空気が違う!第一種換気システム

桧家住宅の今年オープンした展示場には、桧家オリジナル第1種換気システム「ココチE」が搭載されています。



新しい展示場に行ってある営業担当に「新しい展示場はこれまでと何が一番違う?」と聞いてみると、「空気が違います!」という答えが返ってきました。



空気の違い・・・僕も含めて鈍感な人にはなかなかわかりにくいかもしれませんが、室内の空気が違うというのです。







ここで第1種換気システムの説明をしておきましょう。



第1種換気システムは、機械給気・機械排気する仕組みです。給気も排気も機械で行うためもっとも計画的に換気ができるシステムと言えます。また給気した空気と排気する空気の温度や湿度を再利用して温度差の少ない空気を取り込める熱交換型とすることもできます。性能を考えれば熱交換型の第1種換気がベストです。

cocochi_e.png

デメリットはやはりコストです。取り込んだ空気を部屋に流し、また集めて排出するためにどうしてもダクトが必要となります。壁の中や天井の上にはタコが家に座っているように空気のダクトを配備しなければなりませんので、そのような材料や施工コストは第3種換気と比べて高額となってしまうのです。











さて「空気が違う」と言う話ですが、考えられることは2つです。



1つは第3種換気と比べて第1種換気の方が計画的に換気がなされているということです。



常に機械が作動していて、天井に設置された給気口から新鮮な空気が送り込まれている第1種換気の方がそれを感じ取れるのだと思います。オフィスビルやホテルなどと全く同じとイメージするとわかりやすいですね。



IMG_5258.JPG



小屋裏収納に付けられた給気口 ここから新鮮な空気が常に出ています。







2つ目は熱交換されることにより家中の温度湿度が一定近くなるということです。



夏場の小屋裏収納は1階の部屋に比べると暑くなります。しかし1階だけを冷房していたとするとその冷たい空気が排出されるときに熱交換され、取り込んだ空気の温度を下げますので小屋裏に送られる空気の温度は実際の室温より少し低い温度となるのです。この機能は第3種換気では有り得ません。熱交換型第1種換気ならではのメリットと言えます。







たまに“全館空調”と“第1種換気”とを誤解される方がいますのでその違いにも触れておきましょう。



一般的に全館空調と呼ばれるものは、第1種換気に冷暖房機能が備わった設備と理解して下さい。つまり換気をしながらその空気を一定温度に冷やして(暖めて)家中の室内温度を一定に保つ設備のことです。人のいる部屋もいない部屋も、リビングでも洗面所でもどこもが夏場なら冷房された(例えば25℃前後)状態に保たれていますので快適さを求めるならばこれ以上の仕組みは他にありません。



熱交換型第1種換気だけでは冷暖房機能はありませんので真夏や真冬になれば各部屋毎に冷暖房する必要はありますが、従来の第3種換気の家と比べれば、温度設定をエコモードにしたり付ける台数が少なくても快適に過ごせるくらいの違いはあると思います。











前回のブログで24時間換気について、住む人のためと建物の耐久性のために必要だと書きました。



アレルギーや花粉症のひどい人にとっては新鮮な空気、フィルターを通った空気の違いは敏感に感じられその価値は大きなものに違いありませんが、それは建物にとっても同じことが言えます。



僕は数年前お客様の家を下取りした時のことを今でも鮮明に覚えています。



築17年でまだ十分きれいな家でしたので、壁紙や水回りなどを交換して中古住宅で販売しようと考えましたが、念のためシロアリ被害がないかどうかチェックをしました。



1か所の石膏ボードをはがし壁の中を開けた時です。目の前に全く予想もしなかった光景が広がっていたのです。

壁の中のグラスウールは、湿気で真っ黒にカビてずり落ちて下部に溜まり、断熱材が全く機能していなかったどころか、石膏ボードの内側までカビが付着していて目を覆いたくなるほどの状態でした。そこに住んでいた人はそんな惨状を知らずにカビに囲まれて暮らしていたわけで、それが原因でアレルギー症や体調が悪くなっていたとしてもおかしくないくらいの状態でした。



日本の高温多湿の気候の下で、人間の体や建物を健康で長持ちさせるためには湿気対策が非常に重要で、そのためには住宅の高気密高断熱化+24時間換気がしっかりと機能していることがその鍵であるということを改めて感じます。

どちらかと言えばその目的がわかりにくく、関心度が高くない24時間換気ですが、その重要性をより理解してもらえるよう我々も努めていきたいと思います。



桧家住宅では1会場内で第1種換気のモデルハウスと第3種換気のモデルハウスの2つがある展示場があります。空気の違い、快適さの違いを比べて体感下さい。





久喜展示場:http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000130&flow=mc&bcCode=11

立川展示場:http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000131&flow=mc&bcCode=13

宇都宮インターパーク展示場:http://standard.navitime.biz/hinokiyajutaku/Spot.act?dnvSpt=S0143.0000000090&flow=mc&bcCode=09





オリジナル第1種換気快適空間システム販売開始その1(ブログ):http://hinokiya-blog.com/?day=20130516

オリジナル第1種換気快適空間システム販売開始その2(ブログ):http://hinokiya-blog.com/?day=20130520


























 

気密性が悪いと換気できない??

