ゼロエネルギーハウス 1662万円から販売開始!

V5-03_ZEH_400_300.jpg

桧家住宅では7/1より「ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)」を販売開始しました。



ZEHとは、1年間のエネルギー消費量が正味(ネット)ゼロとなる住宅のことで、「エネルギー基本計画」の中で「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と掲げられています。



つまり「国がこれからの新築住宅のあるべき姿として定めた住宅である」と言えるでしょう。

家計で消費されるエネルギーを正味(ネット)ゼロとするためには以下の式を成立させなければなりません。



発電エネルギー≧消費エネルギー



この式を成り立たせるには、太陽光パネルなどの設置で発電を大きくし、かつ高断熱化や高効率の設備機器や制御により消費エネルギーをできるだけ少なくすることが求められます。





桧家住宅は標準の基本性能が高く、高効率設備なども標準化していることから、他社と比べても少ない追加コストでZEH仕様を実現しました。

性能アップの主な標準仕様からの変更としては以下の通りです。



アクアフォーム(断熱材)の厚み増(壁、基礎75? 屋根160? *5〜7地域)

樹脂サッシ 遮熱Low-eペアガラス(アルゴンガス入り)

断熱玄関ドア



また次のような設備が追加付帯されます。



太陽光パネル5.74kW

HEMS

LED照明

高性能エアコン





これらを全部含めて追加金額は300万円(税抜)です。

もちろん特別なモニター価格でもキャンペーン価格でもない通常のオプション金額です。他社と比較していただくとその安さが理解いただけると思います。

3-4年前ならソーラーだけでもこれくらいの費用がかかっていました。それが、樹脂サッシやエアコン、LED照明になんといってもアクアフォームの厚みアップ、これらを全て含めての価格ですから非常に割安だと思います。



さらに、補助金も出るかもしれないのです!

ちなみに平成26年度は130万円もの補助金が支給されました。300万の追加の内130万補助金が付いたなら負担額はわずか170万円です!これならやらなきゃ損ですよね。

今年度の予算案は可決されていますが、現時点ではまだ具体的な金額等が明らかになっていません。ここは今後の発表を待ちたいと思います。





ZEHには設計上いくつかの注意点があります。



断熱性能を基準であるUA値を06以下にしなければならないと言う点から、窓面積を極端に大きくはできません。窓は壁に比べると断熱性が大きく劣ります。従って窓面積の大きさが一定を超えると数値が満たせない可能性が出てくるのです。



また間取り上でリビングの吹き抜けやリビング階段が2階や小屋裏収納と繋がっている場合は階段にドアを付け間仕切るといったことが必要となります。



またソーラーパネルの発電量の観点から、屋根の向きによってはパネルの増量が必要となります。







桧家住宅の中でも最もコストパフォーマンスに優れた「スマートワン」このスマートワンももちろんZEHにすることができます。

V2-01_ZEH_400_300.jpg

スマートワンZEHは、一番小さな延床面積26坪+小屋裏収納5坪のタイプで税込本体価格1662万円となります。



これからの新築住宅の指標となるZEH仕様。

将来の資産価値まで考えると検討する価値は十分あるのではないでしょうか。



暑い日が続いています。遮熱にも優れた快適な桧家住宅のモデルハウスでZEH仕様をぜひご覧になって下さい!






















桧家住宅 山形初オープン!

01ec621ad3f17c71d5c19ff52b37a90b76ad23b7d1.jpg



ゴールディンウィークに桧家住宅では山形県初となる展示場が山形市平清水にオープンしました。



リアルサイズのモデルハウス(向かって左)にショールーム棟(向かって右)を合わせた大きな展示場になります。

タイプはスマートワンで人気のスタイリッシュなオールインワン(AeV04-01)、ヒノキヤの魅力を存分にパッケージした42.75坪です。



018536f44c074f36383647fdbfeb016ab0ffef9bd5.jpg

展示場運営の山形新聞さんにはこのような大きな広告を入れていただきました!

山形初進出にふさわしい立派な広告です。山形新聞さん、ありがとうございます!



