高気密高断熱だけでは「家は暖かくない」

先日の週刊文春に

 

「暖かい家」は寿命を延ばす

 

というタイトルの記事が掲載されました。

 

・室温は冬でも18度以上に

・12度未満は頻尿リスクが5倍に

 

など具体的な室温と健康リスクとの関係が細かく記載されていました。

一般誌でこのような話題が取り上げられる頻度が高まってきましたね。非常に良い傾向だと思います。

 

イギリスでは健康を守る最低温度を18度と規定していて、高齢者には21度以上が推奨されています。ところが日本では全くそのような規定も発想もありません。その結果今でも冬の室温が10度以下・・といった状態が普通に存在するのです。

 

文春の記事には対策として家の高気密高断熱化や窓の性能アップなどが必要と書かれています。

これらは「暖かい家」を実現するためには必要な条件ですが、それだけで十分というものではありません。

 

建物の性能+最適な暖房設備

 

これによって寒い冬でも快適かつ健康に暮らせる住環境が実現できるからです。

 

日本の冬は寒いので、当然暖房が必要になります。

ところが日本の家の暖房は今でもその大半が「部屋毎暖房」といって、エアコンにしても床暖房にしても部屋毎に設置して、使う時もいる時いる部屋だけスイッチをオンにするというものです。

これでは暖房している部屋としていない部屋との温度差は全く解消できず、暖房のない廊下、トイレ、洗面所などは寒いままとなってしまいます。建物の断熱性能を上げることで多少は改善できたとしても暖房のない部屋の室温を18度や20度に維持することは不可能です。

 

どの部屋も18度〜20度以上をキープしようとすれば、部屋毎暖房ではなく建物全体を暖房するシステムを導入するしかないのです。

 

つまり「Z空調」のような「建物全体を暖房する設備」が必要と言うわけです。

 

ところが週刊文春の記事にもあったように現在の日本の基準には室温規制がないだけでなく、省エネ基準は世界的に見ても最低レベルです。また冷暖房機器の設置は省エネルギーな製品を使うことの基準はありますが、室温をどう維持できるかといった視点での規制がないため、室温差がどれだけあっても「省エネ基準最高等級」を満たした家になってしまうのです。

 

従って、

「当社の住宅は省エネ基準最高等級です!」とか

「当社は全てZEHゼッチです!」などと聞くと、それだけで十分快適な住宅だと誤解してしまいますが、全くそうではありません。

 

 

健康で快適な暮らしをするためには

 

「高気密高断熱性能」+「建物全体を冷暖房できる機器」

 

をぜひ知っていただきたいと思います。

 

今年の秋は例年になく雨も多く寒いので不快に感じますが、その分Z空調を体感するには適しています。

お近くの「Z空調体感モデルハウス」でZ空調の快適さを体感ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Z空調住み心地アンケート

Z空調を導入したお住まいのお客様にこの夏を過ごしての感想を聞いてみました。

アンケートには62組の方々に回答していただきました。

 

ほとんどすべての方から「非常に快適!」という回答をいただきましたが、他にも興味深い答えがありましたのでご紹介します。

 

 

・24時間運転だと夏風邪をひくかと思っていましたが、直接風が当たらないので今年はひかなかった(埼玉県N様他)

・エアコンをつけっ放しで寝た時のダルさも感じない新時代冷暖システム、のどの痛みや乾燥もなかった(千葉県H様)

・特に夜ゆっくり睡眠がとれ、この夏はこれまでと違い睡眠不足になることはなかった(東京都O様)

 

夏の寝不足やエアコン風が不快というお悩みは多いですが、それを一気に解決するのが「Z空調」です。

これらの回答は予想していましたが、実際にお客様の生の声としていただくと嬉しいですね!

 

 

・今までは「クーラー付けているからドア閉めて!!」が口癖でしたがそういうストレスが無くなりました(埼玉県S様)

・エアコン設定(温度、風量、向き、タイマー、オンオフなど)の煩わしさから解放された(埼玉県H様)

・主人や子供達のエアコンの消し忘れにイライラしていたが、Z空調を入れてイライラしないのが良い(茨城県O様)

 

快適なはずのエアコンが意外にもストレスの要因になっているんですね・・・

このストレスはどんなに最新のエアコンを使っても解消されません。建物全体を24時間冷暖房するZ空調ならではのメリットです!

 

 

・玄関に入った瞬間から快適(埼玉県S様他)

・外から帰って来た時部屋が涼しく、以前のようにクーラーを全開にする必要がなく、心地よく暮らせます(埼玉県H様)

・廊下や玄関の掃除をしていても汗だくになることがありません(神奈川県S様)

・調理中の暑さが気にならなくなった(埼玉県A様)

 

暑い外から汗だくで帰って来た時、玄関から涼しいことがいかに快適かよくわかります。

家の中でも汗がでる蒸し暑い日本の夏ですが、快適な温度環境なら掃除や調理などの家事がはかどることを改めて認識させられました。主婦にとっても欠かせない設備ですね!