最近の新築住宅には24時間換気が義務付けられています。
居室に外部から空気を取り入れるための穴が開いているのをよく見かけますがそれが24時間換気の給気口です。

なぜ24時間換気が義務付けられたのでしょうか?
平成15年の建築基準法改正を見てみるとその理由はズバリ「シックハウス対策」です。
建材などから発生するホルムアルデヒドなどによって気分が悪くなったり、目がちかちかしたりといった影響を受けないために24時間換気が制度化されたのです。

しかし皮肉なことに時を同じくして住宅で使用される建材はホルムアルデヒドの拡散が最も少ない基準のF☆☆☆☆が一般的となり、換気扇の力を借りなくてもシックハウスの心配はほとんどなくなりました。
そのため何のための24時間換気??というようにわかりづらくなったのも事実です。

その後今度は建物の高気密高断熱化が広まってきました。
気密性が高まると機械的に換気しないと空気が入れ替わりませんので結果的に24時間換気の必要性が高まったのですが、その認識はあまりされていないように思います。

24時間換気の必要性は次の2点です。
・住む人にとって快適で心地よい空間とするため
・建物(ハード)の耐久性を高めるため

もし気密性の高い建物を人が全く出入りせず窓も開けずに放置したらどうなるでしょうか?
高温多雨の日本の気候では湿気が入り込み、室内壁や壁内がカビていくでしょう。水も空気も流れずに澱んでしまうとカビや腐りの原因となって悪影響を及ぼすのです。
昔の家は気密性がなく“スカスカ”でしたから換気扇の役割はトイレや台所の臭いや湿気を排出するためで、室内の換気の役割はありませんでした。しかし今の家は昔の家よりはるかに気密性が高くなっていますので、24時間換気がしっかりと機能していないと家中の空気が入れ替わらないということになってしまうのです。

さて前置きが長くなってしまいました。
現在最も一般的な24時間換気は「第3種換気」というタイプで、各部屋に開けられた給気口から新鮮な空気を取り込み、その空気が部屋から部屋のドア下の隙間(アンダーカット)や欄間を通って台所やお風呂、トイレなどにある換気扇から外に排出される仕組みです。自然吸気機械排気というシンプルな換気システムでコストも安いことから最も普及しているタイプです。

建築確認申請上は所定の位置に換気扇や給気口が配置されていれば問題なく認可されるのですが、問題は本当に空気が流れているのか??ということです。
__.jpg
「エコハウスのウソ」前真之著より

東大の前先生の本にもありますが、建物の気密性がしっかりと取れていないと換気扇の近くの隙間から空気を取り込んで排出してしまい(ショートサーキット現象)、居室の空気が入れ替わらず滞留してしまうと言う現象が起こるのです。これでは換気扇は以前の家と同じ台所やトイレの臭気や湿気を出す程度の働きにしかなりません。

これは”穴の開いたストロー理論”を考えるとわかりやすいです。
穴の開いたストローでは水を吸っても途中の穴から空気を吸うだけで、全く水を吸うことができません。この原理と同じことが隙間の多い建物の換気にも言えるということなのです。

それ以前の問題として24時間換気の必要性がわからず換気扇のスイッチを切ってしまう人もいるのではないでしょうか。
特に冬寒い空気が入ってくるのが不快という理由で給気口を蓋してしまう話をよく聞きますが、換気を止めてしまうと気密性の高い住宅では部屋と外部との温度差で結露が発生しやすくなってしまいますので要注意です。新しい家なのに結露が!というクレームを当社のお客様からもたまにいただきますが、気密性の高い家であるが故に換気をしっかりと行う必要があるのです。

それではどの程度の気密性が必要なのでしょうか?
kankikai.jpg
このデータはインターネットから抽出したものですが、この資料によると気密数値(C値)は1だとしても給気口からの給気量、つまり各部屋から取り込む空気量は50%程度、次世代省エネ基準や住宅エコポイントの基準である省エネ最高等級(4地域)のC値5では15%程度しか取り込めていないことになります。

最高等級でも十分に24時間換気が働かない・・・この点は再考してもらいたところですが、残念なことに気密性を示すC値は実測しなければ測れないことから新たな省エネ基準からは外れることになりました。
本来ならばとても重要な数値なのですが、これでは本当に快適でエコ、長持ちする住宅を作るための目安となる基準がわからなくなってしまいますね。

ちなみに屋根、壁、床下をアクアフォームでしっかりと包むように断熱気密している桧家住宅、桧家不動産の建物はC値が0.7程度ですので、70%近く給気口から空気を取り込めていることになりますので安心です。

