa3」に引き下げた。
その発表の中で同社の責任者が、「毎年のように総理大臣が変わる政権では、財政健全化への道筋が見えない・・・」という趣旨の発言をしていた。

今まさに民主党代表選の最中、連日誰が誰と会談した、支援を要請したというニュースが流れている。一方ニュースでは、政策議論がない、誰がやっても変わらない、国民不在の選挙だといった批判が後を絶たない。

このブログを書くようになって1年と少し。以前にも日本の首相はアメリカの新聞から「easy come, easy go」だと揶揄されているということを書いた。菅首相には、“easy go”とならないよう頑張ってもらいたいと願ったが、残念ながら同じことの繰り返しとなってしまった。

来年には民主党代表選挙が任期満了で行われる。
またここで首相が変わるようなことになっては、ますます国内の経済は混迷し、海外各国からの日本に対する信頼もますます失っていくだろう。


確かに政治家はだらしない。
しかし総理大臣が辞めても選挙せずに、議員だけが自分たちのルールで新しい総理大臣を選ぶことができるのが日本の政治の仕組みだ。
期間が短いだの、争点がどうだの批判してもルールの中で粛々と事は進められていく。
それがダメだと言うならルールを変えるしかない。


政治の仕組みを根本的に変えるのか、今のまま救世主のようなリーダーの出現を待つのか、どちらかの選択しかないところまで追い詰められたように思う。


ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others