 

 

・今までは冷房の付いた部屋にこもることが多かったが、全部屋が涼しいので色々なことにやる気が出る(埼玉県O様)

・快適になったので家族団らんの時間が増えた(埼玉県K様)

・ドアを開けていられるので子供たちの活動の場を広く持てるようになりました(埼玉県Y様)

 

 

家の中がどこにいても快適なので活動が活発になったり、家族団らんの機会が増えたりといった間接的な効果もあるんですね!

間取りだけではなく、空調システムの導入がこのような結果に繋がるというのはこれまでの住宅会社の提案にはありませんでした。その意味でもZ空調は画期的です!

 

 

・雨の日や外出する際に洗濯物を室内干しすることがあってもZ空調を使用していると乾きが早く、臭いや生乾きが気にならなくなった(群馬県N様他)

・部屋にエアコンの本体が見えないのでかなりスッキリ。ほこりも溜まらないので良いです(埼玉県W様他多数)

・猫を飼っているので締め切りにしていますが部屋の空気の汚れを感じません(千葉県I様)

 

 

洗濯物が早く乾くのはまさに空調のおかげです。また臭いを感じなくなったのも空調&換気がしっかりと行われている証拠です。

エアコン本体が部屋に見えずすっきりという意見も沢山の方からいただきました。

 

 

・オール電化ということもありますが、一日中付けっ放しでも、エアコンを各部屋に使用していた今までの生活より、2〜3千円電気代が安くなったのにはびっくりしました(東京都K様)

・アパートに住んでいる時と比べて光熱費が安かったので助かっています(栃木県S様)

・これだけ快適に過ごせるなら費用対効果はかなり高いと思います(埼玉県Y様)

 

これだけ快適で多くのメリットがありながら電気代も安いとなればZ空調を入れない選択はもうないですね!

 

 

ご紹介した以外にも様々なご意見、ご感想をいただいています。

ヒノキヤグループ各社ではそのアンケート結果をまとめたものをご用意していますのでお気軽に営業担当までお問い合わせ下さい。

また実際にZ空調ライフを満喫されている数多くのお客様の声を直接聞くことのできる「Z空調OB宅訪問」も実施しています。

 

 

またこの冬をZ空調で過ごしたお客様にも同様のアンケートを実施する予定です。

この結果も来年3月には公開しますのでご期待下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スイスの木造建築

夏休みにスイス・チューリッヒに行って来ました。目的は2つの木造建築を見る事でした。

1つ目は日本人建築家坂茂が設計した「Tamedia 本社ビル」です。

 

チューリッヒ市内中心部にあるこの建物は2013年完成、7階建で8905平方メートル(約270坪)480人の記者が働いています。カーテンウォールの外壁からうっすら木構造が見えます。

1階の受付です。

大きな梁と太い柱が表しになっています。

 

 

柱と梁の接合部に金物を使っていないのが特徴です。
ディテールにこだわってますね!

 

 

こちらがその構造模型

このような美しいディテールは耐火基準の厳しい日本では難しいでしょう。

技術的には日本でも十分可能なだけにもったいないですね。

 

20130503_438173.jpg

 

 

 

左側は旧建築で、中で繋がっていました。

 

 

1階のホールに置かれた段ボールの椅子

これも坂茂の作品です。


 

 

こちらはチューリッヒ動物園にある象舎です。

亀の甲羅のようなユニークな形をしています。


 

この直径80mのドーム状の建物の屋根は厚さ80ミリのCLTを3層重ねて使われています。

非常に複雑な曲面を描いています。

 

 

中に入ると意外に明るい!

CLTパネルが重なっているのがわかります。

中心部には柱もないのにこの大きな屋根が落ちてこない設計凄いですね!

 

 

象にとって住み心地どんな感じなんでしょう?

 

この象舎建築費は約64億円だそうです。

この発想力と実行力、ちょっと想像がつかないくらいのスケールの建築でした。

 

チューリッヒ動物園はこの建築だけが有名ではなくて、ヨーロッパでも有数の動物園だそうです。

残念ながら僕は時間が合わず見ることができなかったのですが、この象舎では象が泳ぐところを見学できるんです!

建築好きだけでなく動物園好きにもオススメの動物園でした。

 

 

坂茂のインタビューです

 

象が泳ぐ!?


レスコハウス新川崎展示場オープン!