01c9d015940f9ef23f285a5749bff86c840cf041a8.jpg

広さ23.5畳のLDK リアルで程よい広さが体感できます。リビングには雰囲気たっぷりの間接照明



010363682ec79fbdd7211792fda872b557e39aef6e.jpg

ダイニングキッチンには、ヒノキヤオリジナルのクチーナグランデ&キッチンウォールキャビ



01acd2490de9715e35f9676ea1cb14f60265d1e562.jpg

2階の子供部屋と子供部屋の間には人気のスタディコーナー、各々が部屋に閉じこもらずに兄弟仲良く勉強できます。大きくなってプライバシーの確保が必要になった時には間仕切ることも容易にできます。



010374a16943aadd60c62df6aa3b383ec09b1fcbb0.jpg

屋上には大好評の青空リビング。開放的な空間でのパター練習は気分も違いますね!

山形市は山々に囲まれた盆地で屋上から見る風景はこのような感じです。



012efb780d07f3417324e6e5eddbf14c21898281bb.jpg

天気が良ければ蔵王の山並みを拝むこともできます。



その他コミュニケーションブリッジ、階段付き小屋裏収納、オリジナルの洗面ドレッサー、ママズルーム、土間収納などヒノキヤのアイデアが満載のモデルハウスです。



ショールーム棟も広く設備も充実しています。

01782eb9da086608934705b84768d545f4d0f8b7f0.jpg

ゆとりの広さのアクア&第1種換気システム”ココチE”コーナーでは、アクアフォームとグラスウールとの違い、屋根や壁、床下の断熱状況、換気扇本体やダクトなどを見ることができます。

初めて見た時誰もがアッと驚くアクアフォームが膨らむ実演もこちらで行っています。



010d9d75ad049529cac0a7bfcda2544e7dd3375890.jpg

ショールーム2階には標準キッチン2台の展示とタタミダイニングも体感いただけます。



018d49d51a7f882e3150e1a2dadd0cde7382135530.jpg

その他玄関ドアや内部建具、外壁材やサッシなど様々なサンプルをご覧いただくことができます。





山形は冬寒く雪が多いというイメージがありますが、盆地のため夏は東北一夏暑いそうです。

夏の最高気温は40度を超えたこともあるそうで、熊谷が日本一になる前はなんと山形市が記録を持っていたそうです。

夏は35度以上、冬は氷点下。山形は関東以上にアクアフォームの快適さを実感してもらえる地域ではないですか!



山形の皆様、本当にお待たせしました。

今年のゴールデンウィークは30度近くにまで気温が上がったそうですが、桧家のモデルに入るとエアコンも付けていないのにヒヤッと涼しく感じたと多くのお客様に言っていただいたそうです。





ヒノキヤ独自の様々なアイデアとオリジナル商材、快適でエコな高気密高断熱仕様、リーズナブルな価格設定などこれまでの住宅会社にはない桧家住宅の魅力をぜひぜひモデルハウスで体感下さい。



ちなみにこのスマートワンのリアルサイズのモデルハウス、本体価格は42.75坪で2085万円(税抜)です。

山形平清水展示場スタッフ全員で皆様のお越しをお待ちしております!

11150647_917907811600832_3225984652627764678_n.jpg




























アクティブガレージ 街スマ!

01d4ee424e20dad8df7cf558b1e57532743bffa415.jpg
さいたま市緑区に完成したアクティブガレージ(2G-1)の街スマです。

スタイリッシュな外観です。
左のイーゼルが置いてあるところがガレージになっています。
0146480a27ac3ea20d99af94e18fd1c377e23829d8.jpg
愛車を建物内に格納できますのでまず何より安心ですよね。
スタッドレスタイヤなども心配なく置いておけます。
またガレージの後ろには自転車やバイク、クルマをいじるための道具などを置くことのできる空間があります。

車を外に出せばインナーでありながら巨大なフリースペースが!
実は我が家も最近トイプードルを飼い始めたのですが、広いガレージは犬にとっても走り回れる絶好の遊び場になってますよ。