次回は桧家住宅が標準採用した「第1種換気」について書きたいと思います。






















 

家中温度差なし 快適!全館空調

毎日寒い日が続いていますね。
首都圏でも寒いのは12月から2月のわずか3か月なのですが、朝起きる時、着替える時、お風呂に入る時・・・辛いものです。

寒いのは我慢すれば良い!と考えるかもしれませんが、ヒートショックで亡くなる人が年間14000人もいると言うデータがあります。我慢して命を落としては何の意味もありません。
特にお年寄りや病人のいる家庭ではこのヒートショック対策を真剣に考えなければならないのではないでしょうか。


我が家には全館空調が入っているので寒い冬でもとても快適です!

全館空調??
あまり聞きなれない名前かもしれません。簡単に言うと建物中24時間365日冷暖房が効いていて常に一定温度を維持してくれる空調機器です。
リビングもキッチンも洗面室もトイレも寝室も一定温度にキープされている、オフィスやホテルのようなイメージですね。

zu_f.jpg


ちなみに我が家では今の時期は起きている時間は20℃、寝る時は18℃に設定しています。温度が低いと思われるかもしれませんが、それで長袖のTシャツ1枚で過ごせます。寝る時は毛布が要らないくらいです。
朝起きる時も着替える時もお風呂に入る時も出た時も全然寒くありません。
常に温度が一定なので外が寒いのかそうでもないのかということが家の中にいると全く気づきません。テレビの天気予報を見ないと外の気温の変化がわからないくらいです。


冬だけでなく蒸し暑い夏も快適です。家中どこも24℃くらいに冷房が効いています。トイレが暑い、玄関が暑い、クローゼットや洗面脱衣が暑いということがありません。


誰もいない部屋をずっと冷暖房するなんてもったいない!
きっと多くの人がそう思ったでしょう。
何度も言いますがもったいないからといって健康を害しては何の意味もありませんが・・

それはそれとして実際もったいないのでしょうか??
桧家グループが推奨しているアズビル社のきくばりという全館空調(我が家も使っています)では、月平均の電気料金が5261円(年間約63000円)だそうです。(30-40坪タイプ)

年間6万円は高いですか??
エアコンや床暖房、ガスストーブなどを使っている一般の家庭でもそのくらいかかっているのではないでしょうか?
付けたり消したりせずに、ずっと付けているから意外に電気代が高くないのです。もちろんそのためには建物の断熱性気密性が高いことが絶対条件ですが。


アメリカで暮らしたことのある方は全館空調の快適さをよく知っています。アメリカではごく一般的に普及しているからです。
ヨーロッパの寒い地域では全館暖房が当たり前です。部屋ごとの局所暖房はありません。
経済大国日本なのに今でも局所冷房、局所暖房が普通で、機器のない部屋は我慢・・不思議ですよね。

なぜこの時代になっても我が国で全館空調が普及してこなかったのでしょうか?


理由は3つある思います。

1つは日本の建物の断熱気密性能が低いからです。
最近やっと省エネルギー性能が注目されてきましたが、それでもまだ断熱気密性能が低い住宅がたくさん作られています。
全館空調は特に気密性能が高くないと効率が落ちて、効きが悪いとか電気代が高いといったことに繋がってしまいますので建物の省エネ性能が高いことが大前提になります。
桧家の家なら補助冷暖房なし、全館空調のみで年中快適です。

2つ目は電気代が高いことです。
快適とはいえ月々2万も3万もかかるようでは一般的にはなりません。
しかしここは技術の進歩と建物の性能向上により上記したようなランニングコストまで落ちてきたことでクリアしてきたのではないでしょうか。
ちなみに我が家は60坪近くの面積で月平均1.2-3万円くらいです。

3つ目は設備機器の価格が高価な事です。
これも考え方次第ですしメーカーの努力で随分価格が安くなってきました。今では高性能エアコンを全室に付けるとすればその差は大きくありません。それに加えて床暖房を広く設置するとなると同じか逆転するかもしれません。


全館空調のメリットは何でしょうか。
健康で快適なことが何より一番ですが、それ以外にもあります。

まず見た目がすっきりしていることです。
__1.jpg

ホールについた吹き出し口です。このような吹き出しが各室についているだけですので見た目にもすっきり、場所もとりません。


花粉やハウスダスト、PM2.5も除去してくれます!
全館空調には冷暖房+24時間換気の機能もあります。外から新鮮な空気を取り入れ家の中の空気と入れ替えてくれるのですが、その際花粉やハウスダストを除去してくれますので常に家の中の空気を綺麗な状態に保ってくれるのです。
アレルギー症状のある方や敏感な方には特におすすめしたいです。

__.jpg
ここから空気の吸い込んで排出しています


エアコンのような不快な風がありません。
常に一定温度にキープするよう機器がずっと動いていますので不快な温風や冷風にあたるということはありませんし、部屋の中、上下での温度差もほとんどありません。