レスコハウスの新川崎展示場が先週末オープンしました。
早速外観から 2方向へのオーバーハングが印象的ですね。

 

サイドから こちらは賃貸モデル棟になっています。

 

一方こちらは約43坪のリアルな戸建モデル棟 

2つのモデル棟から成り立つのが新川崎展示場です。

 

L型の約27帖のLDK

キッチンは木目のパネルが人気のクチーナグランデ 食器棚はこちらも大人気のキッチンウォールキャビ

いずれもヒノキヤオリジナル商品です。

 

キッチンの奥には約3.5帖のパントリー

開き戸なので開けたままで使えるので、使い勝手広さともに申し分ありません。



リビングも十分な広さを確保しています。

ソファが2つ置けるなんて贅沢ですね!


こちらは2階に設置されたヒノキヤの新しい提案「ラグジュアリーバス」です!

ホテルライクにバス、トイレ、洗面を一体としたラグジュアリーかつ快適な空間に仕上がっています。

 

2ボウルの洗面化粧台もヒノキヤオリジナルの「フーガデュオ」

朝の混み合う時間帯も家族がストレスなく使うことができます。大きな鏡に収納もたっぷりと見た目だけでなく機能性にも優れていますよ!


 

奥にはオシャレなバスタブ。こんなバスに浸かって寛げれば優雅でリッチな気分が味わえますね。

バスから水があふれても心配ありません。

レスコハウスは鉄筋コンクリート造なので防水対策も万全です!

2階以上にユニットバスではなく作り付けのバスを設置するのは木造や鉄骨造では難しく、鉄筋コンクリート造ならではのメリットの1つです。

 

バスタブの向かいにはシャワーブース。ガラス壁で囲まれたリッチ仕様です。

最近のリゾートホテルなどではこのようにシャワーブースとバスタブとがセパレートされたタイプが一般的です。飛び散る泡がシャワーブース内だけに留まるので毎日の掃除も楽ですよね。

何よりこの開放感あふれる広さとラグジュアリーな雰囲気はユニットバスでは味わえません!

 

主寝室です。

言い忘れていましたが、もちろんZ空調入ってます!

木造でもZ空調は良く効きますが、レスコハウスの鉄筋コンクリート造はそれ以上に効きが良い感じがします。



こちらは賃貸モデル棟の入り口です。

ポストにオートロックのインターホンが見えます。

 

賃貸モデルルーム横の実例写真です。


賃貸モデルルームはワンルームタイプの約26平米で少し大きめの単身者用です。

 

バスとトイレが分かれているのは当たり前だそうです。

実際のリアルな大きさで賃貸ルームが作ってあるので参考にしやすいですね。

 

その他青空リビングや留守番ポストなど見どころ満載のモデルハウスです。

 

桧家住宅のモデルハウスと並んでいます。

Z空調の効き比べをしてみるのも良いかもしれません♪

 

オリジナル商品などどちらの会社でも選択できる設備などもありますので、ぜひ両方を見比べていただけると嬉しいです。

 

新川崎展示場はJR南武線・平間駅徒歩3分と電車でのアクセスも大変便利ですよ。

 

http://www.rescohouse.co.jp/files/information/201709/shinkawasaki.pdf

 


失敗しない二世帯住宅

お盆休み真っただ中、久しぶりに家族が揃って「二世帯住宅なんてどうだろう・・」検討中の方もいらっしゃるかもしれませんね。

都市部、郊外を問わず二世帯住宅の人気は根強いものがあります。

都市部ではそもそも土地代が高いので、実家の近所に住むというのが難しい、親の敷地内に二世帯住宅を建てれば土地を購入する必要もなく負担は大幅に軽減できるというのが最大のメリットでしょう。

一方郊外でも二世帯住宅の需要はあります。東日本大震災を契機に家族が一緒にいることの大切さが改めて見直されたこともあるでしょうし、郊外の人の方が親世帯、子世帯が同居することの抵抗感が少ないということもあるかもしれません。

子供の立場では、ちょっと外出する時などに孫の面倒を親がみてくれると助かりますし、親にしてみれば日々が賑やかで、孫の成長を見ながら暮らせるのは張り合いもあって良いですよね。

一見良いことだらけのような二世帯住宅ですが、注意しなければならない点もいくつかありますのでご紹介したいと思います。

親、子、孫と3世代が元気で仲良く暮らしていければ二世帯住宅は素晴らしいものです。

しかしいつまでもその状態が続くものではありません。

10年後か20年後かはわかりませんが、家族の状態は必ず変化します。家族構成や年齢、住まい方、考え方などが変化した時に二世帯住宅というのは意外に厄介なものであるということを理解しておいた方が良いでしょう。

ポイントは以下の通りです。

1.ご両親が亡くなった後親世帯スペースをどうするか

2.相続問題

3.売却時の問題

まず1つめですが、意外とこれができていない二世帯住宅が多いのが現実です。

親の立場にしてみれば、元気な今欲しい間取りで作りたいわけで、自分たちがいなくなった後まで考えたくないという気持ちも理解できます。しかしその住宅により長く住むのは子供や孫たちなので、その後まで想定しておく事はとても大切な事です。