018952e12ebb74642808b283a438484abbafa30315.jpg

明るい2階のダイニングキッチンです。キッチンウォールキャビもしっかり装備しています。

0151b97698738de197c3be3ba8eb3f836a79ef3b38.jpg
リビングには嬉しいデザインウォールキャビ。奥行がスリムなので場所取らずで邪魔になりません。でも天井から床までたっぷりの収納力は、ついつい物が増えてしまうリビングダイニングには嬉しい限りです。

010b27e6892a6d23e12d0c8d436dddc2bb2d3fc231.jpg
屋上は18坪以上の広い広い青空リビング。

家の中なのに遊ぶところがいっぱいといった感じですね!

同じ分譲地内には新しいスマートワンV62棟の建築が進んでいました。
01667d8851b15df7498ab6f08f6d24f7b667cdc9c4.jpg
間もなく完成ですので、見学希望の方はぜひ桧家住宅の営業担当までお申し出下さい。


さいたま市緑区 街スマ「アクティブガレージ」はこちら
http://www.hinokiya.jp/wp/house_information/%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e3%81%95%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%be%e5%b8%82%e7%b7%91%e5%8c%ba%e4%b8%ad%e5%b0%be%ef%bc%93%e6%a3%9f

全エリアの街スマはこちら
http://www.hinokiya.jp/wp/land/list?p=saitama&t=house_information

宮城県注文住宅ランキング8位!

0122862473de541f46d17b91604e5c5aa15d3c07f1.jpg
リビング通信社に掲載の「2014年度上半期 宮城県持家着工ランキング」で桧家住宅は第8位にランキングされました!
これは2014年4月-9月に着工された件数のうち、注文住宅(お客様名での申請)と分譲住宅(会社名での申請)とを分けて表示されたもので確認申請のデータベースから抽出された信頼できるデータです。

県内注文住宅第8位ということで記事にするほどの話題??と思われるかもしれませんが、これは大変価値のあることだと思ってます。
と言うのも桧家住宅東北が宮城県に初めて展示場を出展したのは震災後の2011年7月、それから年間2-3カ所づつ展示場を増やし現在8カ所にまでになりました。
このデータにある昨年の4-9月着工というのは、その3か月〜6か月くらい前の2013年後半から2014年前半にご契約いただいた住宅が大半を占めます。
つまり初めて宮城に展示場をオープンしてからまだ2年〜2年半の時期、つまり展示場がオープンして間がないものも含めて4-5カ所しかない時にこれだけのご契約をいただいていたということになるのです!
同業他社の多くは震災前から県内に数多くの展示場を構え、震災直後から大量の受注残を抱えていましたので、その同業他社と肩を並べているのはすごいことだと思うのです!

宮城県では全く知名度も実績もなかった桧家住宅がこれだけ短期間のうちに実績を積み上げられたことに対して、宮城県のお客様そして協力工事業者の皆様に心より感謝申し上げたいと思います。
そして社員の皆さんにも敬意を表します。


我々が宮城に進出した時は震災直後ということで何もかもが異常な状態でした。
各社とも受注は1年分以上抱えていても思うように工事が進まず、1年以上先にしか着工できないということもありました。
そのような異常な状態の中で進出した我々にとっても工事業者を見つけることは至難の業でした。契約いただいても工事してくれる業者が見つからない、見つかったとしても非常に高い金額を要求されるというこれまでほとんど経験したことのない状況の中で、必死になって1社1社わずかな繋がりを伝手に工事業者を探していったのでした。
幸い我々の関東での実績を評価していただき、長い目でお付き合いを考えてくれる業者が1つ、また1つと増えて今日に至っています。