今の時代、我慢することだけがエコではないと思います。
いかに快適さをエコを両立するかが求められています。
桧家住宅の家はまさにこの快適さとエコ、さらに低価格までも両立した住宅です。

全館空調なら桧家住宅。全館空調の入ったモデルハウスやアズビルのショールームを一度体感されてはいかがでしょうか。


アズビルの全館空調“きくばり”
http://www.kikubari.com/index.html

アズビルのショールーム
http://www.kikubari.com/showroom/index.html

ブログ:ヒートショックにご注意!
http://hinokiya-blog.com/?day=20131218


 


暑い夏の夜、快眠できていますか?

毎日暑い日が続いていますが、皆さん夜はぐっすりと眠れているでしょうか?

今の我が家はアクアフォームでしっかりと屋根断熱した“暑さ対策万全”の家ですのでおかげさまで“快眠”できていますが、以前住んでいた家はその真逆の家で今でも当時の夏の寝苦しかったことを思い出します。


10年ちょっと前に新築した家は以下のような家でした。

・断熱材はグラスウールでもちろん天井断熱
・2階の寝室は西側でバルコニーに面した大きな掃出し窓があった


当時はまだ高気密高断熱といった仕様もなく、関心もあまり高くなかったため今では考えられないような家でした。
我が家はとにかく家を明るくしたいという要望が強く、光が燦々と降り注ぐ家が良いという発想でしたので、その結果昼間は全く照明の要らない明るい家にはなりましたが、夏の夜は本当に地獄のような家になってしまったのです・・・

寝室は屋根裏にこもった熱と、西に面した大きな窓から取り込んだたっぷりの太陽熱とでまさに“温室”状態、その暑さは2階に上る階段の途中でも感じることができるくらいでした。
そのため寝る1時間以上前からエアコンを20度位に設定してフル稼働させ、睡眠中も23-25度位にして朝まで付けっ放し、それでも気密性の悪い家ではエアコンの効きも悪く、夏の電気代は35坪くらいの家にもかかわらず3万~4万円はかかっていました。快適には程遠いのに、電気代は高く、エコロジーにもエコノミーにも反した生活だったと思っています。

その時の経験があるから今の桧家住宅のエコな家があると言っても過言ではありません。

そこでこれから家を作る方には“夏快眠できる家”とするため次の事には留意することをおすすめしたいと思います。


・西側に面した2階の窓は大きくしない。
・西側にバルコニーを設ける場合出入は掃出し窓ではなくテラスドアで対応する。
・ガラスは遮熱Low-eを必ず使う。
・やむなく掃出しや引違いの窓を使う場合はシャッターを付ける。(昼閉めておけるように)
・断熱は屋根断熱にする。

“夏快眠できるエコな家づくり”は桧家のモデルハウス、分譲現場までお問い合わせ下さい。


それではもう既に建ててしまった場合はどのように対応すればよいのでしょうか。
暑いときは窓を開けるというのがまず思い浮かびます。
外から涼しい外気を取り込んで室温を下げるということですが、当然ながらこれは外気温が涼しい場合に限られた話です。また住宅が密集した都市部では窓を開けたからといって風が室内にどんどん入ってきてくれるわけでもありません。ましてここ最近は熱帯夜が当たり前、夜でも30度以上という日もめずらしくないのが現状です。通風による過剰な効果は期待しない方が良いというのが「エコハウスのウソ」の著者でもある東京大学の前先生の考え方です。

前先生はそれよりも昼の日射をいかに抑えるかを重視した方が良いと主張しています。
先生の実験からは日射を遮蔽するには外付けシャッターやすだれといった窓の外部に取り付けるものの方が内側に付けるブラインドや遮熱シートよりも効果があったそうです。
当然エアコンの効きも良くなり、電気代も安くなりますのでいろいろな方法を合わせ技で試してみるのもいいかもしれませんね。













環境カウンセラー 片亀光さんとお会いしました

IMG_3795.JPG

テレビ、雑誌などのメディアでの大活躍されている環境カウンセラーの片亀光さんとお会いしました。

実は片亀さん、桧家住宅でご自宅を建築していただき、この4月にお引渡ししたばかりです。
そしてそのご自宅をレギュラー出演されているTBS「ひるおび」(月〜金11:00〜)の5月1日放送で披露していただきました。

環境カウンセラーとして自らエコな住まい方を実践、提唱されている片亀さんですので、ご自宅も相当なこだわりをもって作られました。
そのパートナーとして桧家住宅を選んでいただいたことはとても光栄なことだと感謝しています。