将来親スペースを賃貸住宅に活用しようと考えるなら、玄関を別々に作らなければなりません。またバス、キッチンといった水回りスペースも確保しておいた方がベターです。

20年後には孫も大きくなってまた二世帯住宅で使えるだろう・・と期待したい気持ちもわかりますが、それはあまり想定しない方が良いかもしれませんね。。

賃貸に向かないような立地、エリア、家の作りの場合は大きな空間を持て余すことになってしまうことを覚悟しておかなければなりません。

2つ目相続の問題です。二世帯住宅は通常土地の名義は親になりますが、家の名義は収入の関係から子供名義にすることもあり得るでしょう。この土地と家の名義が異なる場合は特に注意が必要です。同居しているのは子供のうち1人ですが、兄弟がいた場合親の相続時には必ず持ち分の主張が出てきます。土地に価値がある場合は非常に厄介です。最悪は土地建物を売却して現金化しなければならなくなる可能性もありますので、家の名義をどうするかから専門家に相談して始めることをお勧めします。

3つ目は売却時です。ご両親がなくなって自分たちの子供も独立して家には帰ってこないという状況になったとします。(よくあるパターンですが)二世帯住宅として建てた家は60坪以上と大きく、老後の住まいとしては持て余す上に手入れなどを考えても負担が大きい、もう少し便利な都市部のマンションへ引っ越そうなど考え、二世帯住宅の売却を考えたとしましょう。

問題は二世帯住宅は売れるか?

ということです。立地や間取り、築年数など様々な要素によりますので一概には言えませんが、通常の単世帯住宅よりは売り辛い、売れたとしてもかなり安くなる可能性が高いです。

理由は簡単で、そもそも中古の二世帯住宅を探している人はほとんどいません。それだけで相場は非常に弱くなります。土地の価値があればその評価はあるでしょうが、二世帯住宅を中古住宅としてそのまま住んでくれる人を見つけるのは至難の業であることを知っておいた方が良いでしょう。

それではどうすればよいのでしょうか。

僕なりの見解を述べたいと思います。

1.将来賃貸住宅にできる間取りとしておく

2.完全分離で建てる

この2つです。

都市部などで敷地が狭いが、賃貸需要も見込めるエリアであれば1のパターンです。

玄関や水回りをきっちりと分けでおき、将来賃貸する時はふさぐ部分も決めておくと良いでしょう。

他人と同居を考えると理想は左右分離ですが、上下分離の場合でも音の問題などしっかり対策しておくことが大切です。

音の問題や将来のリフォーム、賃貸住宅利用を考えると、当社グループのレスコハウスの鉄筋コンクリート造がベストだと思います。

二世帯住宅の一部を賃貸住宅にできればこれは二世帯住宅ではなくて賃貸併用住宅になり、先ほど述べた二世帯住宅は売却し辛いといった問題からも解放されることになります。単世帯住宅+賃貸住宅ということであれば、一定の需要があるからです。

しかも鉄筋コンクリート造にしておけば法定耐用年数47年が取れますので、より売却時に有利になります。

郊外など敷地に余裕がある場合は完全分離の2棟建てとすることをお勧めします。

完全分離しておけば1棟を人に貸すだけでなく、売却することも可能になりますし、相続時にも対策が打ちやすくなります。

この場合は木造で全く問題ありません。

いかがでしょうか。

二世帯住宅の計画は家族が皆元気な時にスタートしますので将来のことをついつい想定せずに、今だけを考えて計画しがちになりますが、そこはしっかりと現実的に10年先、20年先を考え、その中で今も家族が楽しく幸せに暮らせる間取りや形を考えるのが”失敗しない二世帯住宅作り”だと思います。

1つ事例をご紹介しましょう。

これは僕の知人の話なのですが、6年前に大手ハウスメーカーで約60坪の二世帯住宅を建築しました。約6000万円の費用は全額親が資金提供したそうです。家族構成はお父さん、お母さん、娘と夫、子供2人(中学生と小学生)でした。

3年後にお父さんが亡くなると、元々あまり折り合いのよくなかったお母さんと娘の夫との関係がより悪化し、このまま一緒には生活できないということになり、お母さんとは別居することになりました。

そこで娘夫婦と子供との4人での住宅を当社でお世話することになったのです。

家が完成した(これは完全単世帯です)くらいのタイミングで、今度はお母さんも今まで住んでいた住宅は大きすぎるので適当な広さの住宅に引越したいという話になり、これまで住んでいた二世帯住宅を売却する話になりました。土地は約60坪でしたが、最寄りの駅からはバス便という立地でした。