もう1つ驚いたのは、断熱性能や気密性能に対する認識が関東と変わらずそれほど高くなかったということでした。
宮城県は東京と比べて平均気温が約3度低く、特に冬の寒さは厳しいものがあります。
それにもかかわらずあまり断熱や気密に力を入れている住宅会社が少ないことが意外でしたが、我々にとってはそこは追い風でした。
アクアフォームの良さを最大限アピールすると、数多くのお客様に関心を持っていただき、寒い冬でも暖かく快適でしかも光熱費も安くなることを理解していただけたことがこの実績に繋がったのだと思います。
被害の大きかった石巻地区も2ヶ所の展示場でも数多くのご契約をいただいています。
過酷で不快な仮説住宅を経験された方ほどアクアフォームの快適さをより理解していただけるのだと思います。


震災から間もなく4年を迎えようとしています。
微力ではありますが“安心して快適に過ごすことのできる家づくり”を通してこれからも復興に貢献していきたいと思っています。
宮城の皆様どうぞよろしくお願いします。


<過去のブログ>
宮城発!仙台中山モデルハウスオープン!
http://hinokiya-blog.com/?eid=74












 

乗物絵師・轟友宏さんとのコラボ

013a41c7edc1ce5de9b0f8be11e13585efa4ce1bfb.jpg

乗物絵師・轟友宏さんとのコラボイベント「アクティブ・ガレージフェア」が始まりました。

10/26まで川越展示場、11/1〜16は流山おおたかの森展示場で轟さんの絵を飾っています。

この時期には桧家住宅の全展示場で、「塗り絵チャレレンジ」、「オリジナルステッカープレゼント」も行っていますよ!



0199c65d89a7dafbd92ecf3d6cc5cb2f72a39b83e7.jpg0165b7008943cf23bc9d68627b1097829b8e6baa5e.jpg



轟さんの独特な画風で描かれた車は可愛らしくて、POPで、見ているだけで心が穏やかになります。
カラフルな色使いも楽しく、キャンバスから飛び出してきそうな躍動感も感じます。

車って少し斜めからや横からだと描き易いですが、真正面から描くのって実は結構難しいそうです。そこをあえて真正面にこだわり、車の形、デザインによって多少角度を変えて、独特の“崩し”で車のイメージをキープさせたまま表情を付けていく、非常に高度な技術なんだと思います。



個人的にはクラシックな昔の車の絵が好きです。パッと見ただけでどこのメーカーかわかるような個性的な形をしているから一層轟さんの画風で引き立つのでしょうね。



01608ee726b8f0efe74491c9f376bf73f4791f8131.jpg



僕と轟さんは、フェイスブックで友人の紹介で知り合いました。

車好きの友人からの紹介だったのですが、一目見て僕もすっかり轟さんのファンになってしまいました。

機会が合ったら何か一緒にできると良いですね・・という話から何年か経過しましたが、今回のアクティブガレージ発売がきっかけとなってコラボすることになったと言うわけです。





01482cb6e40d233042afaf5c7127d9c5a683b301a7.jpg

絵が1つ掛かっているだけで白い壁が彩られます。



今回のキャンペーンでは、期間中アクティブガレージご成約のお客様にはもれなく轟さんの原画をプレゼントいたします。

もちろんその他の原画販売やオリジナル作品のオーダーも受け付けています。(別途料金必要)



ちなみに僕も今1つ作品をお願いしています。そこには家族全員と実車のナンバープレートも描いてもらえるようお願いしました。気に入った方はぜひご相談してみて下さい。



01da28e7815f99a7c17de79c4843b4e4e973b5d76b.jpg

轟さんは海外でも大変な人気でよく出られています。

昨年もイタリアのミッレミリア博物館で5か月間もの間個展を開き大変評判となったそうです。

日本人の若いアーティストが世界で活躍されることって嬉しいです。





01fefc97a2f6de73ccf37789426cb0e223733179ca.jpg



川越展示場にはなんと“川越線”の絵も飾ってありました。電車も可愛いですね!



絵を見るためだけでも遠慮なく展示場に遊びに来てください。


先日轟さんがわざわざ展示場に来ていただきました!
川越展示場の平野店長と
10734266_725680574172944_7023606352020854197_n.jpg

こちらはお客様へのプレゼントだそうです。
10411879_725680570839611_6701083733695041460_n.jpg
轟さん本当にありがとうございます!