桧家住宅を選んでいただいた一番の決め手をお聞きすると、それは「基礎断熱」ということでした。
冬の期間外の寒い空気が床下に侵入してくることで底冷えする寒さを防ぐための「基礎断熱」に以前から着目され、「基礎断熱」で施工できる住宅会社をまず探されたそうですが、意外に多くなく、たまたま当社と出会ったそうです。
まだ冬を経験していませんが、今年の冬がとても楽しみだとおっしゃっていました。

毎日の室内外の温度を計測し、記録されているノートを見せていただきました。
外気温が28度位の時に、室内で一番温度が高くなる小屋裏(屋根裏)の温度が23度と外より低いことにとても驚き、アクアフォームとアルミで遮熱の「Wバリア工法」のおかげだと大変満足されていました。

テレビでも紹介されていましたが、片亀さんのお宅はエアコンが1階に1台、2階に1台の2台しかありません。2階は各部屋のドアを開けておけば十分快適だと同居のお嬢さんもテレビでコメントしていました。
建替える前のお宅でも省エネ生活を実践され、月々の電気代はわずか3千円台!
断熱性気密性が比較にならないほど良くなっていますので、冬でもファンヒーターなど使わずこの2台のエアコンだけで十分快適に過ごせるのではと期待されていました。

1か月住んでみて、建物が以前の住宅より約2倍の広さになったにも関わらず光熱費はほとんど変わらないということにも大変驚かれていました。
1年を通して生活してみて建物の性能による効果がどの程度あるのかをデータを集めて来春には本を出版したいとのことでしたので、今からとても楽しみにしています。

省エネライフは光熱費だけでなく節水にも徹底してこだわっています。
お風呂の残り湯をポンプで集め、外に設置したタンクに集め、トイレの排水に使用しています。このシステムはグループ内のリフォーム会社桧家リフォーミングでお手伝いをさせていただきました。
水道代のコストというよりも水も無駄にしないという節約意識の問題だということですが、自らの生活体験を通してテレビや雑誌などでコメントされている片亀さんらしい取組みだと思います。
そのお手伝いができたことを我々も嬉しく思っています。


環境カウンセラーとして身近な節約術から企業への節電へのアドバイスなど、片亀光さんのますますのご活躍を期待し、応援していきたいと思います。














ソーラー3.5kwhで80%が光熱費ゼロ!!

有効物件数            79件
平均月数            18か月
電気代(月)        8,884円  *オール電化のためガス代は無し
売電(月)         13,113円
収支                 4,229円のプラス
ソーラー平均      3.55kwh
坪数平均             37.8坪

光熱費ゼロ数      65/79件
光熱費ゼロ率        82.2%


これが桧家住宅のお客様の実データです!
約3年前からお引渡ししたお客様にご協力をいただき、毎月の電気代及び売電の明細を収集しています。上記データは1年以上継続してデータを提出いただいたお客様79件の平均値ですが、1年未満の方も含めるとサンプル数は225件にまでなっています。

そもそもなぜこのようなデータを集めようと思ったのかというと・・・

住宅会社の省エネ性能には「省エネ等級4等級」という最上級のグレードがあり、Q値(断熱)やC値(気密)といった目安となる数値があります。
しかし実際は、1棟1棟の住宅の数値を測定するのではなく「仕様規定」に基づいて設計・施工していれば等級もクリアできてしまうのが実態なのです。

住宅会社が、「うちのQ値はこんなに優れていますよ!業界トップレベルです!」と言ってもそれはあくまでもシュミレーション上の最も優れた数値であって、車の馬力のようにお客様の住宅でも必ず同じ数値が出るというわけではありません。

つまり我々が言うのも何ですが、この等級あてになるものとは思っていません。相対的に性能が良いといった程度の目安です。従ってアクアフォームを使って断熱気密した当社グループの住宅で実際どの程度の光熱費で生活できているのか、光熱費を本当に節約できているのかどうかといったことは、お客様からいただく生のデータを見なければわからない・・・・と思ったからなのです。


サンプル数の少ない時はあまり信憑性もありませんでしたが、1年以上が79件、1年未満も含めると225件ものデータが集まってくるとそれなりに説得力のあるデータになってきました。
ちなみに225件中の181件、80.4%の世帯が光熱費ゼロとなっています。


光熱費ゼロを実現するには、2つの方法があります。
1つは断熱気密性を高め、省エネ家電、LEDランプなどを使い節電をして消費電力を抑えること。
もう1つは大容量のソーラーパネルを設置して売電を膨らまし消費電力を上回らせるやり方です。

個人的にはバランスが重要と考えます。
住宅の高気密化高断熱化は時代の流れですし、後戻りはできません。節約できるだけでなく快適で健康に過ごせる、これからの家づくりには必須性能です。
一方ソーラーパネルは多く載せれば良いという単純なものではないでしょう。
お金に余裕のある方は別として住宅ローンを組んで家を建てる方には、適度なソーラーの設置で十分だと思います。