希望価格は当初土地値+建物代を含めた金額で設定しましたが、全く反応がなかったため徐々に値を下げていき最終的には相場の土地値を割った価格で売却したそうです。つまり建物の評価はマイナスということです。

築6年、約6000万の二世帯住宅が市場ではマイナス評価という非常に厳しい結果でした。

これほど短期間の間に売却というケースも珍しいかもしれませんが、逆に考えると新しくても評価が厳しいということは古くなるともっと厳しいということも考えられるので、1つ参考にしていただければと思います。

この二世帯住宅の話は、僕も親しくしているテレビでもお馴染みの牧野知弘さんの最新の著書「マイホーム価値革命」でも詳しく書かれていますので、興味ある方はぜひご一読下さい。

81DlRwPYUiL.jpg

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E4%BE%A1%E5%80%A4%E9%9D%A9%E5%91%BD-2022%E5%B9%B4-%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3-%E3%81%AE%E5%B8%B8%E8%AD%98%E3%81%8C%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B-NHK%E5%87%BA%E7%89%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-519-%E7%89%A7%E9%87%8E-%E7%9F%A5%E5%BC%98/dp/414088519X/ref=sr_1_1_twi_pap_2?ie=UTF8&qid=1502692944&sr=8-1&keywords=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E4%BE%A1%E5%80%A4%E9%9D%A9%E5%91%BD


ミャンマーでPC工法

先日ミャンマーに行ってきました。
きっかけはミャンマー人の実業家がレスコハウスの横浜展示場に来場したことでした。ミャンマーではPC工法(プレキャストコンクリート)がほとんど普及していませんがこれから需要が高いとみていて、我々の技術に大変関心を寄せてくれました。
今回初めてのミャンマー渡航になりました。


ミャンマー第2の都市マンダレーの空港です。屋根のデザインはミャンマーのお寺のイメージです。



こちらはマンダレーと首都ネピドーを結ぶハイウェイにあるサービスエリア。レストランの前に籠であんだような簡易な屋台が並んでいました。長閑な雰囲気です。



何を売っていたのかよく分かりませんでしたが、ちょっとグロテスクでした(笑)
でも女性の手にはスマホ!このギャップがミャンマーらしいです。



ミャンマーは今の時期雨季で雨量が非常に多く、滞在中も2日はずっと雨でした。排水などのインフラがまだ不備なため、このように至る所で冠水していました。

雨量は日本の約2倍でしかも雨期の6ヶ月に集中するため、その時期は工期が遅れるという問題があるそうで、その意味からもPCの需要があるということでした。


この建物は1戸100万円程度、現地で「ローコスト住宅」と言われているものです。

日本の昔の公団住宅みたいな感じですね。


このローコスト住宅があちらこちらで建設されていました。

工法は東南アジア共通のコンクリート造の柱・梁・スラブにレンガ積みです。

こちらは首都ネピドー近郊に建てられたばかりの公務員用「ローコスト住宅」です。

 

下請けの親方に色々と詳細を聞くことができました。

政府が発注したもので、1部屋約36m2の1Kが1フロアに8戸&5階という非常にシンプルなものでした。

価格は100万から135万円、エレベータがないため1階が一番高いそうです。


全く同じ間取り、大きさの建物が2棟あり、1棟は先程の写真と同様のコンクリート+ブロック組積造、1棟は重量鉄骨造でした。

鉄骨造の部屋はこのような感じで、鉄骨の柱や梁などがむき出しですが、これで引渡しだそうです。

キッチンも簡易で、シャワーのみと粗末な設備でした。


現場横の事務所に張ってあった図面です。

ちなみに総面積約1870m2、5階建のこの建物、工期は約4か月、材料を除く総人件費は約1000万円ということでした。総コストは2000万円程度と推測すると、坪単価3.5万円となります。

職人の日当は500円ということですからその位でできるということですね。

 

こういったシンプルな公団住宅はまさにプレキャストコンクリート向きと言えます。

日本でも50年前にプレキャストコンクリート造が開発された背景は、住宅不足の時代に早く大量に同じような住宅を供給する必要があったからです。そう考えると50年前の日本と今のミャンマーは同じ状況だと言えるかもしれません。

 

実際に我々がミャンマーに進出するかどうかについて今後検討していくことになりますが、日本の技術が生かせると言う意味では良い機会だと考えています。


展開が進捗したらまた報告したいと思います。

 

 

 

 


就寝中でも熱中症になる理由

暑いこの時期になると天気予報などで注意される熱中症、なんとその4割が家の中で発生し、しかもそのうちの3割は就寝中・寝室で起っているというデータがあります。

 

熱中症グラフ.jpg

 

一般的に熱中症と言うと、炎天下でスポーツしたり仕事したりしている時にかかるイメージがありますが、家の中でしかも就寝中というのは意外に思いますよね。

 