アクティブガレージフェアについてはこちら

http://www.hinokiya.jp/wp/topics/201410/13118.html



川越展示場はこちら

http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000138



流山おおたかの森展示場はこちら

http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000026




 

「スマートワン」フルモデルチェンジ!

v_main.jpg

今月スマートワンが発売以来初めてのモデルチェンジを行いました!



スマートワンが発売されたのは平成20年9月ですから、6年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

おかげ様でスマートワンは発売以来の受注棟数は2000棟を超え、今では全体の25%を占める桧家住宅の看板商品です。

ソーラー付き、青空リビング付き(屋上)、アクティブガレージと年々その内容はグレードアップし、バラエティに富んだスマートワンへと変化を遂げてきました。



しかしスマートワンの基本的なコンセプトは発売開始以来今でも全く変わっていません。

住宅の基本要素である「性能」「機能」「デザイン」をバランスよく満たし、当社の商品の中でも最も「コストパフォーマンス」に優れた商品がスマートワンです。当社の商品の中・・・いや日本中の住宅の中でも最もコスパに優れた商品と言っても過言ではないと自負しています。



スマートワン最大の特長は「企画型住宅」、プランがあらかじめ決まってる点にあります。

「企画型住宅」といっても一般の方はピンと来ないかもしれません。わかりやすく言うと「間取りや仕様がパターン化されている住宅」ということになります。この対極には自由設計で材料から1つ1つ自由に選んで建てるような「建築家住宅」と言えるでしょう。

大手ハウスメーカーはもとより、年間30棟程度の住宅を作っている工務店であってもその会社の「商品」を持っています。

「商品」とは構造やキッチンや内外装などの仕様、設計の一定基準(設計ルール)が決められていて、それを前提とした坪単価設定がされているのが通常です。

そう考えると「商品」=「企画(規格)住宅」と言うことになるのですが、一般的に「企画型住宅」とはスマートワンのようなプランが最初からある程度決まっている商品の事を指します。



プランがあらかじめ決まっていることには、イメージし易い、価格が明快などといったメリットがあります。

しかし設計の自由度が低いことをデメリットと考える方もいるでしょう。



注文住宅で自由さをウリにしている会社のキャッチフレーズには次のようなものをよく見かけます。

“オンリーワンの家”

“世界に2つと同じ家はありません”

“一生に一回の家だから、あなただけの夢を叶えます”・・・・



なんとなく惹かれる言葉ですが、果たして全ての人にとってそれがあるべき家づくりなのでしょうか?

人それぞれ考え方や好み、そして予算も面積も異なります。

自由に好きなような作ったら良い家ができる、満足した家ができるとは限りません。

また家は不動産であり、価値をできるだけ持続させなければならないものという考えが欠落しているようにも思えます。

他人と違うもの、自分の好みを重視したもの、この世に2つとないといった家を作れば価値が上がるのでしょうか?

答えはNOです。

逆に普通な家よりも低くなると考えた方が無難でしょう。

家の価値がなくても財産がいくらでもある人はよいですが、大多数の人はそれでは困るはずです。



smartone_main_960px.jpg



オーダーメードの家と企画された家をスーツに例えてみるとイメージしやすいかもしれません。



高級生地を使って仕立てるオーダーメードスーツと生地はそこそこのもので作られた既製のブランドスーツ。

値段が同じだとしたらどちらを選ぶでしょうか?



一般的にオーダーメードスーツは最も贅沢で憧れだと言われますが、全てにおいてオーダーメードが優っているとは言えません。



その洋服屋で自分好みの格好良いデザインになるのか?裁断や縫製が上手く良い着心地感になるのか?といった不安がありますね。

一方既製服は実物があるのでデザインや着心地を確かめて買うことができます。袖丈やウエストなどのサイズ調整をすればジャストフィットできますので、生地に余程こだわりがない限り失敗になることはありません。