矛盾するように思われるかもしれませんが、光熱費をゼロにするためにソーラーパネルを増やすというのは住宅会社の営業トークに乗せられている気がします。ましてあまり高性能ではない住宅の省エネ性能をソーラーパネルの量で補うなんてことになれば本末転倒な話です。そこまでして住宅会社に設けさせる必要はありません。

ソーラーパネルも9kw、10kwとなればそれなりの負担になりますし、建物への荷重も大きくなります。投資と割り切るのも1つの考えですが、余裕資金があるのであればそれはぜひ、家族との時間や趣味など生活を豊かにするためにぜひお使いいただきたいと思います。

当社では3.5kw程度のソーラーをおすすめしています。これで十分光熱費ゼロが実現できるということと、今述べたような理由によるためです。


4月以降新規に契約される場合の売電は38円/kwに減額されることが報道されました。
これまでの42円より少し下がりますが、それでもまだまだソーラーパネルを設置するメリットは大きいです。42円でだいたい6年半くらいで元が取れたものが、7年ちょっとに伸びる程度ですから。


アクアフォームを使った快適で光熱費も大幅に節約できる桧家住宅の省エネ住宅をお近くの展示場でご体感下さい。









気密は暖房の要??

“高気密高断熱”という言い方をするように、断熱と気密とは同じようなもの、「断熱が良ければ気密も良い」と誤解されがちですが、実は工事としては全く別物です。

断熱工事とは断熱材を充填する工事であり、気密工事とは隙間をふさぐ工事のことです。例えばグラスウールやロックウールを壁内に留めていくのが断熱工事ですが、それだけでは隙間はふさいだことにはなりません。気密テープや気密シートを完全に施工して初めて気密工事が完了したことになります。この気密工事、施工業者泣かせの手間のかかる工事で、高い気密性を実現しようとすると精度の高い技術と管理を必要とされるのです。

アクアフォームはどうでしょう?

アクアフォームは壁に吹き付けられた瞬間膨らんで断熱材となり隙間を完全に埋めて接着します。したがってアクアフォームは“断熱施工”と“気密施工”とが同時に行える断熱材ということが言えます。
このような断熱材は他にはありません。
我々が初めてアクアフォームを知った時、このことも大きな魅力の1つでした。


新しい家なのに寒いという人はいませんか?
断熱材がしっかり施工されていても、省エネ等級をクリアしてエコポイント対象の家でも、気密工事がしっかりとされていないとやはりこの時期は寒いです。
新しい家だから全て快適ということにはなりませんのでご注意を。

それでも昔の家に比べれば暖かい・・・
それははサッシの性能が飛躍的に向上したためです。
昔の家は窓の近くが特に寒かったですね。最近の窓は鍵を閉めるとほとんど隙間ができません。断熱性能もありますが、サッシの気密性が上がったことが昔の家と今の家の大きな違いです。

トイレの窓で以前よく使われたジャロジー窓。ハンドルをくるくる回すと分割されたガラスが平行に開いて換気ができるサッシですが、これは気密性が取れないためおすすめしません。トイレが寒いのは不快ですし、最近の高気密高断熱住宅では使われなくなりました。

bk4822274535.jpg

東大の前先生の著書「エコハウスのウソ」の中にも次のように書かれていました。


“気密は暖房の要。気密なしでは換気も効果半減”


「気密が取れていない家は断熱が効かない」と著者は断言しています。
目の粗いセーターを想像するとわかりやすいかもしれません。
暖かいはずのセーターですがそれだけでは隙間だらけで寒いですよね。それよりも風を通さないフリースの方が暖かいことを考えると、断熱と気密の関係を理解しやすいと思います。

壁と比べて断熱効果の低いガラス張りのビルの窓際にいてもあまり寒く感じないのは、気密がしっかりしていて空調が効いているからです。やはり気密が大切ということです。


また換気効果も悪くなります。
現在義務付けられている24時間換気ですが、気密性が低いと換気扇の周辺から外気を吸って排気してしまい、本来の目的である建物全体の空気を入れ替えることにならないと指摘しています。
穴の開いたストローでいくら吸っても吸えないのと同じ理屈ですね。
ある専門誌によると、C値(気密レベルを示す値)は1.0以下でないと期待通りの換気ができないという記事もありましたので付け加えておきます。

ちなみにアクアフォームを使った桧家住宅のC値は業界トップレベルの0.7を切る値です!


冬暖かい快適な家の決めては“気密”にあるということ、ぜひ着目下さい!




