これを理解するには日本の気候の特性を知る必要があります。

これは今年の7月16日の東京の1時間ごとの温度・湿度を示したグラフです。

 

プレゼンテーション1.jpg

青が温度、オレンジが湿度を表しています。温度が日中高くなり、朝夜は下がるのはイメージ通りですが湿度は日中下がり、朝夜は上がるのは意外かもしれません。

夏の温度、湿度は概ねこういった動きをします。

つまり暑い日中は湿度は下がり、朝と夜は湿度が高くなるのです。

 

蒸し暑さや快適さを感じるのは温度だけでなく湿度も大きく影響するため、実際の不快度(快適度)を表す指標として「体感温度」が用いられます。

いくつかある体感温度のうちの1つが次の「ヒートインデックス」です。

 

HEATINDEX.jpg

出典book.mynavi.jp

 

この表を見てみるといくつかのことに気が付きます。

まず気温が27度くらいまでは多少湿度が高くても体感温度と気温とは大きく変わりません。

しかし気温が30度を超えると状況は大きく変わります。

30度で湿度が50%なら体感温度は31度ですが、湿度が80%になると体感温度はなんと37.7度にまで上昇するのです。

 

暑い日中の気温ではどうでしょうか。

気温35度では湿度50%でも40.7度、湿度80%になると58.5度と完全に危ない体感温度になってしまいます。

 

つまり体感温度は気温27〜28度を超えると湿度が高ければ高いほど過酷で危険な温度になるということです。

 

日本の夏では朝夜に気温がぐっと下がることはなく、湿度は高めで、30度を下回らない日も少なくありません。そうすると夜でも家の中の体感温度が35度以上になっていても不思議ではなく、そのため夜家の中でも熱中症は発生するのです。

 

 

これほど不快で過酷な日本の夏ですが、なぜか家づくりにおいて住宅会社が真剣に考えてきませんでした。

 

省エネ住宅の普及促進の中でも、断熱材や窓の性能向上は謳われていますがそれだけでは湿度のコントロールはできず、夏の不快な環境の改善は結局今でも部屋毎のエアコンをどう使うか、住む人任せなのです。

 

 

ヒノキヤグループでは、「Z空調」の開発販売を通じて冬暖かく過ごすことだけでなく、暑い夏をどう快適に健康的に過ごすかについても研究し提案しています。

 

玄関に入った瞬間から涼しい、夜も寝苦しさから解放されてぐっすり眠れる、風呂上がりやトイレでも汗をかかない、そんな理想的な住環境を実現していきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世界一過酷な日本の気候??

快適や不快を感じるのは温度だけでなく湿度が大きく影響します。

梅雨時期は雨が多く湿度は高くなりますが、温度がそれほど高くないためジメジメ程度です。しかし気温が30度近くになってくると高い湿度も相まって蒸し蒸し、汗がダラダラと不快さが増してきます。

 

”高温多湿”

 

気温も湿度も高い状態が日本の夏の特徴です。

湿度が高いため家の中でも夜でも蒸し暑く不快な状態が続くのです。

 

一方冬は“低温低湿”です。

湿度が低いため温度以上に寒さを感じるだけでなく、インフルエンザが流行したり、肌や髪が乾燥したりするのです。

 

このように夏は”高温多湿”、冬は”低温低湿”というようにいずれの季節も湿度が不快に働く日本は世界でもかなり珍しい気候だということをご存知でしょうか。

 

グラフ.jpg

このグラフはクリモグラフといって、縦軸に温度、横軸に湿度をとって線で結んだものです。ブルーの線は東京(日本)、オレンジはベルリン(ドイツ)を表していて、1,2・・・は月を示しています。

 

8月の東京は平均気温が27度位で平均湿度も73%位と高温多湿ですがベルリンの8月は気温が18度位と低く、湿度も70%位で日本の5月から6月の湿度と同じ位です。ベルリンの夏は日本と違って過ごしやすく爽やかなのです。

日本では夏になると家の中にいても熱中症になる人が多く発生しますが、これはまさに多湿のためで、低湿であればこのようなリスクはありません。

 

冬の1月はどうでしょうか。

東京は気温が4度位、湿度も50%少しと低温低湿なのに対して、ベルリンは気温が0度位ですが湿度はなんと90%近くあって低温高湿になっています。

同じ温度では湿度が高いと暑く感じ、湿度が低いと寒く感じますので、気温は東京よりベルリンの方が少し低くても、湿度が非常に高いため体感温度としては東京よりも暖かく感じるかもしれません。肌を突き刺すような寒さというのは気温だけでなく湿度が低いことが影響しているのです。

 

 