スーツは万一失敗しても次から気を付ければよいですが、家はそういうわけにはいきません。



既製服に自分の体形を合わせるように、間取りに自分の生活を合わせていければ、同等の金額で高い性能、使い勝手の良い機能、優れたデザイン、そして付加価値の付いた、快適で安全で価値の下がりにくい住宅を手にすることができるはずです。

生地さえ最高級ならデザインが流行じゃなくても着心地悪くても我慢すると言う人はいないように、家も間取りだけでなく、耐震性や省エネ性といった性能性、使い勝手や設備しようといった機能性、誰が見ても良いと思えるデザイン、更に最新の付加価値とそれを実現するのに適した価格といったバランスがとても重要だと当社は考えます。



それを具現化したのが「スマートワン」なのです。



洋服屋さんのようにはいきませんが、実物を見て触れる「街スマ」もどんどん拡充していきます。

もちろん気に入った方にはそのものを買っていただくこともできます。



柔軟性、魅力がさらに増した「スマートワン」を桧家住宅の展示場でぜひ体感下さい!


















































アクティブガレージ展示場続々オープン!!

c__.JPG
熊谷、流山おおたかの森に続いて8月30日川越に3カ所目のアクティブガレージ展示場がオープンしました!
土日2日間で400組を超えるお客様に来場いただきました。本当にありがとうございます。

何と言っても見どころはアクティブガレージです。
あ__.JPG
このように外からも良く見えるアクディブガレージ。お客様も興味津々、外から直接入ってくるお客様もたくさんいました。

ガレージではありますが、単なる車庫スペースではないと言う意図からあえて車は置いていません。
バイクや自転車、サーフィンやスノーボードにフィッシング・・・人生を豊かにアクティブに楽しむ人が家族や仲間と趣味を楽しむ空間として、また小さなお子様と雨の日でも遊べる場所として、もちろん車で出かけて買い物したものを濡れずに持ち込める利便性など・・・このインナーガレージにはたくさんの使い方とメリットがあります。

q__.JPG
__l.JPG
見るだけでワクワク、夢が広がりますよね!自由な発想でアクティブガレージをより魅力的なスペースとして活用いただきたいと思います。

もう1つ初めて提案があります。

s__.JPG

こちらは2階の子供部屋の間に作られたワークスペースのような空間が「スタディルーム」です。
これは子供部屋をあえて寝るだけの最小限のスペースにして、宿題をしたり本を読んだりするのはできるだけ家族と共有したスペースで行ってもらおうという提案です。
川越スタディールーム.jpg

最近はパソコンやスマホが当たり前となってゲームやラインなどのSNSが大人気ですが、そのためにお子様が部屋に閉じこもり切りになってしまうことに不安を感じている親御さんも多いのではないでしょうか。
間取りだけを見ると狭くて子供がかわいそうと思われるかもしれませんが、モデルハウスの実際の広さをみると4帖でも十分だという意見も数多くいただき、予想以上に好評でした!

このアイデアを、実際の広さをぜひ桧家住宅のモデルハウスでご体感下さい。


川越展示場はこちら
http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000138&flow=mc&bcCode=11

流山おおたかの森展示場はこちら
http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000026&flow=cd&bcParam=cateCd%253D%2526isDefaultSearch%253Dfalse%2526acode%253D%2526adetailcode%253D%252605%253D1

アクティブガレージの動画
https://www.youtube.com/watch?v=1SxbqE4yVDI






 

久留米初!オールインワン展示場オープン!

久留米市内に2店舗目、オールインワンとしては初めての久留米中央展示場がオープンしました。

運営はシアーズホーム(熊本)で、桧家住宅の展示場としては八代、久留米に次いで3カ所目となります。

GEDV0456.JPG

オールインワンとは、小屋裏収納、太陽光パネルそして青空リビング(屋上)の全てが装備された住宅のことで、桧家住宅のアイデアの中でも一番人気の商品です。

特に青空リビングは九州では初となりますので、プライバシーの守られた気持ちよい屋上空間をぜひぜひ体感下さい!