暖房機器の選び方 その3 石油ストーブ・こたつ

私が子供の頃暖房と言えばこたつにストーブというのが定番でした。
石油ストーブの上に置いたやかんの湯が沸騰すると蒸気でピーピーと笛が鳴って、慌てて水を取り替えたことを思い出します。
夏はエアコンではなくて扇風機とクーラーでした。暖房もできるエアコンが普及してきたのはここ20年位前からでしょうか。
bakanshop_ks-67e-w.jpg
今新しい家ではあまり使わなくなったこたつやストーブ。
これもやはり建物の断熱気密性能と大きく関係しています。

昔の家は断熱材も気密性もなくスカスカな状態でした。
こういう家で部屋全体を暖めるエアコンを使っても効果はありません。それより暖房器具自体が熱くなる、つまり焚き木や囲炉裏のように“火を囲んで暖をとる”ような暖房に身を寄せないと暖かくないわけです。部屋を暖めるというより、熱源に集まるといったイメージです。
今でも屋外や扉を開け放しにした半屋外のような場所では写真のようなストーブが重宝するのと同じ理屈です。

こたつも以前はこたつ布団が当たり前で、机の下に取り付けられた熱源から出る熱を布団から外に出ないようにして、その中に体を入れて温まっていました。部屋は寒くても体は暖かくそれなりに快適でした。最近のこたつはこたつ布団がないものもありますから随分変わったものです。



このような懐かしい暖房器具も生活様式の洋風化、新たな暖房器具の開発によってその座をだんだん奪われていきました。
30年位前から都市部のマンションでは間取りがLDKになり、畳からフローリング、リビングにはソファといった洋風の生活様式が提案され、人々の憧れとなって一気に普及していきました。
それに合わせるように暖房器具も和のイメージのこたつや石油ストーブからエアコンへと変化していきました。

戸建もその影響を受け同じように洋風化していったのですが、上下左右に部屋があって断熱性に優れる集合住宅と違って、戸建は建物の断熱気密性能が追いつかず、エアコンだけでは寒くて仕方がないということで補助暖房として石油ファンヒーターやホットカーペットなどを併用してきたのです。

エアコンのカタログを見ると、機種ごとにどの程度の部屋に合うかを畳数で表示してあります。例えば8畳〜12畳と言った表記の場合、通常8畳は木造を想定、12畳は鉄筋コンクリートの集合住宅を想定しています。
この想定にはちょっと待った!と言いたいですね。
木造は鉄筋コンクリートの家と比べて断熱気密性が悪く、エアコンの効きが悪いという想定での畳数なんでしょうけど、当然ながら木造の住宅はすべて同じではありません。
少なくとも桧家住宅の家ならば、木造ではなく鉄筋コンクリートの住宅の畳数でみて十分だと思います。

暖房という視点で見ても今の住宅は30〜40年前の住宅と比べると隔世の感がありますね。
























暖房機器の選び方 その2 蓄熱暖房機


蓄熱暖房器.jpg
建物を丸ごと24時間暖房してしかも低コスト!
こんな夢のような暖房機が「蓄熱暖房機」です。

蓄熱式暖房器とは、深夜の安い電気を使って暖房機内の蓄熱体に熱を蓄え、日中から夜にかけて電気をほとんど使わずにじわじわと熱を放出してくれるという暖房機です。
輻射熱暖房のため壁、床、天井が暖かく、温度差がほとんどなくとても快適です。


桧家住宅では群馬、栃木、茨城、長野を中心に寒い地域にある展示場で実際にこの蓄熱暖房機を稼働させていますが、エアコンの展示場と蓄熱暖房機の展示場とでは、建物内に入った瞬間に暖かさの質の違いを感じ取れます。蓄熱暖房機で暖房している展示場は、建物全体が芯から温まっていて、やわらかい温かみに包まれているような感じがします。


この蓄熱暖房機、やはり重要なのは建物の断熱気密性です。
逆に性能の低い建物にはおすすめはできません。

桧家住宅の建物であれば、面積にもよりますが1台〜3台程度で建物全体を暖めることが可能になります。
展示場は70坪〜80坪ありますが、3台〜4台で建物全体を暖房しています。
冬の最低気温がマイナス15度にもなる長野の佐久平展示場でも、エアコンを使わず蓄熱暖房機のみを使用して室温は20度前後と十分に快適です。

蓄熱暖房器の設置された展示場では、事務所内は暖房を使用していません。
扉で閉じられた事務所ですが、蓄熱暖房機が建物を芯から暖めてくれるのでエアコンを使わなくても十分に快適な温度をキープしてくれるのです。
この輻射熱による快適さには働いているスタッフ自身が驚くほどです。


蓄熱暖房機、北海道など寒冷地の一部を除いてこれまで日本ではなじみがありませんでした。
その理由は建物の断熱気密性能が低かったため効率的でなかったという点と、高い光熱費にあったと思います。
またそもそも日本人の感覚で24時間全館暖房なんて贅沢という認識が強かったこともあるでしょう。
確かに昔のようなスカスカの住宅で暖房し続ければ光熱費だけで数万もかかって現実的ではなく、24時間暖房という発想自体ありませんでした。
ところが最近の断熱気密性の高い住宅では、暖めた熱が簡単には逃げないことと深夜電力割引により大幅に電気料金が安くなり、非常識だった24時間暖房が身近な存在になったのです。
建物の省エネ性能の向上は、家づくりの常識だけでなく我々の一般常識までもくつがえすほどインパクトのあることですね。