ヨーロッパの主要都市はだいたいベルリンと同じように、夏は低湿、冬は高湿な気候のため、日本のように蒸し暑くなく快適で爽やか、冬も気温程は寒く感じないというなんとも羨ましい気候なのです。

 

image11.jpg

 

昨年8月にスペインのバルセロナに行った時の事、日中の気温こそ30度近くでしたが湿度が低いためほとんど汗をかきませんでした。直射日光を避け日陰にいれば心地よい風が吹いてとても爽やかでした。また朝晩は24度位まで気温が下がるため非常に快適でした。現地ガイド曰く、家には暖房はあるがクーラーはないとの事でした。湿度が低いことで体感温度がこれだけ違うのだという事を実感しました。

 

 

アメリカ大陸はどうでしょうか。

image13.jpg

 

ワシントンは温度の差はありますが、1年を通して湿度はほぼ一定の70%未満と快適です。

サンフランシスコは湿度は多少高めですが、気温が20度以下でほぼ1年を通じて安定しており、こちらも快適です。

サンヂアゴはヨーロッパと同じ夏低湿度、冬高湿度型、リオデジャネイロは高温多湿ですが、寒さは全くありません。

 

 

暑さ寒さがしっかりあって、さらに湿度がより不快な方へ働く日本の気候、他の国に比べていかに過酷かということがわかります。

 

それではこういった日本の気候の下でどうすれば健康で快適な生活ができるのでしょうか。

 

この湿度対策は住宅の省エネ性能を向上させるだけでは対応できません。

Qa値をどれだけ高くしても、ZEH(ネットゼロエネルギー住宅)にしても、それだけでは湿度のコントロールはできないからです。

住宅の高性能化+最適な冷暖房機器を組み合わせることで初めて、この世界でも稀に過酷な日本の気候でも快適に生活できるのです。

 

夏の高湿度を下げるためには除湿機能つまりエアコンに頼る他ありません。

冬の低湿度を上げるためには加湿器を使用する他ありません。

 

つまり夏冬両方使えるエアコンをいかに効率的に使用するかが日本の気候でも家の中では欧米並みに快適に暮らせるかのカギなのです。

 

だからZ空調なのです。

 

Z空調なら1年を通して、家中隅々まで暖かく涼やか、夏の不快な高湿度もしっかり除湿してくれます。

冬の加湿だけは加湿器が必要となりますが、それは他のどの暖房器具を使っても同じことです。

 

Z空調が優れているのは、人がいる部屋もいない部屋も全ての部屋をほぼ同じ温度湿度にキープしてくれる点です。(夏の場合、冬は温度をキープ)

これまでの部屋毎エアコンでは、エアコンのない部屋は蒸し蒸し不快で汗が引かないだけでなく、エアコンを付けている部屋と付けていない部屋とで温度差が生じ、高湿の夏では結露するリスクがありましたが、Z空調はそういった心配もないのです。

 

 

梅雨が明けると蒸し暑い夏がやって来ます。

夏バテすることもなく、寝不足にもならないZ空調の家をぜひこの夏に体感下さい。

 

 

*ヨーロッパ、アメリカのクリモグラフは日本建材・住宅産業設備協会のホームページより

 

 

 

 

 


ITリテラシー

パソコンが会社で使われるようになって約25年、携帯電話、インターネットが普及して約20年、スマートフォンはちょうど10年になります。

デスクではパソコン、外出先ではタブレットやスマホというのが今の姿ですが、最近はデスクにいてもスマホを使っている時間が増えたのではないでしょうか。

インターネットサイトではスマホ専用サイトが見やすくなっただけでなく、スマホ自体がどんどん進化しているからです。

メール機能でも、スマホのメッセンジャーやLINEの方が、プッシュ機能や履歴が残る他形式的な文書も不要なのでパソコンのメールより遥かに使い勝手がよく便利になりました。

文字入力もフリックに慣れるとキーボード入力と遜色なくなってきました。しかもスマホの方が人工知能による予測変換はパソコン以上で、全角半角の変更手間もないことなどスマホの方がストレスがないという人も多いのではないでしょうか。

 

またインフラである通信環境も向上して、有線であることの必要性もなくなってきました。

 

これからの時代はあらゆる機器がインターネットに繋がっていく(IoT)と言われていて、そのわかりやすい例は自動運転車です。

アメリカの自動車メーカーテスラはこれまでテスラが走行した世界中の道路の情報を全てインターネットを経由してクラウドに収集していて、自動運転車はそこから様々な情報を解析してどの道路のどの車線を走るのが最適化を判断して走行するそうです。まさにビッグデータ、人工知能(AI)、そしてIoTを具現化したものです。

 

ソフトバンクの孫さん曰く、2018年には人間が将棋などでコンピュータに勝てなくなり、30年後には人工知能が人間の脳の100万倍に発展するそうです。グーグルの囲碁AI「アルファ碁」が世界最強者に圧勝して話題となりました。