IMG_4232.JPG

ダイニングの上は吹き抜けになっていて開放感があるだけでなく1階と2階を繋ぐ役割も果たしています。



IMG_4227.JPG

2階からみたダイニング



GEDV0429.JPG

1階から2階へはカツデン社製の桧家オリジナルスリット階段 その左には中庭のウッドデッキが見えます。



久留米中央展示場の間取りでぜひ着目していただきたいのは、奥様に嬉しい家事動線です。



久留米中央_図面切り出し.jpg

キッチン横のパウダーコーナーには桧家オリジナル横幅120センチの洗面ドレッサー、大きな鏡を見ながら座ってヘアスタイルを整えたり、メイクができると奥様から大好評です!



GEDV0418.JPG

その奥にはランドリースペースがあり、収納スペースもたっぷりと確保されています。洗面スペースと脱衣スペースとが分かれていますので広さがあり使い勝手は格段に向上しています。



パウダーコーナーからは物干しデッキが繋がっていて、洗濯から物干しまでの動線が短くて快適です。またこの物干しデッキには屋根が掛けられていて、外出中の急な雨にも洗濯物が濡れる心配がありません。

仕事されている忙しい奥様は、洗濯機を回し、お料理をしながら、外出の身支度・・といくつものことを同時に行うこともあると思いますが、この動線なら行ったり来たりが少なくて大変便利です。

動線が悪いと日々の生活が不便に感じます。実際の目でこの動線を確認してプランニングに役立てて下さい。



IMG_4244.JPG

元気で明るい久留米中央展示場のメンバー



IMG_4252.JPG

シアーズホームの丸本社長、久留米中央展示場の玉城店長(左)、熊本八代展示場の牛島店長(右)



丸本社長はいつも前向きで高い目標を掲げて社員を引っ張っています。前期の決算も過去最高と絶好調!九州ナンバー1ビルダーを目指して積極的に福岡県内の展開を進めていく方針です。

僕もFC事業部のスタッフ達もシアーズホームの社長や社員の皆さんと話をすることでいつもたくさんの元気を頂きます。地域地域で頑張る者同士、仲間として互いに教え合い、切磋琢磨できる素晴らしい関係だと思っています。



DSC01928.JPG

久留米市内の工事事務所にもオレンジの看板 目立ちますね!





週明け出社したらシアーズの皆さんから手書きのお礼状が届きました。

きっとこの気遣いがお客様にも伝わって素晴らしい成果に結びついているのだと改めて感じました。



今後福岡市内、鹿児島、北九州と新展示場計画目白押しです。

九州地区でも桧家旋風が吹き荒れますよ!










大盛況!!“スマート・ワンDAY”

先日開催されたスマートワン見学会「スマート・ワンDAY」には、我々の予想を大幅に上回る184組ものお客様に来場いただきました!本当にありがとうございました。

IMG_5469.JPG

こちらは都賀(千葉市)の分譲地内に完成したばかりの“街スマ”です。タイプは小屋裏収納、ソーラーパネル、青空リビング(屋上)が全部入ったオールインワンです。

僕が到着した午後1時半頃、なんと5組ものお客様が同時に見学しておられました!40坪弱の建物ですから中は大混雑状態でしたが皆さんとても熱心に見学していただきました。

当日は天気が良く昼の気温は30度近くにもなっていました。狭い建物内に一度に多くの方が入られましたので、通常であれば温度や湿度が上がって不快になるのですが、スマートワンにも標準装備の桧家オリジナル熱交換型24時間換気「ココチE」のおかげで不快さをほとんど感じることはありませんでした。

「ココチE」は、外から新鮮な空気を室内の温度と差のない温度にして取り入れ、家の中に送って空気を循環させ、排気します。特にこれからの季節、暑く不快になりがちな小屋裏収納にもダクトを通して新鮮で階下の部屋と同温の空気が送り続けられていますので、従来の第3種換気の小屋裏収納と比べてその快適さは比較にならないほどでした。
IMG_5258.JPG
この丸い吹き出し口から新鮮な空気が送り込まれています。

IMG_5477.JPG
ソーラパネルも南向きについています。

IMG_5473.JPG
大人気青空リビングも!