桧家住宅では、ドイツのAEG社の蓄熱暖房機を使用しています。
同社の商品は長年の実績と20年以上の耐用年数と安心してご利用いただけます。蓄熱暖房器は床暖房型や基礎自体を暖めるものなどいくつかのタイプがありますが、製品の信頼性とメンテナンスのし易さの観点から当社ではこのAEG社の置き型タイプを推奨しています。



低いランニングコストと輻射熱の快適さ、そして何より建物のどこにいても同じ温度で過ごすことのできるという夢の24時間全館暖房は、桧家住宅の高性能住宅との相性が抜群で現時点では一押しの暖房機器です。


ぜひこの寒い冬の間に桧家住宅の展示場で蓄熱暖房器の温かさを体感して下さい!














暖房機器の選び方 床暖房

場所を取らず、床からじわじわと温まる床暖房は憧れの暖房機器の1つです。
エアコンのように風が起こらないのでホコリもたたず、足元からポカポカと温めてくれます。

しかしこの床暖房、誤って設置してしまうと全く使わないムダなものになってしまう危険性があります。床の下にあって存在が見えませんから、使わないからといってジャマにはならないのですが、それにしても導入費用は安くはありませんので、ぜひ次の点に注意して快適な床暖房ライフを過ごしていただきたいと思います。


1.建物の断熱性能、特に床下の断熱性能
2.目的にあった設置面積と機器選び


床暖房を快適に効果的に使うためには建物の断熱性能が何より重要です。1階の床に設置する場合には、1階床下の断熱がしっかりと施工されていることが条件となります。
せっかく床暖房を設置して暖めてもその下から冬の冷たい空気が侵入してきて冷やされては効率が悪くなるのは容易に想像できると思います。
新築住宅でも床下の断熱施工は同じではありません。
床下の断熱施工、気密性などをしっかりとチェックすることをおすすめします。

リフォームの場合元のフローリングの上に床暖房を施工する方法があります。床のやり替え工事がない分コストが安くできるのですが、床が2重になったからといって断熱性が大きく向上することはありません。多少コストがかかっても床下の断熱工事から検討されることをおすすめします。

桧家住宅では外気を遮断して床下に冷気を一切いれない“基礎断熱”を採用していますので、床暖房を設置する環境としては最も適していると考えています。

次に目的です。
目的とは「部屋全体を暖めたい」のか「部分的に温めたいのか」ということです。
部屋全体を暖めたい場合は主暖房としての役割を期待するということですので、敷設率は60%〜70%が必要と言われます。LDK全体を暖めたいと思えばLDKの面積×60%〜70%、つまりかなり広い面積に床暖房を敷かなければならないということです。ここで予算の都合から面積を小さくしてしまうと、部屋全体を暖める主暖房としてはパワー不足で、エアコンなどとの併用をせざるを得なくなり、光熱費が高くなって床暖房は使わなくなるというパターンに陥る場合が多いので注意して下さい。

機器はPTCと言われるフィルム式と温水式がありますが、主暖房で考えるならランニングコストの安い温水式をおすすめします。熱源はガスでも電気のヒートポンプ式のどちらでも良いと思います。

ポイントは中途半場な面積を設置しないということです。
ダイニングテーブルを置く辺りだけ、ソファーを置く辺りだけ床暖房を設置すると、その場所の床が暖かいだけの“ホットカーペット”的効果しかありません。
このパターンで設置した場合、床暖房を使ったのは最初の1年2年だけでその後だんだん使わなくなるという人が多いのではないでしょうか。


床に座って子供が遊ぶので子供部屋に床暖房を設置したい場合は導入コストが安いPTCタイプでよいと思います。PTCは自動温度調整機能がついているので低温やけどなどを防ぐこともできます。

トイレが寒くて不快という方にはトイレにPTCの床暖房を設置することをおすすめします。床暖房は温まるまでの時間がかかりますので、この場合は冬の期間つけっぱなしということになりますが、トイレだけであれば面積も小さく電気代もわずかで済みます。


床暖房は遠赤外線を利用した輻射熱により部屋を暖めます。壁や天井にぬくもりが伝わって部屋全体に広がることから陽だまりのような暖かさと言われるのです。
しかし建物の断熱気密性能が悪いと、これは単なる幻想です。

陽だまりのような環境ができるのは、高性能な省エネ住宅+床暖房と考えてください。

床暖房メーカーなどのホームページには、この点が記載されていませんので誤解してしまうユーザーが多いのではないでしょうか。

床暖房は目的、予算、ランニングコストなど様々な観点から検討する必要があります。
新築だけでなくリフォームのご相談も桧家住宅の展示場で承りますので、お気軽にご相談下さい。








<< | 2/3 | >>

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others