 

これから10年先スマホはさらに高度化して、ビジネスでもパソコンが要らなくなる時代もそう遠くない気がします。

 

このような時代に我々はどのように考えていけばよいのでしょうか。

 

一言でいえば、「ITリテラシーを高める」ということです。

リテラシーとは少し聞きなれない言葉かもしれませんが、要は「ITを使いこなす」ということです。

 

仕事でパソコンは使っているが、プライベートでは特に必要としていないのでスマホは使っていないというのでは時代から取り残されてしまいます。ビジネスマンもこの便利でどんどん進化するスマホを使って、どう仕事を効率化できるか、時間短縮できるか、お客様とのコミュニケーションを高めて顧客満足度を上げるかを考え、実践する必要があります。

 

 

ホリエモンは最近の著書「多動力」で、「電話をかけてくる人間とは仕事をするな」を言っています。

電話は一方的に人の時間を奪うもの。そういった前時代のツールを使い続けているような人とは付き合わない方が良い・・・

 

彼特有のエッジの効いた表現ですが、確かに一理あります。

携帯電話が普及しいつでもどこでも電話が繋がる便利な時代ですが、だからこそ煩わしく、忙しい時に鳴らされると鬱陶しくも感じ、折り返す面倒さもあり、移動中など使えない時もあってストレスを感じることも少なくありません。

彼が言うように例えばアポイントメントを取ることなど大概のコミュニケーションは電話でなくLINEなどでも事足りる、LINEなら履歴も残り、いつでも送れていつでも見れてストレスもないということです。

お客様や社内でのコミュニケーションのあり方も考えさせられますね。

 

 

だからと言うわけでもないのですが、当社ではこれまで以上にお客様とのコミュニケーションを高めるために、業務用のLINEである「LINE WORKS」をいち早く導入、お客様と気軽にLINEでやり取りできる環境を整備しました。

今後はこのアプリを全ての社員に導入して、社内のやりとりはメールを廃止しようと考えています。

メール機能は取引先などとの連絡ではまだしばらくは残ると思いますが、10年後にはビジネスのやり取りも全てLINEのようなメッセージアプリに変っていくでしょう。

 

また業務効率化のためのシステム化やアプリケーションの導入も様々に進めていますが、その際も営業や現場監督などデスクワークでない社員が関わるものは全てモバイルでの入力や処理ができなくてはなりません。

そういった意味でも普段からスマホに慣れていないと何が必要か、どんなことができるか判断も想像もできません。

 

 

ITリテラシーを高めて、経営にしっかりと活かしていかなければこれからの時代生き残っていけないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


ビジネスマンの強い味方

そろそろ梅雨、そしてそれが終われば暑い夏・・

この時期ビジネスマンの悩みとしては、汗をかいたり、雨に濡れたジャケットやパンツのメンテですよね。

毎回クリーニングというわけにもいかず、アイロンかけも面倒。

でも臭いも気になる・・・

 

そんな悩みを一気に解決してくれる優れものご存知ですか?

 

medium_002.jpg

 

LGのスタイラーです。

スチームウォッシュ&ドライというキャッチが付いている通り、蒸気で洗って乾かしてくれるこれまでになかった全く新しい電化製品です。

以前から存在は知っていたのですが、今回購入して使ってみました!

 

 

medium_003.jpg

細長い冷蔵庫みたいな形ですが、高さは180センチくらいで幅は約40センチです。

しくみとしては給水タンクに入れた水を蒸気にして庫内を循環させながら、ハンガーを揺らして花粉などを除去、最後に乾かしてくれます。

 

medium_005.jpg

 

ジャケットやシャツを掛けるハンガーが2つ、扉にはプレス用にパンツを吊るすことができます。

 

ジャケットは何となくイメージがついたのですが、パンツにプレスが本当に上手くできるのかな・・??

正直半信半疑でした。

以前ズボンプレッサーも使っていましたが、線が二重になったりしてイマイチ上手く使えなかったからです。


我が家の写真

 

ところが、

このLGスタイラーでは見事にパンツプレスもできました!

ジャケットもシワが取れ、臭いや汗も気にならなくなるので、気持ちよく袖を通すことができます。

 

今では家に帰るとこのスタイラーにジャケットとパンツをセットするのが日課となり、これまでアイロン掛けをやってくれていた妻も手間が減って喜んでいます。

 

このスタイラー、例えば枕や帽子といった洗濯しづらかったものにも最適です。

ありそうでなかったこの分野での家電製品、本来であれば日本の家電メーカーに開発してもらいたかった分野なだけに少し残念な気もしますが、いずれにしても大満足なLGスタイラーです。

 

 


LGスタイラー
http://www.lg.com/jp/lg-styler

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/34 | >>

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others