IMG_5475.JPG
2階にはオリジナル洗面ドレッサー

この都賀の街スマを大変気に入っておられたお客様とその後幕張の街スマでもお会いしました。
ご主人様も奥様も幕張をご覧になったとたん、「この街スマが欲しい!」と都賀以上に幕張を気に入られたご様子。
せっかくなので僕もご挨拶をさせていただいたところ、「社長のブログも見てますよ!」と何とも嬉しいお言葉をいただきました。
「屋上も、小屋裏も、ソーラーも全部欲しいんです。桧家さんのオールインワンのカタログに書き込むくらい見てますよ。奥さんがサーフィンをするのでこの土間収納と納戸はぜひ欲しいですね。しかも場所も実家に近くベストです!」とこの街スマの場所、間取り、プランを大変気に入っていただきました。

そこまで商品を熱心にご覧になり、気に入っていただけるなんて商品を考えている我々にとってそんな嬉しい話はありません。甚く感動したお客様との出会いでした。ありがとうございます。


さて大好評につき「スマート・ワンDAY」は今後も定期的に開催することになりました!
次回は7月19日の予定です。
お引渡し前の完成したスマートワン、実際に住んでいらっしゃるスマートワン、街中にある“街スマ”と様々なバリエーションのスマートワンをご覧いただけます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

スマート・ワンDAYについてはこちら
http://www.hinokiya.jp/oneday/index.php

都賀の街スマはこちら
http://www.hinokiya.jp/wp/land_information/201311/9433.html

ココチEはこちら
http://www.hinokiya.jp/premium/kaiteki.html








 

“スマートワン・アクティブガレージ”完成!

新商品「スマートワン・アクティブガレージ」のモデルハウスが熊谷(埼玉県)に完成しました!

IMG_5445.JPG
いかがですか?
カタログのパースと同じ仕上がりに僕もビックリです(笑)
家の中にこんなガレージがある生活・・・毎日がわくわく楽しくなりますね。

IMG_5446.JPG
自転車やサーフボードにスキーなどアウトドア用品をお店のようにディスプレイしています。
雑然と収納するよりも見た目もすっきり、しかも実用的です。
IMG_5448.JPG
シェルフにはお気に入りのグッズやちょっとした小物を。椅子に座って家族や仲間と趣味談義に花が咲きそうです!

IMG_5449.JPG
車やバイクをいじる人にとっては工具の収納も悩みの一つ。これならすっきり片付きますね。
IMG_5455.JPG
好きな愛車をリビングからいつも見続けることができますよ!
雨の日などはお子様の遊び場にも最適なガレージ。これならお母さんからも見えて安心です。

IMG_5453.JPG
ブラックの「クチーナグランデ」が映えてます。ホワイトのキッチンウォールキャビとも相性良いですね。

IMG_5457.JPG
開放感あふれるリビングの吹き抜け
IMG_5464.JPG
リビング、ダイニングに収納力とデザイン性を兼ね備えた「デザインウォールキャビ」を配備。これだけあればリビングダイニングに増えがちな物やお子様の勉強道具もたっぷり収納できて部屋はいつもきれい!奥様の悩みも解決です。
IMG_5462.JPG
階段も桧家オリジナルのスケルトン階段。どうしても閉鎖的になってしまう階段室を明るく開放的なスペースにしました。
この宙に浮いているような踏板、デザイン的にもお洒落ですね。
IMG_5441.JPG
外観はこのような雰囲気です。
このアクティブガレージなんと、青空リビング(屋上)も小屋裏収納もソーラーパネルまでついているんです!
IMG_5459.JPG
オールインワン+ガレージの最強スマートワンです。

見所満載、夢が膨らむ「スマートワン・アクティブガレージ」
ぜひご覧になって下さい。

このモデルハウスのプランは2C-01になります。
http://www.hinokiya.jp/products/smartone/a_garage.php#tab02

熊谷展示場はこちら
http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000059&flow=mc&bcCode=11



 

<< | 2/9 | >>

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others